【バイヤーのコラム】何かにつまずいている自分に気づいたら。

編集スタッフ 松田

bv_matsu160228_002▲地元の青森では、まだ雪が積もっているそう。北国の春は、もう少し先です。

つまずいて、立ち止まってしまったときに、助けてくれるもの。

何をやっても空回り。小さかったはずの悩みがいつの間にか大きな悩みに。どの道も行き止まりのように感じて、どんな風にあがいていいのか分からなくなる。あれれ、何だかうまくいかないなぁ〜…。ときどき、そんな時期に陥ることがあります。

仕事では、壁にぶつかって。家に帰っても、悶々と後ろ向きに考えてしまう。そういうときは、大好きなビールだって美味しく飲めない。映画を何本観ても、なんだか気持ちが晴れない。

そんなとき、ダメダメな自分を最後に助けてくれるのは、意外にも「料理」だったりします。それも難しいレシピではなく、ごくごく簡単なもの。

肩を落としながらも、まずは台所に立って。冷蔵庫にあった、キャベツと油揚げを刻む。

それは昔、一緒に暮らしていた祖母がよく作ってくれた「キャベツと油揚げの炒め煮」。ざっくり切ったキャベツと油揚げを油で炒めて、お醤油とみりんでさっと煮つけた、とってもとってもカンタンな一品です。

bv_matsu160228_004▲最後に七味をふるのがポイント。

小さな頃のわたしは、このおかずが大の好物だったので、それを知っている祖母はいつも鍋いっぱいに作ってくれました。

ごくごく素朴な味だけど、口いっぱいに広がる、キャベツの甘さ。
くったりと味が染みた油揚げ。

出来たても温かくて美味しいし、ちょっと置いて冷まして、いっそう味が染みた頃合いのも好き。白いごはんがすすむし、お弁当のおかずにもなります。

小学生のころだったか、祖母が作ったできたてのそれを、鍋ごと食卓に運ぼうとして(鍋ごと食べたかった欲張りものです)、手がすべって床にまるごとひっくり返してしまい、悲しくて情けなくて大泣きしたこともありました…苦笑
祖母はせっかく作ったのに!とピリリともせず、火傷をしてないかのほうを心配してくれて、また新しいのを作ってくれたっけ。

bv_matsu160228_005

冷蔵庫にキャベツと油揚げさえあれば、たとえ元気がなくても、すぐに作れる。
味つけだって失敗がないから、難しいことを考えなくて済む。

出来上がって、食卓に並べるころには、「だいじょうぶ、ちゃんと美味しく作れた」と、ひと安心して、ちょっとだけネガティブモードの自分から抜け出せるような気がするのです。

だから、時に、何かにつまづいている自分に気づいたら、この料理を作ります。
東京で一人暮らしを始めたときも、何度も何度も作ったし、夫と暮らしている今もなお作り続けています。

そして、これを食べているときだけは、祖母と暮らしていたときの、泣き虫の甘ったれで、祖母の手料理をいつもお腹いっぱいに食べていた、あの小さな頃の自分に戻ったような気がして、なんだかホッとするのです。

今までたくさん、そしてきっとこれからもお世話になるであろう、大切な「味」。
そんな味を残してくれた祖母に、改めて感謝です。

bv_matsu160228_003

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像