【金曜エッセイ】師走に気づくこと(文筆家・大平一枝)

文筆家 大平一枝


第三十話:慌ただしい師走に気づくこと


 

 この時期は、宴会や集まりが多い。フリーランスなので、おおげさに言うと仕事の数だけ、打ち上げや忘年会がある。それ以外に、子ども二人の学校関連のコミュニティやご近所仲間もいる。
 ライターを始めた頃は特に、いろんな会に顔を出さねばと頑張った。保護者の集まりも、普段あまり参加できないだけに年末くらいはと、スケジュールを空けて臨んだ。そんな具合で、いつも師走は慌ただしく、肝臓が休まる暇(いとま)はなかったのである。

 しかし、最近は断ることが少々増えた。別にえらくなったのでも、人が嫌いになったのでも何でもない。歳を重ねて気づいたのだ。
 人生の残り時間には限りがある。明日終わるかもしれないのだから、晩餐を共にする時間をもっと大事に考えよう。疲れきるなら、むりはやめよう。参加するかしないかで変わるような人間関係があるとしたら、それはとても薄っぺらいものだ。
 絆の本質は、そんな表面的なもので左右されるものではない。

 好きな曲に「歳をとるほどに透き通っていく場所がある」という意味のことを歌ったものがある。それを聴いたとき、ああそうだよなあとしびれた。
 荷物を少しおろして身軽になったとき、きっとみえるものがある。
歳をとるほど何事もシンプルに、透き通っていく。そんな生き方ができたら素敵だなあ、と。

 まだまだ旅の途中で、とても上手にシンプルには生きられないけれど、目指すゴールはそこに定め、少しずつ整えていきたい。
 難しいけれど、まずは持ち物や新年のスケジュールを見直すところから始めてみようか。


 ほぼ隔週で更新される金曜エッセイ『あ、それ忘れてました(汗)』が30回を迎え、開始から1年が過ぎました。ご愛読ありがとうございます。寄せられた感想はすべて拝読し、励みとともに執筆のヒントをいただいております。
 見過ごしがちだったり、忘れかけていた大事な宝物を、これからも丁寧にすくい取っていけたらと思います。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
profile_futura_lineblack
odaira_profile_160616

文筆家 大平一枝

長野県生まれ。編集プロダクションを経て、1995年ライターとして独立。『天然生活』『dancyu』『幻冬舎PLUS』等に執筆。近著に『届かなかった手紙』(角川書店)、『男と女の台所』(平凡社)など。朝日新聞デジタル&Wで『東京の台所』連載中。プライベートでは長男(22歳)と長女(18歳)の母。

▼当店で連載中の大平一枝さんのエッセイが本になりました。

▼本連載の過去記事はこちら

連載のご感想や、みなさんの「忘れもの」について、どうぞ お便りをお寄せください。

 


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
30代からの「ちょうどいいスキンケア」で考えた、心地よい美容のこと。

手帳キャンペーンが今年もスタート!
本日より、お買い物いただいた方全員に「クラシ手帳」をプレゼント!

キャリア採用
締め切り間近!スタッフ募集中。応募は8/27(火)9:30amまで。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像