【BRAND NOTE】平日のわたしを後押しする、甘いオフ時間のすすめ

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

オフの時間って、どうして必要なんだろう

あれもしなくちゃ、これもしなくちゃと、時に沸騰しそうになる日々。仕事や家事、育児など、毎日抱えていることをリストにしたら、何ページになってしまうんだろう。

毎日を頑張るためには、私を鼓舞してくれる「オフの時間」が欲しい。でも……。やるべきことや考えることに追われて、うまく時間を持てないことも多いもの。

そんな時、明日からのパワーを蓄える “オフ時間” に寄り添う飲み物「『カルピス』贅沢時間 マンゴーの王様」に出合いました。

オフ時間は自分らしく、居心地よく過ごしたい。まったりとコクのある味わいは、そんな気分にぴったりフィットするはずです。

今回は、つい力が入ってしまうため意識的にオフへ切り替えている、というスタッフ小林のオフ時間ものぞいてみました。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で製作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

ただでさえ肩に力が入るから……甘やかしすぎがちょうどいい?

アクセルが踏みっぱなしになって、仕事が終わってもついグルグルと考え込んでしまいがち、という編集スタッフ小林。

疲れの抜け切らない日々が続いたことをきっかけに、意識的に自宅で頭をオフに切り替えて、翌日へのコンディションを整えるようになったそう。

スタッフ小林:
「私は、オンオフの棲み分けをするのはどちらかというと下手。自分なりにオフ時間を楽しめる、バランスのいい人に憧れているくらいなんです。

だから、半ば強制的にオフの時間を持って、スイッチを切ろう。今日より明日、一歩でも進めるように、クールダウンが必要だなと。

そこで、わがままなくらい、自宅では甘やかす方針に。自分にとっての心地よさを大事にして、一日のバランスを取っているかもしれません」

 


自分の「好き」で満たす
オフ時間の過ごしかた


洋服よりも、消耗品でプチ贅沢

スタッフ小林:
「洋服はあまり買わないんですが、好みの香りがするシャンプー・スキンケア用品といった消耗品がとても好きです。

何より、香りがもたらすオフ時間への導きは想像以上で、ぐいっとオフモードへ舵を切ってくれます。

毎日使うものをちょっと良いものにして、自分が好きな香りに包まれるのは、疲れがするする抜けるほど気持ちがいいんです」

また、プチ贅沢の一つとして、料理のテンションを上げる調味料もあるのだとか。

スタッフ小林:
「ボトルの形、ラベルのデザイン、そして味も文句なしの調味料は、料理へのテンションを確実に上げてくれるアイテムです。

今日はちょっと料理をする気力がない……なんてときにも、シンプルな材料にプラスするだけで、短時間で美味しくできる安心感も。

いつもの調味料にワンコインプラスして、オフ時間を充実したものに変えてくれます」

スタッフ小林:
「『カルピス』も、そんな身近なプチ贅沢のひとつだなあと感じています。

『カルピス』贅沢時間 マンゴーの王様は、マンゴーの濃厚な風味が美味しくって。水で割っただけでも、ミルキーな味わいですが、食事と合うことに驚きました。

今回は、おつまみによく作る『クミン入りの人参ラペ』に、買ってきた生ハムやパンを添えた “即席ワンプレート” と。エスニックな味付けにもバッチリでした」

 

没頭できるから、頭も空っぽに。
疲れてても読めるのは「漫画」だから

スタッフ小林:
「本は疲れていると読めないけれど、漫画はいくら疲れていても読めるほど好きです……。映画を観るよりも手軽で、自分のペースで進められるんですよね。

『今日はうまくいかなかった』『あんなこと言わなきゃよかった』って思っている日でも、読み始めると自然と頭は空っぽになって、そんなことはどこかへ吹き飛んでしまう。

漫画の中に出てくる登場人物に思いを巡らせていくうちに、読み終わるとどこか『人間だもんね、仕方がない』と思えるようになっている。きっと、平常心に戻されているんですね。

強制的にオンから離れさせてくれる漫画の世界は、わたしのオフ時間には、なくてはならないものです」

 

お風呂前にベランダへ
「カルピス」がくれるまったり時間

スタッフ小林:
「自宅のベランダで過ごすのも大事な時間です。

平日夕ご飯を食べ終わって、お風呂に入る前くらいに、ふらりと1人でベランダへ出てみると、その日あった出来事が一旦冷やされます。家の中でも場所を変えることで、改めてオフへ導かれるような。

ここで晩酌するのも好きですが、お酒を飲む気分ではないこともあります。そんな時に、この『カルピス』はぴったりだなあと思いました。

甘くて優しい味が、一層気持ちをほぐしてくれます」

▲割り方は「『カルピス』1に対して水は3〜4の割合」が基本ですが、お好みで調整してください。炭酸割りもおすすめです

 

\牛乳と混ぜるだけ! おすすめシャーベット/

「『カルピス』贅沢時間 マンゴーの王様」は、これからの季節のオフ時間にシャーベットとしても。作り方はとびきり簡単です。

材料

・「『カルピス』贅沢時間 マンゴーの王様」…100ml
・牛乳…200ml
・フリーザーバッグ

作り方

[1] 「カルピス」100mlと牛乳200mlをフリーザーバッグに入れる。

[2] フリーザーバッグの空気を抜き、3~4時間、冷凍庫で凍らせる。

[3] 凍った2を冷凍庫から取り出してよく揉み、器に盛り付ける。お好みでミントやフルーツをのせても。

スタッフ小林:
「本当に簡単! 一口食べると、さっぱりとしたミルキーさ。大人も子どもも美味しく味わえそうだなあと思いました。

シャーベットにすると甘さがスッキリするんですね。実は、取材後にもう一度作り、夫にはあげずに全部食べました(笑)夏の間も繰り返し作って、おやつの定番にしたいです」

 

明日も頑張りたいから、今日も「オフ」に切り替える

オフの時間を自分の好きなもので満たし、自分に甘く、わがままでいたい。それは、明日も頑張るパワーを養うための、切実な時間ではないでしょうか。

だから、オフの時間へ寄り添うものは、自分の好きで満たす。甘やかしすぎたって、いいのだと思います。

そして、そこに肩を並べて楽しめる、甘くアレンジの利く飲み物があったら。

明日を頑張るための、わたしらしいオフ時間ってどんなだろう。甘やかし目線で、考えてみようと思います。

(おわり)

▼「カルピス」贅沢時間 マンゴーの王様の詳細はこちら

▶︎「カルピス」贅沢時間 マンゴーの王様の動画はこちら

【写真】上原未嗣



本日の編集部recommends!

敏感状態の肌を、マイナスからプラスへ
「いつも通りの肌でいる」って難しいから……毎日のケアの味方を見つけました。

本日の再入荷
人気の陶芸家・飯高幸作さんの小皿付きマグが再入荷しました!

【動画】モーニングルーティン
敢えてルールはつくらない? 自称 “ずぼら” な福田さんの朝じかん(YouTubeが再生されます)

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像