トーストの焼き上がりのカリカリ感をたもつ、2つの道具。

店長 佐藤

927432_1525194014382538_2027665406_n

焼きたてのトーストのカリカリ感を
ジャムを塗っていただくその時まで保ちたい!
そんなふうに思ったことありませんか?

焼きたてのトーストをすぐにお皿にのせると
蒸気によってトーストの裏側から
徐々にしっとりしてきちゃうので。。。

既にこだわりの方法を実行されてる方も
沢山いらっしゃると思うのですが
遅ればせながらそんな願いに目覚めて
わたしが最近揃えた2つの道具のことを
今日のダイアリーに書いてみたいと思います。

深澤直人氏デザインのトーストスタンド

10665473_705299729539972_163921850_n

プラスマイナスゼロというブランドの
シンプルなワイヤーでできた
トーストスタンドは、
あの深澤直人氏のデザインです。

これを見つけたとき、
即ポチッとしました。

というのも、
当店がまだ北欧のヴィンテージを
扱っていた頃、
よく現地で買い付けてきた
こんな姿のトーストスタンドを
ご紹介していたんですね。

14682461

「トーストスタンド」って
もう、なんて夢がある道具なの♪と
鼻を膨らませて買い付けしてましたっけ。

でも現地だとクネッケと呼ばれる
かたくてうすいパンのようなものを
立てて使われることも多いとのことで、
日本の規格の食パン(6枚切りなど)だと
厚みがオーバー・・・
という難点がありました。

なので、現行品で、
しかも、わりとリーズナブルで、
日本の規格の食パンに合うデザインの
このスタンドを見つけたときは
素直に「やったー!」です(笑)

焼き上がったトーストを
このスタンドに立てて食卓に運ぶと
あら、いつもとなんだか違った景色で
ちょっぴり非日常。

そして肝心の気になる「カリカリ感」。
バターやジャムを塗っていただく時まで
かなりのカリカリ感が維持されてます。

ナイフでジャムやバターを塗るときの
「ザッザッ」というパンが削れるような
いい音が聴けるのが嬉しい。

冷えてしまっても、カリカリはそのままに、
なかなかおいしいです。

 

トチの木のパン皿

10707057_1562521283976021_540680295_n

このトチの木のパン皿は
当店でもお馴染みの箸置きなどと同じ
CLASKAというショップのもの。

ある方から
「トーストのカリカリ感を
保ちたいなら、木のパン皿がいいよ」
と勧められたのがきっかけです。

木のお皿だと
トーストの余熱や水蒸気を
木がある程度吸収してくれるらしく
トーストのカリカリ感維持に
一役買ってくれるとのこと。

陶磁器のお皿よりは
たしかにカリカリ感保たれる気がします。
トーストスタンドのパワーには
少しばかり劣る気もしますが
木製のトースト皿はこれからも
もっともっと試してみたいです。

当店でもいつか作ってみたいな、
扱ってみたいな。(思わせぶり)

 

おまけ
当店のパンライフを楽しくする道具3選

67707177_o3

ウッドペッカー 銀杏の木のまな板

当店では今のところ
木のお皿の取扱いはないのですが
木製のカッティングボードも
同じ効果があるんじゃないかと
思います。

当店のスタッフにも
このカッティングボードを
愛用している者がいるのですが
このボードの滑らかな質感に
相当ほれ込んでるみたいです。

 

71494510_o3

レコノム バターナイフ

わたしが今、パンにまつわる道具で
次に一番欲しいといったらコレです。

ぺティナイフはイエローのを
既に持っているので、
次はバターナイフで大人っぽい
トープを買おうかなあ。

ジャムやバターをカリッカリのパンに
「ガッガッ」と塗るのも
もっともっと楽しくなりそう♪

 

rigteibread_w_01

リグティグ ブレッドボックス

こちらはもう数年わたしも愛用してます!

トーストの「カリカリ感」を保つ話とは
真逆の話になりますが、
焼く前までは湿度の管理も大切な課題。

一度封を切ったパンが
乾燥してしまわないように大事に大事に。

見た目にもスマートデザインなので
キッチンの棚に置いたときの佇まいも
なかなかよくって
お客様からも頻繁に喜びのお声をいただく
アイテムのひとつです。

 

でも、ワクワクできるのが一番だと思う。

10654976_291680787698654_425237789_n

さんざんここまで書いてきて
言うのもなんですが、
色々試してみて思うことは
「やっぱりワクワクできるのが一番!」
ということでもあります。

もちろん、道具にこだわれば
それだけいい味わいを楽しめるのも
事実かもしれないけれど、
「大好きなお皿で大好きなトーストを食べる」
これにまさるワクワクはないかもとも
思います。

そんなわけで、わたし自身も
・カリカリ感重視の日
・気分が大事の日
といった感じで、気分が大事の日は
お気に入りのヴィンテージのお皿などで
トースト食べたりもしています。

おいしいも大事。
でも、たのしいのも大事!
ですよね!

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像