【自分へのご褒美】第2話:10代の頃に知ったALDEN(オールデン)の革靴、今なら履けると思った。

編集スタッフ 田中

gohoubi_top_aoki文・写真 スタッフ田中

自分へのご褒美エピソード、今回は代表・青木編です。雑誌などで10代の頃に知ったというALDEN(オールデン)の革靴を持ってきてくれました。購入したのは3、4年前。過去から現在、身につけるものの意識の変化があったことを思い返していましたよ。

 

 

「憧れつづけた、ALDEN(オールデン)の革靴」

代表・青木編

gohoubi_aoki_001

購入のきっかけは、スタッフの結婚式。冠婚葬祭にもあうような「ちゃんとした靴、用意しなくては!」と探しました。

10代の頃からファッション誌で目にしていたALDEN(オールデン)の靴は、当時はとても買えなかった価格のもの。

こういった定番ものはきっかけや理由がないと、僕の場合なかなか手が伸びなくて、ずっと雑誌などで見ていたけど結局買ったのは30代後半でした。

そのときは「うん、今なら履ける」と素直に感じたし、結婚式に履くという理由もちゃんとあって、実はご褒美というよりは必然にせまられた買い物でもあったんです。

 

自分を自分以上にも、以下にも見せないモノを身につける。

gohoubi_icatch_aoki_1 ALDEN(オールデン)プレーントゥ

40代に入ったいま、身に付けるもので背伸びしたり、より立派に見えることを期待したりするのには気恥ずかしさがあります。若い頃は、自分をどう見せるか?ということがやっぱり大事で、そういう視点で服や靴などをどこか鎧のようにしていたのかなと。

いまは、自分を自分以上にも、以下にも見せない、居心地のよさを考えて身につけるものを選んでいる気がします。

それと今更ですが(笑)「気に入っているものを身につけたときの安心感」って大事だったんだと発見しました。仕事上、外部の方とお会いする機会が多いけれど、そういう予定がなくたって、自分の気にいっている服や靴を身につけている日は、快適で安心感があります。1日中デスクにいる日も着心地がいいことは、心と体にもいいことだとわかってきました。

必然にせまられての購入だったとはいえ、ALDENの靴は、派手さはないけれど、やはり履き心地がよくて、足に負担がかからない。自分を自分以上にも、以下にも見せない、本当の意味での「居心地のよさ」というご褒美が得られたなと思っています。

 


 

代表・青木編をお届けしました。 身につけるものは、どう見られているか、どう見せようかという視点で選ぶことはずっと変わらないことなのかもしれません。

青木の話を聞いて、もしかしたら年齢とともに自分と周りに対する捉え方の比重が変わってくるのかも、と思いました。次回はスタッフ津田の自分へのご褒美をお届けします。

 

もくじ


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像