【バイヤーのコラム】服の選び方を変えて気づいた、「自分だけの定番」を見つける楽しみ。

バイヤー 山根

9月に入り、秋の服が気になる季節がやってきました。

僕もヒマさえあれば秋服を見たり探したりしている毎日です。

自分の中にある、服を選ぶときの基準のひとつが「すでに似たような服を持っていないか」。

同じようなものをもう持っているからやめよう、だってなるべく違うのを選んだほうが新鮮だし、コーディネートの幅が増えておトクじゃん。

そんな風に長いこと思っていたのですが、夏あたりからこの考えをやめてみたんです。

 

服選びの、新しい基準。

自分が好きって思えるもので、自分にも似合って、しかも手持ちのものとも合わせられて。

そういうものを選ぼうとすると、どうしても選択肢は狭まります。でもまあ、それでいっか、と。

好きで、似合って、使いやすい。

この基準に変えてみたら、わが家のクローゼットに似たような服がたくさん並ぶようになりました。

▲似たようなシャツたち。

今まで、どうして違った服が欲しかったのか?

振り返って考えるに、「あなたっていつもこんな感じだね」って言われるのが怖かったのかもしれないです。

「こんな感じね」って思われると、なんだか自分を見透かされる気がして、「いや自分はもっとできるよ!」「もっと可能性があるよ!」と、変な意地や焦りが出てきてしまう。

だから安心して選べるものはそこそこに、自分以外のものになれる、今までとはちょっと違うものを選んで、選択肢を広げておきたかった。そのほうが自分にとって魅力的なんだ、と思っていたようです。

でも反対の視点もあるんですね。

好きで、似合って、使いやすい。こうして選ばれたものが他の誰とも違う自分だけのチョイスになるのなら、それこそ魅力的なことじゃあないかと今では思います。

そしてこうやって選ばれたものたちが、「自分の定番」になるのでしょう。

もともと新しいものへのチャレンジは好きな僕。一方で、これからは自分の定番を深めることも楽しめそうだな、と一層お買いものへのワクワクを感じています。


感想を送る

本日の編集部recommends!

SUMMER SALE 開催中!
今季のファッションアイテムからオリジナルの雑貨まで、人気アイテムが対象です!

涼しげなラタンやかごの雑貨を集めました
定番の収納アイテムから、身につけられる小物まで、夏に使いたいアイテムが揃っています

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

【動画】うんともすんとも日和
ちょっとかじっては身が入らず、転々とした20代を経て。東京・世田谷で “ひとが集まる” 八百屋を営み始めて4年(尾辻あやのさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像