【メイクのはなし】引き算方式で必要なものだけをシンプルに。暖色系アイテムで脱・マンネリメイク(編集チーム 田中)

編集スタッフ 岡本 編集スタッフ 岡本

この特集では「雑貨のように、インテリアのように、洋服のように」という思いを込めて誕生したオリジナルメイクアップシリーズを、スタッフが使うなかで感じたリアルな声とともにご紹介しています。

「自分に似合う色が分からない」「実のところ使い心地ってどうなんだろう?」と迷われている方にも、参考にしていただけたら嬉しいです。

今回は、シンプルメイク派のスタッフ田中に話を聞きました。長年メイク迷子だったけれど、ある考え方との出合いをきっかけに、ここ数年で変化があったそうです。

 


編集チーム 田中

「30代後半で見つけた。
背伸びしすぎない引き算メイク」


田中:
「どうにも似合うメイクがわからなくて、30代前半まで毎日同じメイクをしていました。だからメイクは楽しむという感覚ではなくて、毎朝の面倒なものというイメージで。

でも3年ほど前に草場妙子さんのメイク本と出合ってちょっと変わったんです。ファンデーションは顔に均一に塗らなくてもいい、アイラインを引かなくてもいいなど、これまで素の自分へ足し算をするイメージだったものから、自分にとって必要のないステップはほどよく引き算していいものなんだという考えが新鮮でした。

それからイガリシノブさんやAYANAさんのインスタグラムを見るようになって、それまでの『メイクは毎日同じ手順でするもの』という思い込みがなくなったんです。

基本的にはシンプル派だけど、眉毛をこげ茶にしてみたりグレーにしてみたりと、自分に必要な部分は選択肢を広げて楽しんでいます。

あまり盛らなくても自然体でいられて、こっそり流行や好みを取り入れるのが40代を目前にした私にフィットするメイクなのかもしれません」

ふだんのコスメ選びのポイントは?

田中
「肌の色に合いそうか、ラメが主張しすぎていないか、手持ちのアイテムと組み合わせられるか、などを基準に購入しています。

コスメはポーチに入れて保管しているので、スマートな形かどうかもポイントですね。

個人的には、オレンジやブラウンとの相性がいい気がしていて、ポーチの中もそんな色が増えてきました」

 


「理想の色づきを叶えるリップで、
顔色をワントーンアップ」


02_ウィッシュオレンジ

田中:
「発色の良いリップは、手持ちの洋服や目元の雰囲気と合わない気がしてずっと薄づきタイプを選んできました。

ただ何も塗らないと顔色がわるく見えてしまうので、私にとってリップは『ほどよい血色をプラスしてくれる』というのが一番重要なポイントです。

ウィッシュオレンジはそんな私のメイク事情のなかで冴えるアイテムだと感じてます。

潤いのあるケアリップやグロスを塗った上にぽんぽんとウィッシュオレンジを塗ると、理想の色付き具合で血色も◎

取材などで長時間しっかりつけていたいときや、写真を撮るときなどちゃんとメイクをしているように見せたいときは、ぽんぽん塗りではなくスーッと塗った後に指で境目をぼかすようにして自分の唇に馴染ませています。

肌がイエローベースだからか、このオレンジは馴染みがよくて、しっかり塗ってもこれまで口紅に対して抱いていたリップだけ色が浮いているような違和感がないのが嬉しいです」

▲リップ:02ウィッシュオレンジ、アイカラー:01ミストピンク


「暖色系の合わせ技で、マンネリメイクを新鮮に」


01_ミストピンク

田中
「アイメイクも絶賛模索中ですが、ここ最近好きな組み合わせができました。

それが、ミストピンクとcelvoke(セルヴォーク)インフィニトリーバーム01です。

このcelvokeのアイテムはチークとアイカラーどちらもOKなので頻繁に使っていましたが、単色使いにマンネリを感じていて。あるときミストピンクを目のまわりにラインのように引いてみたら、暖色系の2つのアイテムがマッチしました。

私はつり目でアイメイクをすると急にビシッとした雰囲気になって、ともするときつく見えてしまうことがあります。

なのでやわらかい印象にするために目元には暖色系を合わせるのがいいのかもと気付いてから、ミストピンクを選ぶことがぐんと増えました。

近頃はミストピンクだけをまぶたに淡く、目尻に濃く引いて、単色でのグラデーションアイメイクを楽しんでいます」

自分にとって必要なものだけを選べばいい。その日の気分で変えたっていい。

いつの間にか生まれていた先入観を取り払ったことで、メイクは想像していたよりもずっと自由でシンプルなものだと、本来の楽しさや嬉しさに気付けたのかもしれません。

まだまだ続くメイクのはなし。次回は好きなファッションも交えてお届けします。おたのしみに。

(つづく)

▼スタッフ田中が選んだアイテムはこちら

 

▼「選ぶならどのカラー?」動画でもご紹介中

▼すべてのメイクアイテムはこちら

 

もくじ

第1話(6月9日)
【メイクのはなし】当店オリジナルメイクアイテム、なに使ってる?コスメ好きスタッフが選んだお気に入りの一本(スタッフ斉木編)

第2話(6月10日)
【メイクのはなし】万能アイカラーを味方に。大人が似合うきらめきメイクを楽しみたい(スタッフ星野編)

第3話(6月11日)
【メイクのはなし】付け心地や発色は?リップとアイカラー、私物コスメと合わせたからこそ分かったこと(スタッフ筒井編)

第4話(8月27日)
【メイクのはなし】くすみカラーなら、単色で垢抜けた雰囲気に。コスメ好きママスタッフの似合う色の見つけ方(商品プランナー 中居編)

第5話(9月10日)
【メイクのはなし】引き算方式で必要なものだけをシンプルに。暖色系アイテムで脱・マンネリメイク(編集チーム 田中)

第6話(9月23日)
【メイクのはなし】洋服を目印に色を選んでみたら……。服好きスタッフのお気に入りメイク(商品プランナー加藤編)

第7話(10月7日)
【わたしの朝支度】組み合わせって楽しい。洋服選びから始まる朝支度(デザイナー 波々伯部)

第8話(10月20日)
【わたしの朝支度】まずは鏡で自分の顔をのぞくところから。子育て中ママスタッフの身支度(編集スタッフ 齋藤)

第9話(11月4日)
【わたしの朝支度】内側から体を温めて活動モードへ。朝が苦手なスタッフのスイッチの入れ方(動画チーム 鈴木)


本日の編集部recommends!

在宅ワークのコツ
集中を保つためにどうしてる? スタッフ2名の「リモート事情」[SPONSORED]

送料無料キャンペーン中!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

【最新動画】あそびに行きたい家
模様替えはトライ&エラー。工夫を楽しむ暮らし(編集スタッフ・小林宅)

【特報】映画「青葉家のテーブル」2021年春公開!
映像初公開&出演者のみなさんからメッセージが届きました。

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像