【着用レビュー】サイズ違いで登場!本日発売のキルティングコートを、4名のスタッフが着比べました

編集スタッフ 小林

本日発売の Traditional Weatherwear のキルティングコート。選べる「34サイズ」と「36サイズ」の2種類をご用意しました。

スッキリ着こなせるのが特徴のコートですが、実際に試してみたところ着用感が一番大きく異なるのは肩幅で、それぞれ好みが分かれそうでした。

もちろん身長にもよりますが、おおよその目安としては

・薄手の服を好む、コンパクトに着たい、肩幅が狭い方→ 34サイズ
・厚手の服を着たい、ゆったり着たい、肩幅が広い方→ 36サイズ

がオススメです。

この着用レビューでは、体型や身長のちがうスタッフ4名に試着してもらっています。ぜひサイズ選びや、着こなしの参考にしていただけたら。

 

デザイナー 波々伯部(149cm)
選んだのは 34サイズ

波々伯部:
149cmの私の場合は『34サイズ』の方が良さそうです。着丈は膝がふくらはぎにかかるくらい、袖は少し長く手がほとんど隠れてしまうのでひとつ折りにしています。

着丈的には『36サイズ』も着れないことはないのですが、肩周りが少し余ってしまう感じがありました。私の場合は普段からそこまで厚手の洋服を着ないので、もし自分で買うなら34サイズを選ぶと思います」

「ボタンを閉めるとキュッとするので基本的にはボタンを開けて着たいなと思いますが、かといって全て閉めても苦しい感じはしませんでした。

肩周りがコンパクトな仕立てだから、小柄でも洋服に着られてしまう感じが出なくて嬉しいです」

「実は別ブランドのキルティングコートを長年愛用しているのですが、こうしたコートは着心地がとても軽いし、ちゃんとあたたかくて便利ですよね。

『Traditional Weatherwear』のキルティングコートは今っぽい少し長めの丈になっているので、洋服も合わせやすそう。

生地に程よい艶があるから、黒でも重くなりすぎず、軽やかに着こなせるのが良いですね」

 

商品プランナー 中居(153cm)
選んだのは 34サイズ

中居:
「153cmの私の場合、小さいほうの『34サイズ』を選びました。正直どちらも良いな〜という大きさだったので、悩みに悩んで、最終的にコンパクトに見える方を選んでいます。もう少し自分が肩幅がある体型だったら『36サイズ』を選ぶと思います。

どちらもだいたい、着丈はひざが隠れるくらい。袖丈は手の甲が隠れるくらいです。

ちなみに厚手のパーカーの上から羽織った場合、34サイズだとボタンは一番上を開けた方が良さそうでしたが、36サイズは一番上まで閉めても苦しくありませんでした」

「着心地は軽くて、とても暖かいです。生地がそこまで厚くないのと、形が綺麗なのでスッキリ着られますね。

パイピングや金ボタンなど全体的に上品な仕立てですが、このカーキの色味のおかげか、意外とカジュアルな洋服にも合わせやすいなと思いました」

「キルティングコートにしては少し長めの丈なので、パンツもスカートも合わせやすいと思います。

かといって、長すぎないのもいいところ。これならもしかすると、自転車にも乗れちゃうかもしれません」

 

編集スタッフ 二本柳(160cm)
選んだのは 36サイズ

二本柳:
「160cmの私の場合、どちらのサイズも割と問題なく着られたのでとても迷いました……。

けれど冬にはやっぱり、ざっくりしたボリュームニットを着たいので、私だったら内側に着込める余裕のある『36サイズ』を買うと思います。

大きい方のサイズとはいえ、パターンが綺麗なので身体が大きく見えてしまうことはなく、スッキリ着られるので安心です」

「袖丈や着丈だけで見るなら『34サイズ』はまさにぴったり、という感じ。

ですがこのコートは肩幅が少し小さめの作りになっているので、やはり全身のバランスで選ぶと36サイズの方が個人的に好みです」

「実はこうしたキルティングコート、元々欲しいな〜と思っていたんです。

私はカジュアルなコートしか持っていないので、少しキレイめな格好をしたときに何を羽織ればいいかが、いつもわからなくて。

これなら今日みたいなデニムにも合わせられるし、ちょっとしたフォーマルな装いにも似合うから嬉しい!

長く愛されているブランドの定番アイテムということもあって、流行り廃りを気にすることなく、年齢を重ねても長く愛用できそうです」

▲シンプルなニットワンピも相性◎でした!

 

スタッフ 木下(169cm)
選んだのは 36サイズ

木下:
「手持ちにないタイプのコートで、且つとても上品な見た目だから、袖を通すときは似合うかしらと少し緊張しました。

けれど見た目とは裏腹に、着心地がとても軽やかでいいですね。

身長169cmの私の場合は『36サイズ』がぴったり。『34サイズ』だと袖が短く、肩幅も合わないように感じました」

「パターンがしっかりしていて、生地に張り感があるので、後ろ姿も綺麗。ダウンのようにもこもこと膨らまず、シュッとして見えるのは嬉しいです」

「キルティング生地に艶があるので、羽織るだけでちょっとしたおめかし感が出るコートですね。少しクラシックな装いや、英国らしいトラッドな装いなど、上品なアイテムとの相性も抜群に良さそう。

もしワードローブに仲間入りしたら、新しいおしゃれを試したくなりそうです」

 


本日の編集部recommends!

調理道具の選び方
伝説の家政婦・タサン志麻さんが愛用する「ティファール」の魅力【SPONSORED】

「クリスマス限定ギフトバッグ」 どれにしようと悩む時間も楽しいひとときに。
今年一年頑張った自分へのご褒美に、大切な方へのプレゼントに、ぜひご覧になってみてくださいね◎

冬のおしゃれは、小物でぐっと可愛く◎
「ショール」や「手袋」など、本格的に寒くなってきた今から迎えたい冬小物が揃っています。

【動画】わたしの朝習慣/ morning routine
長年の夢だった平屋暮らしをスタート。ゆったり海辺で過ごす朝時間。

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像