【スタッフコラム】ポジティブの正体

バイヤー 石谷

昔からなにをするにも、「良いこと」と同じくくらい「悪いこと」が起こることを、想像してしまうクセがあります。

なぜだか決断だけは早い方なので、そのせいで迷って何も動けない、ということは少ないのですが。

その代わり逆に、「あ〜もしこんなこと起きたらどうしようか(汗)」なんて思いながら、行動してしまうことが日常茶飯事。

なんだか自ら悪いほうに突っ走っているようで、ついつい後ろ向きなことを想像してしまうこのクセを、どうにかやめたいのですが……

でも一体、ポジティブってどうやったらなれるものなんでしょう?

 

スーパーマンになれない自分

そもそもなぜ後ろ向きな考えが多いのかというと、わたしは「変化に迅速に対応する」というのが大の苦手。

なにが起きても状況を察して、すぐにアイディアを出したり対応できる、スーパーマンのようになれたらと思うけど、わたしにはそれができません。

今から起こるかもしれない「悪い状況」に丸腰で挑むなんて怖い、と思ってしまう。だから事前に色々考えたり、ひとつひとつ案を探っておくことで、予防しておきたくなるんです。

それに、もう1つ怖いのが、悪いことが起きたときに必要以上に記憶に残してしまうこと。

ふいに突然、それこそ10年も前の記憶を未だにまだ思い出すことがあるのですが、その多くはやっぱり自分にとってインパクトが大きかったり、予想していなかった出来事のように思います。

失敗は次に活かせばいいと思うのですが、怖いのは、そのとき後悔した記憶が、何度も自分にやってくること。

すっと次に進めるように。苦い記憶を少し薄めて残すために。「こんな失敗がありそうと思っていたけど、やっぱりそうだったか!」と言えるよう、あらかじめ想像しておきたくなるのです。

もちろん日々起こることは、予想していたことを簡単に超えてくることばかりだけれど。

 

ポジティブって一体なに?

さあ、そんな訳で、憧れを隠しきれない「ポジティブ」という言葉。

一歩近づいてみたいと、まずは辞書をひいたのですが、そこに思いがけない言葉が書かれていました。

これまで、わたしの中の勝手なイメージでは、ポジティブはどちらかというと楽観的でプラス思考。ネガティブは悲観的でマイナス思考。そんな感じ。

でも、実際に辞書に書かれていたのは、

「ポジティブ」とは、積極的。肯定的。
「ネガティブ」とは、消極的。否定的。

これを見て、ちょっと気持ちが楽になりました。だって「積極的」もポジティブだと言うのだから。

言葉の解釈は人によってそれぞれだと思うのですが、わたしが安心した理由はこう。

良いことでも悪いことでも、それについて考えるだけで明らかに「積極的」だし、逆を言えば何も考えないのは「消極的」だということ。

こんなことが起きるかも?と考えることは「肯定的」だし、逆を言えばそんなこと起こるはずがないと信じるのは、「否定的」なのかもしれない。

時に後ろ向きな考えが止まらなくても、またこんなことを考えてしまって……と落ち込む必要もきっとない。

とにかく、「考え続けること」がポジティブ。

そんな新しい解釈が自分のなかに追加されただけで、世界がいつもより眩しく見えたのでした。

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

【送料無料キャンペーン】大人気のスキンケアアイテム「オイルインミスト」
夏の冷房で乾燥しがちな肌の保湿にも◎お得な2本セットも再入荷しました

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像