【BRAND NOTE】前編: ホワロで料理を楽しく。料理家・中川たまさんのキッチン探訪!

ライター 長谷川賢人

howaro_MG_2738本番

新生活は、楽しいキッチンづくりから。

「新生活、おめでとう! みんなからプレゼントを贈りたいのだけど、何がほしい?」

今から13年前のこと、店長佐藤が新居を決めた時、友達からこんなふうに言われたそうです。からっぽのわが家を眺めて、佐藤は「ガスコンロ」をお願いしました。

ひとり数千円を出しあってプレゼントしてくれた2万円台のガスコンロは、現在のマンションへ引っ越すまでの7年間、暮らしに欠かせない道具になったのだとか。

「もし、あのとき、こんなガスコンロがあったなら、絶対にお願いしてた!」佐藤はホワロを見て、そう言います。

howaro__MG_4164本番550×550

「こんなガスコンロがあったなら」

そんなふうに声を上げたのは、店長佐藤だけではありません。

「キッチンをもっと楽しい空間にしたい」そんなコンセプトをもとに、リンナイの女性社員さんたちが知人や友人への聞き取り、使用感の不満などを細かく改善しながら、「使う人の立場」から考えたガスコンロが作られたのです。

ほかの家電とも馴染むように真っ白で、機能的で、シンプル。お値段も2万円台と、新生活を迎える人への贈り物にも良い頃合い。置くだけでキッチンが明るくなる、そんな道具が生まれました。

なるほど、ここまでは良い感じ。でも、コンロとしての使い勝手は? 汚れが目立ったりして、面倒じゃない?

howaro__MG_2974本番550×550

そんなギモンを明らかにすべく、今回は料理家の中川たまさんにご協力をいただいて、ホワロを試してみてもらいました。

わたしたちより火と向き合うことが多いからこその視点もお借りして、ホワロのうれしいポイントを探します。

新生活がはじまる今の季節、キッチンが今よりさらに好きな場所となるきっかけを作れたら嬉しいです。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

料理家・中川たまさんのキッチンにお邪魔しました!

howaro_MG_2853本番

季節の恵みをひとつのお弁当に収める『春夏秋冬、ぎゅっと詰めて 旬弁当』などの著書を持ち、イベント出展やジャムをはじめとした保存食も提供している、料理家の中川たまさん。ご自宅は、神奈川県の逗子にあります。

ご夫婦と娘さんが暮らす築40年の一軒家。ダイニングからキッチンスペースに至るまで、古道具やアンティークの洋食器など、風合いのある暮らしの道具が並びます。

howaro__MG_2616本番550×550

「うつわの白という色にしても、貫入(かんにゅう)があったり、ぬくもりがあったりするのが好みですね。家具も古道具が多くて、娘の友達からすると、ちょっと驚くみたいですけれど」と、中川さんは微笑みます。

howaro__MG_2687本番550×550

howaro__MG_2683本番550×550

中川さんにとって、キッチンは仕事場でもあり、暮らしの場所でもあります。大切にしていることは、機能的すぎることよりも、快適に過ごせること。

「オフィスワークをされる方でいう、デスクのようなもの」だからこそ、目につくものはお気に入りをそろえます。生活のすがたと柔軟に合わなせながら、その場にいる流れを心地よくすることを意識しているそう。

「他人目線でなく、自分目線の機能美」を思う中川さんのキッチンには、たとえば、電子レンジがありません。「工夫することを楽しみたい」気持ちと、「簡単すぎて安易にならないようにしたい」心がけがあるからだとか。

howaro__MG_2611本番550×550

つかう道具ひとつひとつを自分らしく選びとる。そんな、こだわりを持って空間を整える中川さんのキッチンに、真っ白なホワロが加わったなら……。

「キッチンをもっと楽しい空間にしたい」というホワロのコンセプトは、中川さんの目に、どのように映るのでしょう。さっそく、聞いてみました。

 

一口に「白」と言っても、ホワロだからフィットしました。

howaro__MG_2524本番550×550

ガスコンロに対するイメージを変えてしまうような、シンプルな佇まいのホワロ。側面や天板まで、すべてを白で統一しています。

他の家電や、中川さんの家にあるような味わいのある道具類とあわせても馴染みがよく、どんなキッチンに置いてもフィットする存在です。

そのヒミツは、色味。

一口に「白」といっても、青みがかった白もあれば、オフホワイトもあり、実は微妙に差があるもの。ホワロの「白さ」は、無垢で、ぬくもりを感じる、優しい白色。リンナイの開発チームもこだわって仕上げたポイントだといいます。

howaro__MG_2867本番550×550

実は、現在販売されているホワロは、バージョンチェンジを経た3代目。全体的にマットな質感に変わり、無垢な白さと大人っぽさをイメージしているのだとか。

中川さんもホワロの白さを「アンティークものが多いわが家の中で、ホワロは比較的『白さ』を感じますが、それでも馴染んでくれましたね」と話してくれました。

 

白は汚れやすい?だからお手入れが続くんです。

howaro__MG_2629本番550×550

ホワロのこだわりは、色味だけではありません。散らかりやすいキッチンで、料理をすれば汚れがちなガスコンロだからこそ、パーツやフォルムは「いつでもすっきり」を保てるようにシンプルな作り。

「デザインがシンプルなので、清潔感もあり、キッチン全体が明るくまとまりました」と中川さん。

天板はつるりとしたホーロー仕様。火元のすぐ近くにある「バーナーリング」という部品を天板と一体化しているから、吹きこぼれがあっても天板を拭くだけで汚れが落とせて、手入れをしやすくなっています。

howaro__MG_4207本番550×550

「汚れに気づきやすいことで、かえってすぐに拭きたくなるんです。サッと掃除ができるから、白だからこそ、きれいなキッチンを保ちやすいのではないでしょうか」と中川さん。

「ステンレスの業務用コンロだと、使い終わったら熱くてすぐには拭けないんです。でも、ホワロは熱くなりすぎないから、すぐに掃除できるのも良いですね。バーナーリングは天板と一体化してフラットですし、五徳を外したふちの部分も拭きやすいです」

 

キッチンに立つ気持ちも明るくなりそう。

howaro__MG_2898本番550×550

「白いカラーリングが、『何かを始める』 というまっさらで明るい気持ちに似合いますね」と中川さん。

中川さん宅のキッチンは奥まったところにあり、収納の関係で天井のライトを外していることで、トーンが落ち着いた空間に。その中で、白いホワロは「置くだけでキッチンまで明るく見える」という効果もあったようです。

そういえば、冷蔵庫や電子レンジなどのことを「白物家電」と呼んだりします。それらの見た目は白いものが多いのに、同じくキッチンに置かれるガスコンロは黒やグレーが多かったように思います。

howaro__MG_4180本番550×550

もし、上の写真のホワロが、「まっくろ」だったなら。キッチンの印象は大きく変わっているはずです。

まいにちの景色だからこそ、しっかり使えて、明るく心地よい道具を選ぶのも、キッチンをもっと好きになる方法かもしれません。

howaro__MG_6683本番550×550

キッチンに立つ時間がもっと楽しくなるように。リンナイの開発チームがこだわった、やさしい雰囲気を持つ白のガスコンロ。風合いのある白を好む中川さんのキッチンに、ホワロはよく馴染んでいました。

でも料理は毎日のこと。やっぱり気になるのが、使い心地の部分です。

つづく後編では、ホワロの火力やグリル機能について、中川さんの感想を聞きました。

(つづく)

banner

【写真】岩田貴樹

 


もくじ


profile_futura_lineblack

_MG_2961アタリ_36_2

中川たま

料理家。神奈川県・逗子で、夫と高校生の娘と暮らす。自然食品店勤務後、ケータリングユニット「にぎにぎ」を経て、2008年に独立。季節の野菜や果物を活かしたレシピ、洗練されたスタイリングを書籍や雑誌などで提案している。逗子を拠点にイベントにも精力的に参加し、ジャムなどの保存食を提供するほか、伝統を受け継ぎながら今の暮らしに寄り添い、季節のエッセンスを加えた手仕事に日々勤しんでいる。

 

profile_hasegawa

ライター 長谷川賢人

1986年生まれの編集者、ライター、スピーカー。日本大学芸術学部文芸学科卒。紙の専門商社やビジネスメディアを経て、「北欧、暮らしの道具店」元スタッフ。2016年よりフリーランスで活動。ウェブメディアを中心に、インタビューや対談構成などを手がける。趣味はサウナと銭湯と料理。インターネットとラジオを愛する。影響を受けた作家は吉行淳之介と江國香織。


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像