【ただいま収穫中!】ピーマンをたっぷり食べられる!八百屋が教える「おかず味噌」のレシピ

坂ノ途中 倉田

こんにちは!京都から日本全国へ、環境負荷の小さな農業で育てられた野菜をお届けする『坂ノ途中』の倉田です。

8月に入り、厳しい暑さが続きますね。食欲が落ちがちな季節ですが、夏野菜はとっても豊富!なす、トマト、ピーマン、いんげん等、彩りも豊かです。

今回のコラムでは、なかなかたくさん食べられない……という声をいただくことの多い夏野菜「ピーマン」を使った、おかず味噌のレシピをご紹介します!

この季節にぴったりの、簡単に作れてごはんの進む一品ですよ。

 

ピーマンの保存は「冷えすぎ注意!」

ピーマンは、南米が原産のナス科の野菜。じつは、とうがらしの一種です。

とうがらしには香辛料として使われる「辛味種」と、主に野菜として食べられる「甘味種」があり、ピーマンも「甘味種」のとうがらし。

独特の青臭さと苦みがありますが、じっくり育った旬のピーマンはジューシーで甘みも強く、とても食べやすいんです。

最近は、お子さんでも食べやすいよう、苦みをおさえた「こどもピーマン」という品種も誕生しています。

前回のコラムでご紹介した通り、夏の果菜は冷えすぎ注意!ピーマンも、冷えすぎるとくぼんできてしまうことも。

新聞紙にくるんでビニール袋に入れてから、冷蔵庫の野菜室に入れるようにしてくださいね。

 

ピーマンと大葉の「おかず味噌」レシピ

東京の店舗「坂ノ途中soil キョードー」スタッフ原田が考えた、ピーマンをたっぷり使うお味噌のレシピをご紹介します!

大葉の風味もしっかり効いて、さわやかな味わいですよ。

材料
ピーマン…150g
生姜…10g
大葉…10枚

サラダ油…大1
味噌…大1
お好みの砂糖(写真は粉末の黒砂糖)…大1
酢…小2
ごま油…小1

作り方
[1]ピーマンはヘタを取り、種とワタごとみじん切りにする。大葉と生姜もみじん切りにする。

[2]鍋にサラダ油と生姜を入れて弱火にかける。香りが出たらピーマンを入れてじっくり炒める。

[3]ピーマンに火が通ったら火を止めて、味噌、砂糖と酢を加えてなじませる。再び弱火にかけて、好みの固さになるまで水分を飛ばしながら炒める。

[4]仕上げに大葉のみじん切りとごま油を加えて出来上がり。

種の食感がアクセントになり、プチプチしていて楽しいです。

塩おにぎりや素麺のトッピングに。卵かけご飯にもとってもよく合います!

さっぱり味に仕上げているので、日持ちは冷蔵庫で1〜2日。長くもたせたい時は、味噌と砂糖の分量を増やしてくださいね。

▽旬の野菜が届く、坂ノ途中の「お試しセット」はこちらから。550×280-2 (1)

 

profile_futura_lineblack

kurata_profile_160902

倉田優香

環境負荷の低い農業でつくられた野菜を全国へ届ける『坂ノ途中』の広報。1984年、福岡県生まれの32歳。もともとは電機メーカーでバイヤーとして働いていたが、2年ほど前に『坂ノ途中』へ転職。広報のほか、東京にある店舗「坂ノ途中soil ヨヨギ garage」、「坂ノ途中soil キョードー」を担当する。いちばん好きな野菜はナス。自己紹介はコチラ

 

▽こちらも合わせてご覧ください。sakanotochu_ikisatsu2_160603

 


本日の編集部recommends!

変わっていくモノ選び
今の暮らしにちょうどいい日用品って?4人の子育て中、モデル・asacoさんの自宅を訪ねました【SPONSORED】

【送料無料】秋いちボトムスが今年も登場!
創業15周年の感謝をこめて、秋いちボトムスご購入で送料無料に。

手帳プレゼントキャンペーンが今年もスタート!
お買い物いただいた方全員に、当店オリジナル「クラシ手帳2022」を差し上げます!

秋冬コーデの1週間
秋いちボトムスで着回したのしむ。おしゃれなあの人の1weekコーディネートを拝見

RECIPEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像