【子供部屋づくり】子供がひとりで支度しやすい! クローゼット収納のアイデア

子供部屋の洋服収納は悩みもの。クローゼット収納のアイデアや、ランドセル置き場の考え方をご紹介します。無印良品のバスケットを使ったアイデアは、小学生でもワンアクションで取り出せて、片付け上手に。整理収納アドバイザー・七尾亜紀子さんのコツを知って、楽チン収納を目指しましょう。

編集スタッフ 糸井 編集スタッフ 糸井

 

「オープン収納」で子供も支度しやすいクローゼットに

七尾さん:
クローゼットのなかは、バスケットなどを使った『オープン収納』が便利です。

中身がわかる&ワンアクションで取れることで、子供ひとりで支度しやすくなります。ママとしても畳んだ服をしまいやすくなりますよ。

以前は引き出し式のものを使っていたのですが、アクション数が増えたり、何がどこに入っているか分かりにくかったりで、子供にとってはハードルが高かったようです……」

▲無印良品:重なるブリ材長方形バスケット

七尾さん:
「ボックスの大きさは手持ちの服のボリュームに合わせて。我が家の子供たちは服に興味がないらしく、数種類を着回すのが好きなので少なめです。

トップス・ボトムスなどのアイテム別に収納しています」

 

衣替えもワンアクションで完了!

バスケット収納のメリットは、衣替えの際にもありました。

七尾さん:
「直近の洋服は手前に、季節外れのものは奥にしまっているだけなので、衣替えはバスケットを前後に入れ替えるだけ! スペースも要らず、持っても軽いので楽チンです。

季節の変わり目など、日によっては夏服を着たいというときにも、後ろのカゴからスムーズに取り出せますよ。

ネームタグをつけておけば、お目当ての服が奥のどのバスケットにあるのかも一目でわかりますね」

 

面倒くさがり男子に!アウターは置き収納がおすすめ

七尾さん:
「毎日脱ぎ着するアウターは、入り口すぐのオープンラックへ。

男の子はハンガーにかける・フックにかけるなどの少しの手間が苦手なので、ここにポンっと置くだけでいいよ、としています

 

ランドセル置き場は性格によって柔軟に変更

毎日使うランドセルは、置き場所を決めてスッキリ見せたいところ。とはいえ、ママが定位置を決めても、子供が指定の場所に置いてくれないことも。

七尾さん:
学習机用のイスを購入して、ランドセルはその下に置くことにしていたのですが、面倒くさがりな長男は全く置いてくれず……。そのため今は『子供部屋の床まで運んであればOK』というルールに変更しています。

大人が『こんな簡単なこと! 』と感じる作業も、子供には難しいことも。できるところまでハードルを下げて調節しながら、子供にとっても無理のない習慣づくりを心がけています」

 

学用品は「自分で片付けできた! 」を叶える、メリハリ収納で

七尾さん:
「机の上に引き出しを置いて、文房具を収納しています。上の三段には、ペンや鉛筆などを大まかに分類。

下二段は『何でもボックス』として、とりあえずごちゃついたものを一旦待機させる場所に。

何かの景品や練り消しなど、イレギュラーで定位置のないアイテムを入れる場所があることで、机の上の散らかり防止になりますよ」

七尾さん:
「机の下のデッドスペースには、毎日学校に持っていくものを置いています。

子供が1人で支度できるように、マスク&ハンカチの給食セットは、1日分ごとに収納を。

また、オレンジ色の『捨て紙ボックス』で、学校のプリントが溜まる前に分類してもらいます。子供に確認する手間が省けて、片付けもスムーズになりました」

自分が子供の頃、洋服タンスがどうにも整理整頓が続かない……と思っていましたが、オープン収納のようにワンアクション&見える化していたら、むやみやたらに散らかることもなかったのかと気がつきました。

また、バスケットを前後に入れ替えるだけで衣替えが完了したシーンでは、思わず湧き起こった拍手。衣替えが少しでも楽にできるのは本当に嬉しいです。

次回は、子供部屋をおしゃれに仕立てるカーテン選びについてお届け。子供部屋の印象を左右するアイテムですが、失敗しないポイントはどこにあるのでしょうか。

 

👉次の記事はこちら
カーテン・ラグの失敗しない選び方

💡子供部屋に関連する記事
■ 広さを感じるレイアウトのコツ
■ おもちゃが片付く収納アイデア
■ テーマカラーを決めておしゃれな子供部屋に

【写真】濱津和貴

七尾亜紀子

LIFE WITH代表。整理収納アドバイザー。小学3年生の長男、5歳の次男、夫と4人暮らし。「片付けられないワーママ」「超ワンオペ育児」だった経験を基に、忙しいママをもっとラクに、楽しくするための暮らしのアイデアをブログやWEBメディアで掲載中。2018年12月に「自動的に部屋が片づく 忙しい人専用 収納プログラム」 (KADOKAWA)を出版。Instagram:@lifewithboys_ig

▼七尾亜紀子さんの書籍はこちら


本日の編集部recommends!

健やかな肌を保つ洗うスキンケア
肌のうるおいを守りながら、汚れをきちんと落とす、おすすめの洗い方って?[SPONSORED]

本日の再入荷
人気のサイドテーブルや、イタリアのシルバー食器などが再入荷しました♩

LINEスタンプを無料プレゼント!ネコカルタ新作登場 ♪
【お知らせ】当店からのLINE配信は公式アカウントへ移行します。

INTERIORカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像