【スタッフコラム】わが家のトーストはだいたい焦げている

編集スタッフ 津田

あっ、しまった。と思ったときは時すでに遅し。フライパンの上のトーストはだいぶ黒く焦げていました。

平日の朝の、とても忙しい時間の、悲しい出来事です。思わず「はあ〜」とため息が漏れますが、落ち込んでいるひまはありません。

あたしゃ大人ですからね、こんなことでは動じませんよ、という表情をつくり、バターナイフで焦げたところをざっざっざっと落として、ざわつく心に凪をつくります。

てきとうな鼻歌を歌ってみたりなんかして。誰にも見られていないのに、わたしはご機嫌ですよ、と証明するかのようで、我ながらおかしいのですが。

さあ、もう大丈夫。バターを溶かしはちみつをかけたら、息もつかずむしゃむしゃと食べて、キッチンを片付けておしまい。

牛乳をたっぷり入れたアイスコーヒーとともに、パソコンのまえに座って、会社のみんなへ始業の連絡をします。今日も、いつもと変わらぬ一日をはじめよう。そう自分に言い聞かせて。

 

ふと冷静になったタイミングで、わたしってよくトーストを焦がちゃうんだよなあと、この朝の出来事を思い出していました。

朝だしやっぱり慌ててるのか。いや、ぼんやりしているのか。あるいは、ひょっとすると、わたしはトーストを焼くのが苦手なのかもしれない……?

その可能性に気づいたら、なんだか愉快な気持ちになってきました。

トーストを焼く。喫茶店みたいに、分厚くてじゅわっとバターが染み込んだトーストのうれしさってあるから、そういうのが焼けるひとは「得意」だとしても、逆に苦手だという人はあんまりいなそうじゃないですか。

だってわたしはべつに、特別においしく焼こうとか、理想の焼き目じゃなきゃいやだとか、並々ならぬこだわりをもっているわけではないんです。もちろん喫茶店のトーストにあこがれはあるけれど、自分で焼くときはふつうに焼けたら十分。それなのに高確率で失敗するってどうなんだろう。

うん、これはやっぱり苦手と言っても差し支えないんじゃないかな。

ウィークポイントだと認めてしまったら、肩のチカラがふっと抜けるようでした。平然とした顔で、いろいろなことを、そつなくこなそうとしている自分でいるときより、よほど人間くさかったりして。それも悪くないなと思ったら、うっふっふ、と小さな笑いが込み上げてきました。

わたしの焼くトーストはだいたい焦げてる。それでも今日も前を向いて生きていこう。黒々とした面は下にして、あむあむと素知らぬ顔で食べちゃおう。前向きに。前向きに。おまじないのように繰り返しながら。

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

SUMMER SALE 開催中!
今季のファッションアイテムからオリジナルの雑貨まで、人気アイテムが対象です!

涼しげなラタンやかごの雑貨を集めました
定番の収納アイテムから、身につけられる小物まで、夏に使いたいアイテムが揃っています

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

【動画】うんともすんとも日和
ちょっとかじっては身が入らず、転々とした20代を経て。東京・世田谷で “ひとが集まる” 八百屋を営み始めて4年(尾辻あやのさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像