【スタッフの着回しコーデ】白だからこそ、どんなワードローブにも。凛と前向きになれる、ERIKO YAMAGUCHIコラボ「hopeブラウス」

編集スタッフ 松田

気温がぐっと上がり、コートなしで外出できる時間帯も増えてきました。

今回スタッフのコーデ紹介でピックアップするのは、これからの季節、一枚でサラッと着用するのにぴったりな、ERIKO YAMAGUCHI とコラボして生まれた真っ白なブラウス。

hopeと名付けたブラウスは、胸元にドレープがあしらわれ、着る人に合わせてふわりと揺れる柔らかさがありながら、どこか凛とした雰囲気が漂います。


▲生地は、綿花からすべて手紡ぎ・手織りでつくられるインド産の「カディ」。ERIKO YAMAGUCHI を代表する素材で、とにかく軽く、くったりとした柔らかさがあり、やみつきになる着心地です

さっとかぶりファスナーを閉めると、ドレープの形がきれいに決まって。ふだんの装いはもちろん、オシャレをして出掛けたい日やフォーマルな場にも、さまざまな場面で頼りになるブラウスです。

この記事ではスタッフ3名が、ブラウスを着用したコーディネートを紹介します。今回は3名ともMサイズを着用しました。

※Lサイズはご好評につき完売いたしました。Mサイズについても在庫が少なくなってきております。今後再販予定のないアイテムとなりますので、気になる方はぜひお早めにご検討いただけますと幸いです。

数量限定
hope ブラウス
with ERIKO YAMAGUCHI

 


白だからこそ、色モノ合わせが楽しめる。
気持ちが前向きになる一着

スタッフ水谷(158cm)


水谷:
「ここ数日でようやく暖かくなってきたので、春らしく、淡いグレイッシュピンクのテーパードパンツに合わせてみました。白×ピンクの組み合わせって、気持ちがパッと明るくなりますよね。

このブラウス、あまり考えずにサラッと着るだけで形が決まって、いつもの装いを一段オシャレにみせてくれて感動しました」

水谷:
「生地は、インド産のカディとのこと。ほどよく厚みがあるけれど、くったり柔らかくて、通気性もあって。袖を通すと『あぁ、丈夫でいい生地なんだなぁ』というのが伝わってきます」


「袖にはカフスがあって、たくし上げればピタッと止まります。より涼やかになり抜け感がでるので、初夏まで着ることができそうです。

アシンメトリーでモード感があるデザインですが、コットンの風合いのおかげで、ふだんの装いにも自然に馴染んでくれるのが嬉しいです」

 

coordinate 02
「小花柄のロングスカートと」

水谷:
「次に小花柄のブラックのスカートを合わせてみました。色や柄のあるボトムスを合わせやすいのは、真っ白なブラウスだからこそ。コーディネートを考えるのが楽しいです。

前下がりのシルエットになっているからか、ロングスカートでもスッキリと決まりやすい丈感だなと思いました」


「アクセサリーが好きなのですが、首まわりがネックレスと相性がよい開き具合でうれしいです。

前身頃にはファスナーがあるので、髪をセットしたあとやメイクをしたままでも、すぽっと頭から脱ぎ着しやすかったです。前のドレープがひらっと動いたときに、縫い目や金具が目立たないのも、細かい部分ですがこだわりを感じます」

▲「コンシールファスナー」という通常スカートやワンピースに使われる目立たないものを採用しています

 

coordinate 03
「グレーのワイドパンツに」

水谷:
「グレーのワイドパンツに合わせてみました。こういうワイドパンツに合わせると、よりドレッシーでかっこよい印象になりますね。きちんとした装いが必要な場や、子供の入学式にも着ていきたいなと思いました。

白といえば気になるのは透け感ですが、前身頃は生地が二重になっているのでほぼ透けず、うしろもそこまで気にならなかったです」

ティーブラウンのキャミタンクトップを着用しています

「軽くてやわらかい着心地なので、身体がこわばらず、リラックスして過ごせそうです。

思っていた以上に、どんなボトムスにも合わせやすくて、カジュアルにもドレッシーにもなってくれる、心強いブラウス。着ているだけで、なんだか前向きになれますね!」

 


まずは、シンプルなコーデに。
パンツスタイルに自信が持てました

編集スタッフ田中(160cm)


田中:
「まずは、普段からよくはいているチノパンとフラットシューズに合わせてみました。

いつもと変わらないシンプルなコーディネートですが、自然に馴染みつつも、ブラウスのデザインと風合いがいつもよりぐっときれいな雰囲気にしてくれて、うれしいです。

家族と外出する日、でもちょっとは雰囲気よくしたい……。そんなときに、このブラウスがあるとすごく助かりそうです」

▲Mサイズは160cmの私には袖、裾、肩などジャストサイズ。お尻の上あたりにかかる程度の丈です

田中:
「いつもトップスはお尻がすっぽり隠れる裾丈のものを選びがちですが、このブラウスは丈感がお尻の上くらいまでなのに、腰回りも不思議とすっきりと見え、タイトめのパンツスタイルでも自信をもって着られました。屈んだときなどにも、インナーが見えることもなく安心感があります。

生地は思っていたより、コットンの風合いがあるなと感じました。カディという生地の特徴なのか、とても軽やかで、肌にあたる感じもやさしく心地よかったです。

洗いざらしでもシワ感が気にならないというのも頷けるし、きちんとしたいときはアイロンできれいになるので使い分けできていいなあと感じました」

田中:
「袖丈は9分丈ほどで、春先にはちょうどいいスッキリ感でした。ほんの少し手首がのぞく感じが、好きです。

肌寒い時間帯や、紫外線が気になる日はストールが手放せなくて。くるっと巻くと胸元のドレープは少し隠れてしまいますが、邪魔になってしまうことはなかったです。真っ白なので、柄ものとも合わせやすいですね」

 

coordinate 02
「鮮やかなブルーのスカートと」

田中:
「休日の久しぶりの一人での外出をイメージして、去年買ったバルーンスカートとヒールのあるサンダルを合わせてみました。

白いブラウス、鮮やかなブルーと合わせても爽やかで素敵ですね。ひらっと揺れるブラウスの裾とスカートがマッチしてくれ、“オシャレをしている!”という感じで、気分が上がりました」


▲背中にはラインが入っており、後ろ姿も美しくみえます

「ブラウスの裾やフォルム、パンツともスカートとも合わせやすくて、思っていた以上に『自由度が高い』トップスだと感じます。

たとえばこの上にカーディガンを羽織るとどうだろう?と試してみたのですが、そんなに整えなくても決まってくれました。

後ろ身頃や脇まわりのつくりがオーソドックスなシャツやブラウスにも通ずるからか、上に重ねても嵩張らず、フリル部分もカーディガンの襟に当たらなくて着やすかったです」

 

coordinate 03
「子どもの入園式にも」

田中:
「最後に、去年の子供の入園式に着た黒のパンツとパンプスに合わせてみました。

襟元がクルーネックで、ひらっとゆれるフリル部分もサイドめに付いているので、パールネックレスもつけやすく、服のデザインも邪魔しません。細いチェーンのネックレスなども合いそう」

「ふわりと揺れて、繊細な雰囲気が漂うブラウス。カジュアルな装いだけでなく、ここまでカチッとしたコーディネートにも合うのは嬉しいです。

保護者会や園の行事など少しTPOが変わるときには、フラットシューズやワイドパンツなどと合わせてもいいですし。場面ごとにニュアンスを調整しながら、いろんなシーンで活躍してくれるブラウスだなと思います!」


 

 


ふわっと包まれているような着心地。
お手入れもラクなのが嬉しいです

プランナー中居(154cm)


中居:
「まずはシンプルに、デニムに合わせてみました。デザインが効いているので、色々考えず、工夫いらずでそのままでオシャレに決まってくれるのが嬉しいです。

Mサイズを154cmの私が着用すると、後ろの裾はお尻にかかり、手首は少し隠れるくらい。大きすぎるという感じはなかったです」

中居:
「カディの生地が、くったりやわらかくて、気持ち良い〜。

オシャレなデザインだから少しタイトな着心地なのかと思っていたら、全然そんなことはなくて。ゆとりもあって、コットンでやさしく包み込まれている感じです」

▲抜け感を出したいときは、袖をたくし上げてもよさそうです

中居:
「ドレープも素敵ですし、裾もやや前下がりでディテールに遊びが効いていて。動きに合わせてふわっと揺れて、春の外出にぴったりですね」

 

coordinate 02
「黒のギャザースカートでシックに」

中居:
「ブラックのギャザースカートに合わせて、モノトーンでシックな感じでまとめてみました。

ちなみにインナーは黒のキャミソールを着ています。ほんのり透けますが、個人的にはそんな気になりませんでした。

あと袖の部分、カフスの隙間から肌が見えないようになっているのが、きちんとした感じを演出してくれて素敵だなと思いました」


▲白いブラウスだから、ジャケットを羽織ればさらにきちんと感のある印象に。「ドレープの見え方も自然でした」

中居:
「立体的なシルエットだから、前からだけでなく、横や後ろからも雰囲気良くみえてうれしいです。

よそゆきのブラウスってクリーニングなどが面倒であまり着なくなったりしてしまいますが、このブラウスは家の洗濯機でも洗えて、アイロンをかけずに洗いざらしでもよい風合い。生地も上質で丈夫そうで、たくさん着たくなりますね!」


***

着用レビューでは身長や体型の異なる6名が着ています。

こちらの記事もサイズ感やコーディネートの参考に、ぜひご覧ください。

着用レビューはこちら

数量限定
hope ブラウス
with ERIKO YAMAGUCHI

【ERIKO YAMAGUCHI】
服やバッグ、ジュエリーなどを通じて、デザイナー・山口絵理子自身の世界観を表現するブランド。東洋的な「布をまとう」感覚と、「揺れ」や「弛み(たわみ)」といった天然素材が持つ独特の遊び感を大事にしながら、アジア各国の職人の技術と世界各地の素材を活かし、天然素材の新しい可能性を引き出しています。

photo:砺波周平(2、3枚目)


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
今から初夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
人気のリネンハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!連休のお出かけにもおすすめですよ。

【数量限定】hopeと名付けた真っ白なブラウス
ERIKO YAMAGUCHIと当店がコラボしたブラウス。ご好評につき、Mサイズのみとなりました。

【動画】わたしの朝習慣
台所仕事が目覚まし代わりに。朝のうちに、1日分の食事の下ごしらえを済ませておくこと

FASHIONカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像