【スタッフコラム】3番目に並んだら

編集スタッフ 松田

ある火曜日のお昼休みのこと、翌日の朝食用のパンを切らしていることに気づき、近所のパン屋に小走りで向かっていました。

この頃「忙しい」がすっかり口ぐせになっていて、頭の中は、仕事や家の、できていないこと、次にやるべきことで常に頭がいっぱい。

しかもその日は、朝から寝坊したり、家電の使いすぎでブレーカーが落ちたりと、小さな失敗が続いていました。

まるで大根おろし器のようにトゲトゲした気持ちで(じつはその前日、大根をおろしている時に手を滑らせて指に擦り傷もつくっていました)、そのパン屋に向かっていたのです。

 

住宅街の中にあるパン屋は、お客さん一組で、店内がいっぱいになるくらいの小さなお店。次のお客さんは外で待っていなくてはいけません。

小走りで向かうと、おそらく近所のおばあちゃんと、私より少し年上の女性、そして私の3人がほぼ同時にお店の前に。

タッチの差で、最初に着いたのはおばあちゃん、その次がもうひとりの女性だったので、一番最後に並びました。

内心、「あぁ、あと30秒早く着いていれば、待たずに済んだのに。今日はやっぱりツイていない」なんて思ってしまった自分がいました。

それから5分もたたない頃でしょうか。最初にお店に入ったおばあちゃんが、目的のパンを買い、ドアを開けて出てきました。

すると丁寧なお辞儀とともに、とってもやわらかい声でひと言。

「どうも、お先でした」

マスク姿で表情こそわからなかったけれど、「(ありがとう)」と同じトーンで、ごく自然に、外で待つ女性と私に声をかけたのです。

これまでにも何度かこのパン屋にきたことはありましたが、次のお客さんが外で並んでいても、正直私はそそくさと無言で出てきてしまったり、なんとなくお辞儀をするくらい。なんだか、ものすごくハッとしました。

次に待っていた、もう一人の女性も、その声かけに少しびっくりした様子ながら「あ、いえいえ」と答えて、お店の中へはいっていきました。

そして、その女性がパンを買い終え、ドアを開けて出てきた時、最初のおばあちゃんと同じ優しいトーンで、「お先でした」と私に声をかけてくれたのです。

 

「あ、なんか、いいな」と思いながら自分のパンを買って、お店のドアを開けると、今度は一人のおじさんが待っていました。

少しためらいつつも、真似をして言ってみました。できるだけやわらかいトーンで、先にパンを買わせてくれてありがとうという気持ちを込めて、「お先でした」。

おじさんは、一瞬びっくりした様子で、でもすぐ目尻を下げて「いいえ、おいしいよね、ここのパン」とひと言。「はい、おいしいですよね!」

そんな、なんでもないやりとりをできたことが、妙にうれしく、気分よく帰路につきました。

もしあの時、私が一番先にお店に着いていたら。また、おばあちゃんの次に並んでいたとしても、ふたりのような温かい「お先でした」は言えただろうか。

パン屋で3番目に並べて、実はツイていた日だったのかも。そんなふうに思えた火曜日の出来事でした。

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

送料無料でお届け!暮らしに「余白」をくれるコーヒーマシン
たった1分でプロの味わいが楽しめる「DRIP POD」。お部屋になじむ美しいデザインも魅力です♩[SPONSORED]

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

【数量限定】hopeと名付けた真っ白なブラウス
ERIKO YAMAGUCHIと当店がコラボしたブラウス。ご好評につき、Mサイズのみとなりました。

【動画】密着ドキュメンタリー公開中!
『hope』ブラウス、完成までの405日の歩みを追いかけました

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像