【ほんの5分のひと休み】自分を甘やかすことも仕事のうち。手軽に “いつもの” 美味しさがある嬉しさ。

編集スタッフ 田中

移動の機会が減り、PCなど目の前の仕事に打ち込める時間が増えたように思う昨今。かえって予定を詰めすぎてしまって、ついつい一息つくことを忘れてしまうことが私自身もありました。

「自分を甘やかすことも仕事のうちだと思うんです」

家での仕事が多く、2歳の息子さんの子育てなど、仕事に家事にといそがしい料理家の植松良枝さんは、こんな風にお話ししてくれました。

休憩をうまく取りながら切り替えて日々を乗り切られている植松さんに、「ひと休みの取り方」について伺いました。

(この記事は、*味の素AGF®️* の提供でお届けする広告コンテンツです)

 

ほんの5分でも、手軽なひと休みを

植松さん:
「限られた時間のなかで、次に待っている仕事を乗り切るためには休憩を取らないと続かないことがだんだんと分かってきて。それからはほんの5分でも休憩をとるようにしています」

コーヒーを豆から挽いていれることもあるけれど、短いひと休みだからこそ、手軽に、ゆっくり休みたいものです。

「ブレンディ®︎」スティック カフェオレなら、スティックをマグカップへ入れて、お湯を注げば、もう“いつもの” 味になるのが嬉しい。

実家に住んでいた学生の頃から慣れ親しんだ味だからこその美味しさと、お湯を注げばすぐつくれる手軽さが日常づかいにちょうどいいのだと話していました。

今回は、植松さんの朝食の支度から、日中のお仕事、息子さんのお迎えに向かうまでの1日の様子を、見せていただきました。日常のスキマで “ひと休み” を入れながらどんな風に過ごされているか、ぜひ動画でご覧ください。

みなさんにも、自分なりのひと休みの過ごし方や休憩のおともはありますか?記事下のアンケートからご感想もお待ちしております。

 

▼「ブレンディ®️」スティックのラインナップはこちらからご覧ください

▼よろしければアンケートのご協力をお願いいたします

 

【撮影協力】神谷年寿

profile_futura_lineblack

植松良枝

料理研究家。旬の野菜を使った、四季に寄り添う料理と暮らしの提案にファンが多い。料理教室を主宰するほか、雑誌やテレビへのレシピ提案、レストランへのレシピ提供、ベトナム料理店「ヨヨナム」のプロデュースなど。Instagram:@uematsuyoshie


本日の編集部recommends!

調理道具の選び方
伝説の家政婦・タサン志麻さんが愛用する「ティファール」の魅力【SPONSORED】

「クリスマス限定ギフトバッグ」 どれにしようと悩む時間も楽しいひとときに。
今年一年頑張った自分へのご褒美に、大切な方へのプレゼントに、ぜひご覧になってみてくださいね◎

冬のおしゃれは、小物でぐっと可愛く◎
「ショール」や「手袋」など、本格的に寒くなってきた今から迎えたい冬小物が揃っています。

【動画】わたしの朝習慣/ morning routine
長年の夢だった平屋暮らしをスタート。ゆったり海辺で過ごす朝時間。

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像