【送料無料キャンペーン】当店のメイクアップシリーズをご注文で送料無料となるキャンペーン開催です。

店長 佐藤 店長 佐藤

いつも北欧、暮らしの道具店をご利用くださりありがとうございます。店長の佐藤です。

ただいま当店オリジナルブランドのメイクアップシリーズをご購入いただくと送料無料となるキャンペーンを行っております。

この機会にメイクアイテムを含めた当店でのお買い物を楽しんでいただけたらうれしく思います。

(2021年1月19日追記)
2021年1/7(木)からオリジナルメイクアップシリーズをご購入いただくと送料無料となるキャンペーンを行っておりましたが、1/19(火)17:00をもちまして、アイカラーのみキャンペーンを終了とさせていただきました。この間に、たくさんのご注文とお寄せくださった声にとても励まされました。ありがとうございます!

リップカラーについては引き続き送料無料対象商品としてキャンペーンを継続しております。こちらもぜひこの機会にお試しいただけますとうれしく思います。

 

送料無料キャンペーンを開催する背景

当店のオリジナルブランド『KURASHI&Trips PUBLISHING』から初となるメイクアップシリーズを発売したのは昨年4月末のことでした。

おかげさまで発売から8ヶ月が経ち、累計13000ピースを超えるアイカラーやリップカラーがお客さまの暮らしへと運ばれてゆきました。

当初は私たちが化粧品をつくることに「とても驚きました!」という反応も多かったのですが、毎日のメイクに取り入れてくださった方たちが「使うなかでコンセプトが伝わってきました」「店長と同じようにメイクは自分からは遠いものだと思っていたけれど今年は装うことやお化粧することがとても楽しくなりました」など沢山の心が温かくなるコメントを寄せてくださり、次なる開発へのやる気に変えてきました。

コスメの開発をスタートしてから今日までの約2年間。わたし個人もメイクと向き合う「気持ち」が自分でも驚くほどに変わりました。

これは本当に「気持ち」面での大きな変化であったと実感しています。しかもこのような気持ちの変化が40代半ばになっても訪れることになるとは数年前の自分は予想もしていないことでした。

雑貨を飾ったり朝食に並べるお皿をセレクトしたり、今日の服装を選ぶのと同じ気持ちの延長でメイクのことを考え、楽しみたいという気持ちが生まれたことが不思議でもあります。

これまで口紅もかぶれてしまうことが多く保湿リップしかつけていなかった自分が当店で開発したリップカラーを毎日つけるようになったり、アイカラーも自分が安心できるブラウン系一色だけを使い続けていたところからその日の洋服に合わせてアイカラーやアイライナーを選ぶことを楽しいと感じるところまでは漕ぎつけました……。

だからこそお客さまからのフィードバックが「自分ごと」のようにうれしくなります。

▲私物のメイクボックスの中身。アイカラーは全色愛用してまして毎朝どれをどう使うか選ぶ楽しみを味わってます

それでも「発売時から気になってはいるのですがまだ購入できてなくて」「どの色にしようか迷いに迷っています」「アイカラーを1色買ってみたら色のつき方がとても自然で気に入りました。これから少しずつ買い足したいですがどの色が良いでしょうか?」といったお声をいただくこともあります。

そのようなお声をいただくと、すぐにでもZoomなどで繋がってたとえオンラインだとしても接客したい気持ちに駆られます(汗)

とは言え口頭で説明しながら試してもらったり現状ではサンプル配布が難しかったりもすることから、送料無料キャンペーンを実施することで「この機会に気になっていたアイカラーを1色試してみよう」「この機会に口紅をつける生活をしてみよう」「この機会にほかのアイカラーの買い足しをしよう」となる方がいらっしゃれば嬉しいなと考えました。

 

超個人的好みと視点で!使用頻度ランキングお届けします

〜 シンボリック リップカラー編 〜

No.1 アミュレットレッド
正直リップカラーは使用頻度で言うと毎日ほぼ代わりばんこで3色とも愛用しているので順位をつけるのが難しいです。仕事がある平日は自然と手に取る日が多いので1位にしてみます。アミュレット=お守り。名前にも込めた通りお守りのように気持ちを支えたり高めてくれるレッド系のリップカラーです。べたっとつかず透明感もあります。目元がブラウン系、ピンクやオレンジ系、グリーン系どんな日にもまさにボトムスのベルトのようにこのリップカラーが最後に印象を締めてくれます。

No.2 トーンアップピンク
顔色や気持ちがいつもよりくすんでいる日にこのトーンアップピンクをつけると表情を明るくしてくれるので選ぶことが多いです。お疲れモードの日や、暗いトーンの服を着る時など可愛すぎない大人のピンク色なので愛用しています。オンライン会議の心強い相棒的なリップカラーでもあります。

No.3 ウィッシュオレンジ
お店ではだんとつ人気のリップカラーです。まずは最初の一本にと試してくださるお客さまが最も選ばれる色なんだと思います。個人的にはアミュレットレッドやトーンアップピンクがこれまでの自分のバリエーションにはなかった色なので積極的に選ぶことが多いですが、ウィッシュオレンジも万能カラーで表情に自然に馴染むので休日などにつけていることが多いです。

 

〜 シンボリック アイカラー編 〜

No.1 クリアムーン
休日は単色でクリアムーンにブラウン系のアイライナーだけ。仕事がある平日はクリアムーンをアイホール全体に、その上にグリーンやピンク、ブラウン系のアイカラーを重ねることが多いので使用頻度が最も高く減りが早いです

No.2 ミストピンク
どんな服装とも喧嘩しないのと、仕事中メガネをかけることが多いのでメガネをかけた顔という視点で相性がとても良いように感じています。優しい目元の印象になるところ、決して腫れぼったく見えないニュアンスカラーが大のお気に入りです。ミストピンクを薄くアイホールに伸ばし、奥二重の部分にだけクリアムーンを重ねてパール感をプラスしたりもしています。アイライナーやマスカラをバーガンディにすることが多いです。

No.3 フォレストグリーン
黒やネイビーのトップスを選ぶ日。最近大好きなミントグリーンのニットやブラウスを着る日の目元にフォレストグリーンを選ぶことが多いです。角度によってはシルバーやグレーっぽくも見え40代の私も落ち着いたトーンがとても気に入っています。この色はお客様にも本当にファンが多くて仲間ができたみたいで嬉しいのです。濃いめのブラウンやカーキのアイライナーを合わせて引くことも多いです。

No.4 アウェイクオレンジ
自分たちのブランドでつくったことで人生で初めて「オレンジ」を使うようになりました。これならば使ってみたいと思うオレンジ系アイカラーができたことが嬉しいのです。実際に付けてみると派手さがなくとても自然なオレンジです。白系やブラウン系のトップスを選ぶ日によくこのカラーを選んでいます。ブラックのマスカラで目元を引き締めることを意識しています。フィーリングブラウンとの相性がすごくよく重ねたり混ぜたりを楽しんでいます。

No.5 フィーリングブラウン
実は社内では愛用者数がおそらくNo.1のフィーリングブラウン。私は使用頻度ではここにランクインしましたが、角度によってはバーガンディやパープルっぽくも見える絶妙なブラウンカラーがお気に入りです。季節を問わず一年じゅう、さらに合わせる服装も選ばず定番的に使えるカラー。フィーリングブラウン単色よりは私の場合はさらにその上にふわりとクリアムーンを重ねて明るさをプラスする日も多いです。

・・・・・・

これから先、当店に新たに誕生したコスメカテゴリーにオリジナル、セレクト含め新しいアイテムを追加していく予定です。

新たなアイテムを開発したり選んだりする軸として、これらオリジナルのアイカラーやリップカラーとの相性の良さという視点を持っていますので、今後のコスメカテゴリーでのお買い物を楽しんでいただく土台としてもこの機会に「使用者」「愛用者」の輪が広がることを心から願っています。

▼メイクアップシリーズはこちら

 


本日の編集部recommends!

在宅ワークのコツ
集中を保つためにどうしてる? スタッフ2名の「リモート事情」[SPONSORED]

送料無料キャンペーン中!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

【最新動画】あそびに行きたい家
模様替えはトライ&エラー。工夫を楽しむ暮らし(編集スタッフ・小林宅)

【特報】映画「青葉家のテーブル」2021年春公開!
映像初公開&出演者のみなさんからメッセージが届きました。

INFORMATIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像