【スタッフコラム】「暮らし」って楽しい。初心にかえった、はじめての古道具。

編集スタッフ 二本柳

古道具というものは、憧れがありつつも、これまで一度も買ったことがありませんでした。

ヴィンテージでも古民家でもない、一般的なマンションの我が家にどうフィットするのか自信がなくて……どこかハードルの高いものに感じていたんです。

ところが先日、恵比寿にある雑貨屋さんで、あるアンティークの棚を購入しました。

 

接客って奥深い!

▲何をかざろうかな…模索中です

お盆休みの最終日、とくに予定もなかったので恵比寿の雑貨屋さんを訪れました。

あいにくの雨模様だったこともあり、この日は店主さんと私のふたりきり。ラジオの音が心地よく流れる店内で、目にとまった3つの古い棚がありました。

どれも同じフォルムでいながら、でもちょっとずつ違う。「うちに置くならどこかなあ」と空想しながら15分ほど立ち止まっていると、店主の女性が話しかけてくれました。

「私はね、向かって左のが好きですねェ」

私もそれが一番いいと思っていたところ(なんかうれしい!)

「何が好きかってね、底の板がちょっと飛び出ちゃってるでしょう?ものすご〜く格好いいと思って。これが無かったら気にかからなかったと思うんですけどネ」

▲この、ちょんとはみ出てる感じです

「私、模様がえがとーっても好きなんですよ」そう言いながら、空想上の我が家で、棚の模様がえをしてくださりました。

「この高さならソファの肘掛けくらいでしょう? 隣に並べたら、座ってる自分からは見えないけれど、部屋に入ってきたとき棚が目に入りますね。そこにお気に入りの雑貨を少しずつ飾ったら……」

無邪気な笑顔になりながら、
「ヒヒヒ、なかなか格好いいんじゃないかしら? マグカップなんかを置いておくサイドテーブルにもなりますね!」

▲こんな感じかな?と再現してみました

この棚が家にあったら、とっても幸せなんじゃないか?

店主さんと話しているうちに、そんな予感がして、古道具が家の雰囲気にフィットするかどうかなんて大した問題じゃないように感じてきました。

そして結局、そのアンティークの棚を家まで持って帰ることにしました。「お気に入りを奪うようで申し訳ない……」なんて気持ちすら抱きながら。

 

「暮らし」が好き。シンプルだけど大切なことに、気付かせてくれた。

その店主さんは、本当に雑貨が好きで、日々の暮らしを愛していて、このお店が宝物なのでしょう。

私の暮らしも、棚ひとつでちょっとだけ良くなるのかもしれない。そんな嬉しい予感を持てたのは、暮らしを心底愛する店主さんのおかげだと思います。

「北欧、暮らしの道具店」でお買い物をしたり、読みものを読んでくださるお客様が、このときの私と同じような気持ちになってくれたら嬉しいな。だって「暮らし」は、やっぱりとても楽しいから。

そんなことを思いながら、重たい棚を両手で抱えて(自分で持って帰ることにしてしまったんです!)、首で傘を支えながら恵比寿駅に戻ったのでした。

 

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

1本4役のスキンケア
翌朝もちっと調子がいい。毛穴、角質、保湿、くすみを1本でケアできるオイルウォーターって? [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、花柄スカートなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

【動画】うんともすんとも日和
日記を書くことで、驚いて、面白がって、優しくしたい。『5秒日記』でお馴染みのライター・エッセイスト / 古賀及子さん

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像