【スタッフコラム】最高に愛おしい、ウソの終わりについて。

編集スタッフ 二本柳

大の大人が全力でウソをつく日。子どもが想像力を爆発させる日。クリスマスは、なんてへんてこで、なんて愛おしいイベントでしょうか。

私も例に漏れず、クッキーとホットココアを準備して、サンタの労働をねぎらう子どものひとりでした。

私の実家は、25日の朝ではなく24日の夜、寝る前にプレゼントに気づくシステム。子どもの部屋は二階だったので、夜中に階段をそろりそろりと登る瞬間は、それはもう心臓がはちきれそうなくらいドキドキしていたことを今でも鮮明に覚えています。

サンタと鉢合わせたらどうしよう、プレゼントは届いているだろうか……。賑やかなリビングとは一転、キーンと冷たい静寂、真っ暗な部屋。そこに、きらりと光る包装紙を見つける。

……来ていた!さっきみんなでケーキを食べていたあの時間、サンタはたしかにこの部屋に来ていた!!それは子どもにとって神秘ですらありました。

今でも、よくもまあ上手にだましてくれたな……と感心してしまいます。一足はやく親を疑いはじめた4歳上の姉と、二人体制で監視していたのに。階段に座りこんで見張ったこともありました。でも毎年、これは疑いようがない!とサンタの存在を確信させられるのだったし、姉にいたっては「やっぱりね。鈴の音が聞こえたもん」と想像力が尽きることはありませんでした。

でも問題は、その奇跡は必ず終わりを迎えるということ。

厳密に何歳のときだったかは覚えていないけれど、その何年かの人生で最も悲しいクリスマスだったことは間違いありません。

いつものようにベッドに置かれたプレゼントを見つけたとき、すでに心は冷めていました。その日の昼に、同じ包みを発見していたから。中身は、まさに希望通りの代物だったのに、どうしてもイライラが隠せない。あの時の怒りと悲しみの入り混じったような、複雑な感情は不思議なくらいよく覚えています。

今思うと、その1〜2年前から心のどこかでサンタがいないことを知っていたのかもしれません。でも家族の「お約束」が終わる日がくるのが怖かった。いつまでも「サンタを信じる子ども」でいたかった。上手にウソをついてくれている間は、その「お約束」は守られていたはずなのに……

自分が「サンタを信じる子ども」から「サンタはいないと知っている ”子ども” 」に成長する、その変化に動揺していたのでした。

その頃、「もう戻らない時間」という存在を知って、しばらく泣きました。姉とサンタへ手紙を書いたあの夜も、みんなで出かけたあの夏も、ひとつとして同じ日はやってこない。二度と時を遡ることはできない。「時」といものはなんて残酷なんだろう、はやく教えてよ!という絶望でした。

あれから何年たったでしょうか。そろそろ私もサンタに化けていいような歳になってしまいました。

私にはまだ子どもがいないけど、親になる日がきたら、やはり全力でサンタになろうと思います。そして、いつかはサンタも気が緩むので、子どもは枕に顔をうずめて泣くかもしれない。それでも、クリスマスのウソは愛おしいと思うのです。

「お約束」の終わりは、切ない成長痛の記憶になりました。

>>「わたしとサンタさん」をテーマに、お客さまからのエピソードを募集しています。是非ご投稿ください。


感想を送る

本日の編集部recommends!

送料無料でお届け!暮らしに「余白」をくれるコーヒーマシン
たった1分でプロの味わいが楽しめる「DRIP POD」。お部屋になじむ美しいデザインも魅力です♩[SPONSORED]

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

【数量限定】hopeと名付けた真っ白なブラウス
ERIKO YAMAGUCHIと当店がコラボしたブラウス。ご好評につき、Mサイズのみとなりました。

【動画】密着ドキュメンタリー公開中!
『hope』ブラウス、完成までの405日の歩みを追いかけました

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像