【春服マスター】後編:差し色も、モノトーンコーデも、春らしく。明日からできる、大人のおしゃれのコツをききました

編集スタッフ 糸井

クローゼットの奥には、春を待ちわびるブラウスやボーダーカットソー……のはずなのに、そんな気に入りだったものが、ふいに今の自分に似合わなくなることってありませんか?

でも、ちょっとしたコツを取り入れるだけで、また素敵に着こなせるそうなんです。

特集『春服、プロの着こなし』では、スタイリストの植村美智子(うえむらみちこ)さんに、春コーデの悩み事をお伝えし、そのコツから「素敵な大人」の装いを学びます。

後編では、差し色コーデと、モノトーンコーデの2つについてききました

前編はこちら

 



春は、ピンクなどの差し色に挑戦したくなるものの、いざ自分の服に合わせるとなると、自信がなくてウジウジしてしまいます。失敗しにくいコツや配分はあるのでしょうか

差し色は、1つでなく
2つ入れてみてください

植村さん:
「差し色を手軽に取り入れるなら、まずは小物で。コツは、1つではなく2つ取り入れること

例えば、ピンク色のアイテムなら、似た色のピンクをどこかにもう1つ加えます。2つだとより目立つのかと思いきや、全体のバランスがとれ、変に浮くことがなくなるんですよ。

こういうときのトップスは、グレーが万能。なにかと邪魔をしない色なんです。白や黒だと、差し色自体がより目立つこともあるので、着慣れていない方はグレーを頼ってみてください」

植村さん:
「同色アイテムが2つもない場合は、ちょっと関係性のある色なだけでも◎。コーデにコントラストが出すぎず、いきなり感がなくなります」

▲オレンジ色の巾着に合わせるなら、真っ白ではなく、レース部分がほんのりと生成りなトップスを。これだけでも同系色となり、馴染みがよくなります。

植村さん:
「ちなみに、着慣れない色をトップスに持ってくる場合。ボトムスに悩んだら、デニムを穿いてみてください不思議と強い色でも薄れて、馴染みます

デニムの色はなんでもOKですが、ライトブルー系はフェミニンに。インディゴ系はシックに仕上がりますよ

item data
ストール / MOISMONT(シュヴァルプラス)/ ¥10,450
スニーカー /  NOVESTA(ノヴェスタジャパン)/ ¥33,000

 



「いつの季節も、春も結局、モノトーンな服に惹かれます。黒や紺など暗い色でも、春らしいコーデを楽しむならどんなところを変えるとうまくいくのでしょう?

生地とシルエットを変えて
軽やかに行きましょう

植村さん:
黒い人はいつの季節も黒が好きだったりしますよね。春らしさを出すなら、軽やかな要素を増やすといいですね。

素材はコットンや麻にしたり、シルエットはふんわりしたものにしたり。同じ黒でも、スミクロなどにして黒のトーンを上げるだけでもいいと思います」

植村さん:
「他に意識するといいのは、肌を見せること。袖を少しまくるだけで、軽やかになります。これも取り入れやすいコツです。

バッグは、黒でもちょっと光沢のあるものやメッシュ素材にすると、またひとつ軽やかさが出ます

植村さん:
「でも、一番肝心なのは足元を軽やかにすること。基本は白い靴を選ぶといいと思います。

私自身も、すぐ全身真っ黒コーデになるのですが、春はタイツを脱いで、ソックスを白にしたり、ソールが白いスニーカーにしたりと、足元を軽くしています。

白い靴の他に、ピンクのスニーカーや、カラーソックスでも。色で迷ったら、意外と黄色は使いやすいですよ。白に近いところにいるのに、白ほど強くもないので、デニムやチノパン、ホワイトパンツなどにもバッチリです

▲ボトムスも、足首をちょっとのぞかせるだけで軽やかさが出ます。

item data
白いスニーカー /  NOVESTA(ノヴェスタジャパン)/ ¥33,000

 

お気に入りの春服に、ちょっとのコツを携えて

植村さん:
「最近は、はざまの季節が短くなってきたこともあり、コーデで悩まれる方も増えてきました。そもそも春と秋の区別がつけられないということも。

そういうときは、素材で考えるとわかりやすいんです。秋から冬にかけては『ベロアやファー』、冬から春にかけては『リネンや薄手のコットン』というように。

そして、どの季節にも通じるのがスウェットなので、私の春の定番もスウェットです。首元は、白インナーをチラリと見せ、ソールの白いスニーカーをいくつか揃え、軽やかに。これらを動員しつつ、今年も春を楽しめたらと思います」

▲植村さん愛用のスウェットと、白いソールのスニーカー。これらのアイテムは、いつでも見つけると買ってしまうそう。

そんな植村さんの、春の大人のおしゃれ講座でした。

なにかを素敵に着こなすには、いつも「適度な調整」が必要だけれど、それが結局難しい。わかるようでわからないからこそ、今回教わったことがすべて、かけがえのない知識に感じます。

なにより、たくさんのコツは、どれもちょっとしたことだから、明日からできる気にも。連日、鏡の前でイジイジとしている身ながら、春のおしゃれへの自信と意欲を分けていただいた気がします。

(おわり)

– 掲載アイテムのお問い合わせリスト –
シュヴァルプラス|TEL.03-5706-9575
ノヴェスタジャパン|https://novesta.jp/

photo:濱津和貴
styling:植村美智子


もくじ

profile_futura_lineblack

植村美智子

スタイリスト。雑誌や広告などで活躍し、2010年より個人向けファッションコーディネートサービス「Liltin’(リルティン)」もスタート。著書に『洋服の選び方』(マイナビ出版)、『「今の自分」に似合う服』(天然生活ブックス)などがある。


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
今から初夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
人気のリネンハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!連休のお出かけにもおすすめですよ。

【数量限定】hopeと名付けた真っ白なブラウス
ERIKO YAMAGUCHIと当店がコラボしたブラウス。ご好評につき、Mサイズのみとなりました。

【動画】わたしの朝習慣
台所仕事が目覚まし代わりに。朝のうちに、1日分の食事の下ごしらえを済ませておくこと

FASHIONカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像