【インテリア特集】第5話:お気に入りのうつわと、マネしたい飾り方まとめ

編集スタッフ 二本柳 編集スタッフ 二本柳

interior_yoshiichihiro__DSC5388写真 松元絵里子

イラストレーター・よしいちひろさんのお宅を訪ねました

 
都心から電車で約1時間。緑の多いおだやかな街に暮らす、イラストレーター・よしいちひろさんのご自宅インテリアを紹介する特集(不定期更新)をお送りしています。

よしいさんは、ご主人と1歳半の息子さん、愛犬おいも君の「3人と1匹」暮らし。

一軒家の間取りは1階が寝室とワークスペース、2階にリビングやキッチンと水回りがあり、3階はゲストルームとバルコニーになっています。

第5話では、お気に入りの器や、これまでご紹介してきた「飾り方」のまとめをご紹介したいと思います。

(※登場するアイテムは、全て私物です。過去に購入したものを紹介しているので、現在手に入らないものもございます。どうぞご理解、ご了承いただけると幸いです)

 


第5話
お気に入りのうつわ


 

(1)北欧×有田焼のカップ&ソーサー

interior_yoshiichihiro__DSC5367

手に取るのがたのしくなりそうな、華やかな色合いのカップ&ソーサーは「1616/arita japan」のもの。

伝統的な有田焼の技術に、モダンな北欧風のデザインをかけあわせて作られています。

よしいさんは、全体的に白い印象のお家に引っ越してきてから、こういった淡いパステルカラーを集めるようになったのだそうです。

 

(2)子供のための木製食器

interior_yoshiichihiro__DSC5377コップ・お皿:「高橋工芸」、茶碗:「オケクラフト」、スプーン:「OXO」

軽くて触り心地の良い「木」のうつわは、1歳半の息子用。落としても割れにくく、安心して持たせることができるので重宝しているそう。

でも、そろそろ「落とすと割れる」ということを覚えてもらうためにも、陶器のうつわを使わせようと思っているとのことでした。

 

(3)キッチンクロスみたいなお皿

interior_yoshiichihiro__DSC5368

デンマークの「normann(ノーマン)」から出ている、「Mormor(モーモー)」シリーズはデンマーク語で “おばあちゃん” の意味。

その名のとおり、どこか懐かしくかわいらしいお皿がよしいさんお気に入りの1枚です。ブルーのラインが愛らしいデザインは、キッチンクロスをイメージして描かれているのだとか。

「本当はバターを切るためのボードらしいのですが、お菓子をのせたり、お皿として愛用していますよ」(よしいさん)

 


<おまけ>
マネしたい「飾り方」のおさらい


 

使わない花瓶はまとめてオブジェに

interior_yoshiichihiro__DSC5422女の子の置物:「LET ‘EM IN」、青い猫の瓶:ワインの空きボトル

つい手に取りたくなるような、魅力的なデザインの多い「花瓶」はよしいさんも集めてしまうもののうちのひとつ。

とはいえ毎日出番のあるものではないので、ふだんは収納してしまう方も多いかもしれません。

でもこうして複数を集めて並べると、それだけでオブジェのようになっていましたよ。

 

マスキングテープで描く壁の模様

interior_yoshiichihiro__DSC5258

よしいさんのご自宅の壁を彩っていたのは、マスキングテープで描かれた様々な模様です。

階段は「木の年輪」を、リビングには「森」を、寝室には「山」を……それぞれの場所にテーマを決めてデザインされていました。

気軽に貼ったり剥がしたりできるマスキングテープなら、お誕生日会などのちょっとしたイベントの時にも取り入れられそう。子供部屋のデコレーションにも良いかもしれませんね。

 

かわいい包装紙は「絵」のように

interior_yoshiichihiro__DSC5310

包み紙がかわいくて、捨てるにも忍びないと思ったことはありませんか?

箱は取っておく場合もありますが、包み紙はどう活用したら分からずに捨ててしまうことが多いかと思います。

でもよしいさんは、そんな紙も「絵」を飾るのと同じように壁へ貼り付けて、それがとってもオシャレでした。

数枚重ねてコラージュのように飾るのも素敵。これなら簡単に取り入れられそうですよね。

 

パケ買いの空き箱は、大小いろいろ積み重ねる

interior_yoshiichihiro__DSC5302

これもまた、使い道に迷うけれど集めたくなる「空き箱」。

ある程度大きさのあるものは書類入れにしたり、名刺入れにしたりと使い道がありますが、チョコレートのように小ぶりな箱となるとなかなか難しいですよね。

そんな小さな空き箱は、窓辺にトントンと積み重ねて。

色合いや柄のミックス具合がかわいらしく、窓辺に重ねればインテリアの一部になっていました。

 

思い出の断片は、小皿にまとめる

interior_yoshiichihiro__DSC5341

よしいさんは、友人からもらった花束がきれいにドライになったものや、散歩の途中に拾った木の実など、思い出の断片を窓辺にディスプレイしていました。

それだけ単体で見ると飾るのが難しいようなものも、小皿にまとめて並べると素敵な雑貨に様変わりです。

interior_yoshiichihiro__DSC5399

interior_yoshiichihiro__DSC5405

イラストレーター・よしいちひろさんのインテリアを全5話でお届けしました。

旅好き、雑貨好きなよしいさんが一期一会で集めてきたお気に入りの雑貨や家具、うつわなど。全体としては白がベースとなったシンプルなお家のなかで、そうした「お気に入り」が気持ちよく調和していましたね。

イラストの仕事や子育てで忙しいなか、そんな慌ただしさをまったく感じさせない柔らかな印象のよしいさん。「好き」を集めた楽しげなお家が、そんな優しい笑顔を引き出しているのかもしれません。

それでは、次回のインテリア特集もどうぞお楽しみに。

(おわり)


第1話(4月4日)
北欧×パステルの、居心地の良いリビングルーム(よしいちひろさん)

第2話(4月18日)
「IKEA」のカーテンで作る、天蓋付きのベッドルーム(よしいちひろさん)

第3話(5月2日)
食器も家具も「1個買い」が基本♪ミックスを楽しむインテリア

第4話(5月9日)
プチDIYの仕事場と、「ひとり時間」のためのゲストルーム

第5話(5月23日)
お気に入りのうつわと、マネしたい飾り方まとめ


 

こちらも合わせてご覧ください

▽オルネ ド フォイユ 谷さんのインテリアtani_interior_tokushuichiran

▽エッセイスト柳沢小実さんのインテリアinterior_yanagisawa_tokushuichiran

 
profile_futura_lineblack
1604_shinseikatsu_yoshiichihiro

よしいちひろ

1979年兵庫県生まれ。おしゃれやお買い物、おとぎ話へのあこがれなど、ガーリーでロマンティックな世界観が人気なイラストレーターで、書籍や広告など幅広いジャンルで活躍している。著書に『思いを伝える!かわいいイラストBOOK』(PIEBOOKS)。

 


本日の編集部recommends!

【SPONSORED】BRAND NOTE >>
ママのひとり時間も充実!子育てに新しい楽しみが加わりました。

最新の再入荷はこちら >>
大きなバスタオルも楽に干せる人気のハンガーが再入荷しました!

在庫限り!限定アイテムはこちら >>
グリーンを気軽に楽しむプラントハンガーがお求めやすくなっています♪

公式LINE@はじめました >>
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪

INTERIORカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • 食器の画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • インテリア雑貨の画像
  • ファッションの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像