【特集|その働きかたが知りたい。vol.3】第3話:「モヤモヤ」がなにかに繋がるとき

編集スタッフ 津田 編集スタッフ 津田

hatarakikata_nakamura_13(聞き手・文:スタッフ津田)

特集「その『働きかた』が知りたい。-日本仕事百貨 代表・ナカムラケンタさん編-」を、全3話の連載でお届けしています。

最終話となる第3話では、ナカムラさんにとって「正直でいられる場所」だった日本仕事百貨が、私やほかの誰かにとっても大切な場所となってきた、そのつながりについても、すこしお話をしたいと思います。

 

そこが、だれかにとっても「正直でいられる場」になる。

hatarakikata_nakamura_21↑小屋BOOKS。インタビュー場所のリトルトーキョー内にある2坪の「働き方の総合書店」

日本仕事百貨の記事を読んでいると、ごく自然に、その仕事をしている自分の姿をイメージできたり、ここで働いたらきっと楽しいだろうな!ってワクワクすることがあります。

別に転職をしようと思っているワケでもないのですが、そういう風に自分の働きかたを自由にイメージできるときって、すごくリラックスした気分を味わえるんですね。

自分が好きだと思うものに正直になれる場所って、とても居心地がいいものです。

いまクラシコムには、日本仕事百貨の求人記事を読んだことがきっかけで入社したスタッフが3人います。

実際に転職してしまったほどですから、きっと彼らにとっても日本仕事百貨は、自分がどう働きたいかに正直に向き合えた場所なんだと思います。

hatarakikata_3shot

ナカムラさんが、自分の思いに正直にありたいと願いながら、働く風景を伝えてきた場所。

その日本仕事百貨という場は、もしかすると今、ほかの誰かにとっても、まるで仕事の帰り道につい立ち寄ってしまうカフェやバーのように、ふと訪れたくなる居心地のいい場になっているのかもしれません。

 

ナカムラさん、今の働きかたってどうですか?

hatarakikata_nakamura_11

最後に、今の働きかたについてどう思っていらっしゃるか、ナカムラさんに尋ねてみました。

ナカムラ:
「やっぱり、自分に正直にありたいなって思います。

これまで色々な働きかたを取材してきたんですけど、ひとつひとつ本当に興味深くて。

影響を受けなかった、ということは、たぶん一度もないんじゃないかな。むしろ、影響受けまくってます(笑)。

そんななか今も印象に残っているものって何だろうって思い出してみると、沖縄でギター一本でプロの流しとして生きている人だったり、マニュアルがなくても不思議と居心地のいい空間をスタッフ全員で作りだしているカフェだったり。

共通していることは、自分の頭でよく考えて、自分の思いに正直に生きている人たちでした。

やっぱり僕も、そんなふうに、自分に正直にありたいなって思います。

それって、ひとつずつ考えて試してみてという地道な繰り返しだし、なかなか意識しつづけることって難しいとも思うけど、日々の働くなかで頭の片隅に置いておきたいですね」

hatarakikata_nakamura_9

ナカムラ:
「仕事でこういうことをやりたい、というのは、実はあんまりなくて。

本当に、ご縁とタイミングだと思っているので、自然なつながりで広がればいいなぁと思っています。

未来や過去にとらわれすぎず、今を大切にできたらいいですね」

 

自分に正直であること。そして、今を大切にすること。

それは、ナカムラさんの働きかたであり、生きかたでもあり、そして日本仕事百貨のサイトづくりでも大切にされていることのように感じました。

 

モヤモヤも、きっとなにかに繋がるはず。

hatarakikata_nakamura_17

日本仕事百貨の代表・ナカムラケンタさんに、働きかたについてお話を伺ってきました。

インタビューを通じて少しずつ見えてきた、ナカムラさんの自分と深く向き合って考える習慣と、その思いに正直でいらっしゃる自然体な姿が、とても印象的でした。

働きかたや生きかたについてモヤモヤとすることって、きっと誰しも一度くらいはあるのではないでしょうか。

わたし自身も転職する前、言葉にうまくできない思いを抱えていましたし、今もどこかで「自分らしい働きかたって何だろう」と模索しているような気がします。

でも、もしかすると「モヤモヤする」というのも、そんなに悪いことではないのかもしれない。

取材を終えた帰り道、そんな考えが、私のなかに小さく芽生えていました。

hatarakikata_nakamura_4

日本仕事百貨が、ナカムラさんだけでなく他の誰かにとっても「自分に正直でいられる場」であり続けてきたのは、ナカムラさんが自分のモヤモヤを見過ごさずにしっかり向き合ってきたという背景があったからこそでした。

悩んだり迷ったりするときって、たぶん自分のちょっとした変化を、敏感に捉えられる時期なんだと思います。

だったら、とことん自分と向き合ってみるのもいいんじゃないかな。それがなにかに繋がることも、きっとあるはず。

ナカムラさんのお話を伺って、そんな風にそっと背中を押してもらえたような思いを、ストンと受け止めている私がいました。

 

***************

以上、特集「その『働きかた』が知りたい。vol.3」をお届けしました。

この特集が、読んでくださった方にとっても勇気や希望の小さな種になれば、とてもうれしく思います。

それでは、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

 

nakamura_profile3_201505

 

もくじ

第1話(5月26日)
日本仕事百貨 代表・ナカムラケンタさんに聞く、「あの頃のモヤモヤ」

第2話(5月27日)
自分に正直でいられる場をつくりたい

第3話(5月28日)
「モヤモヤ」がなにかに繋がるとき


本日の編集部recommends!

これからの洗剤選び
一番よく着る服が、一番きれいにしたい服。 [SPONSORED]

本日の再入荷
マリメッコのミニトートが再入荷!炊飯用土鍋やすり鉢などキッチンアイテムも入荷中です!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

WORKカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像