不定期連載|北欧てくてく旅日記 その16:フィンランド編4 ミュールマキ教会とアアルト巡り2

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

フィンランドの旅も後半へ。
本日も、ずっと行ってみたかった
あの場所この場所へ参ります!

あ〜わくわく。気合いを入れて、
朝早くから電車に乗って行きます。

幻想的なミュールマキ教会

DSC_0153

中央駅から15分ほど電車に揺られ、
Louhela駅で下りて向かったのは教会です。
ここは音楽家でもある建築家
“ユハ・レイヴィスカ”の設計。

この日は曇り空で、さらに駅に着いた途端
ものすごい霧に覆われていて
教会の外観も幻想的。

教会の神父さんに声をかけ、
中へ入れていただくと…
さらに幻想的な空間が広がっていました。

DSC_0162

真っ白い壁と天井、
パイプオルガンや椅子類。
無数に吊られた照明からもれる光が
ふわーっと教会全体に広がります。

DSC_0174

祭壇の方を見ると
エメラルドグリーンの布が掛けられ、
後ろの壁にも天井から優しい色合いの
ファブリックが吊るされていました。

このカラーが本当に柔らかくて
美しかったです。

ぼんやりと座っていると、
パイプオルガンの練習が始まり
一層幻想的に。

DSC_0185

入り口近くには、
アアルトの椅子が並びます。

こんな風に、フィンランド中の
教会や施設・デパートや
お店の片隅などにアアルトの家具は
さりげなく溶け込んでいました。

DSC_0187

次は、
そんなアアルトのアトリエへ
向かいます!

 

アアルトの、アトリエ。

DSC_0207

ヘルシンキ中心街からトラムに
乗って終点へ。
着いた先は閑静な住宅街。

アアルトははじめ自宅で設計の
作業をしていたようですが、
手狭になり自宅から数百メートル
離れたこの場所にアトリエを構えたそう。

中庭を囲むように建てられた
建物は、夏の間はほぼ毎日
見学ツアーが組まれていて、
開始時間に合わせて向かいました。

DSC_0200

現在このアトリエは
アアルト財団の事務所として
利用されているようです。

こちらは製図室。
は〜。なんて気持ちが良いのでしょうか。
理想的すぎるオフィスです。

窓からはさんさんと自然光が
差し込みます。ちょっと暗くなった
様子も気になりますね。

机や椅子は木でできているので、
ファイルやパソコン類がたくさん
置かれていても、冷たい印象がありません。

DSC_0230

DSC_0210

ペーパー類の収納も、
なんだかかっこいいのです。

DSC_0231

こちらは奥にあった倉庫。
たっくさんの図面が収納されていました。

DSC_0212

こちらはアトリエスペースです。
大きな模型やアアルトデザインの椅子、
照明が並んでいました。

中庭を囲むようにぐるりと
カーブを描いた窓があり、
そこから光がたっぷり注ぎます。

DSC_0223

DSC_0220

入って正面の壁面には蔦が這って、
曲げ木のサンプルがぺたり。
外の緑に繋がっていくよう。

DSC_0225

ここでアアルトをはじめとする
スタッフたちが色々な意見を
交わしながら建物をつくり上げ
られていった様子を思い浮かべると
なんだか胸がいっぱいになりました。

今もこうして建物が残され、
新しい使われ方をしながらも
たくさんの人が
その様子を見に来られること。
そしてそれぞれに胸をいっぱいにして
希望を見つけられること。それって
なんて素敵な事だろう、 と
アトリエを後にしながら
じわじわと感動していました。

この日のお昼は住宅街を彷徨っている
ときに偶然見つけた、
サラダが自慢というカフェ。
ということで迷わずサラダとキッシュを
オーダー!たっぷりかかった
ドレッシングが美味しかった〜。

DSC_0234

家族で経営されているようで、
店内もアットホームな雰囲気。
常連さんが多く居心地が良かったです。

DSC_0235

 

アアルトの自邸へ。

ヘルシンキへ転居したアアルトが
1937年に建てた住宅がこちらです。
私たちが行った夏の間は、アトリエと
同じようにほぼ毎日ガイドツアーが
組まれていたので、スタートの
時間に合わせて向かいました。

DSC_0314

アトリエと同じく、豊かな中庭がある自邸。
家の中は世界中の国からやってきたような
色々な素材の道具やちょっぴり
オリエンタルな雰囲気の家具、
友人のデザイナーから贈られたという
照明などが気持ちよく調和していました。

DSC_0239

カゴに入っているのは
ホオズキでしょうか。

DSC_0285

特に窓辺が、気持ちいいんです。
絵や家具の置き方も
とても参考になります。

DSC_0270

大好きな雰囲気の窓辺。

DSC_0273

棚の上には、不思議な
オブジェや小物もたくさん。

DSC_0268

DSC_0262

DSC_0308

2階にも自然光が
ぐんぐんと入ります。

DSC_0245

こちらは1階のスタジオスペース。
抜けた天井が気持ちよく、
窓の全てから外の緑を
眺めることが出来ます。

DSC_0300

暖炉の脇の階段を数段のぼると、
小さな倉庫があります。
ここにはなんと隠し扉があり、
こっそりルーフテラスに出られる
のだとか。
アアルトさん、お茶目です。笑

DSC_0292

暖炉の上にざらざらと置かれた
美しい貝殻や石。

DSC_0305

妻エリッサとアアルトの写真も
飾られていました。すてきです。

DSC_0267

翌日はフィンランド最終日。
現代美術館、そして海の近くの
市場へ向かいました。


INDEX

第1話(9月26日)
北欧へ行ってきました!準備〜出発編

第2話(10月2日)
デンマーク編1 街並みと教会までの小道

第3話(10月9日)
デンマーク編2 グルントヴィークス教会と街歩き

第4話(10月23日)
デンマーク編3 あこがれのルイジアナ美術館

第5話(11月12日)
デンマーク編4 チボリ公園〜おいしい街並み

第6話(11月28日)
デンマーク編最終日・マーケットへ!

第7話(12月16日)
スウェーデン編1 ストックホルムにやってきた!

第8話(12月19日)
スウェーデン編2 グスタフスベリとストックホルム市立図書館

第9話(12月26日)
スウェーデン編3 ヴァーサ号とローゼンダール

第10話(1月23日)
スウェーデン編4 ガムラ・スタン散歩

 

 


本日の編集部recommends!

日々の料理道具
平日のご飯づくりをラクに。今の自分にあったモノ選びって? [SPONSORED]

本日の再入荷
1年中活躍する±0のサーキュレーターや、サイズ調整自由なレザーベルトなど多数再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

TRIPカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像