【リネンと暮らす】第1話:10年後でも素敵。リネンが心地いい季節になりました。

編集スタッフ 二本柳 編集スタッフ 二本柳

honban_linen__C1A0845-2写真 木村文平

じゃぶじゃぶ洗って、すぐ乾く。

はじめはパキッと気持ちよく、使うごとにやわらかい。洗いざらしはやさしく、アイロンをかければきりりとかっこいい。

そんなリネンは私たちスタッフも大好きな素材です。

特に夏に向けてまっしぐら!な今の季節には、見た目も涼やかなリネンが大活躍。

そこで今回、私たちの暮らしに欠かせないリネンの特集を全3回にわたってお届けすることになりました。

 


第1話
どうしてリネンが好きなんだろう?


 
honban_linen__C1A0693

私も普段からリネンを愛用するひとり。

もっぱら “ナチュラル” や “優しい風合い” といったテイストに魅力を感じて、インテリアへ取り入れてきました。

でも一方で、そんなナチュラルな風合いを生かしながらも、さらにシックで大人色のカラーやデザインを積極的に取り入れているお店がありました。

「LINEN&DECOR」の菊川博子さん宅を訪れます!

honban_linen__C1A0788

そのお店とは、東京・二子玉川のマンションにショップ兼サロンを構える「LINEN&DECOR」。

今回訪れたのは、その店主 菊川博子(きくかわ ひろこ)さんのご自宅です。

「LINEN&DECOR」のリネン使いはとても爽やかで、そしてなんだか新しい。

初めて見るリネンの表情に思わずキュン!と、ときめいてしまったほどです。

夏支度に向けてインテリア熱も高まるこの時期。お部屋の模様替えに、今までにない新たなリネン使いのヒントを得られるのでは?と取材へ行ってきました♪

honban_linen__C1A0821

菊川さんは、20代の半ばから約8年、イタリアの家具ブランド「CASSINA IXC.(カッシーナ・イクスシー)」でスーパーバイザーとして働いた経験の持ち主です。その間には大量の洋書を研究したり海外のホテルに泊まってみたり、仕事では100軒以上の家を見るなどインプットを積み重ねて来たそう。

そしてある時、「カトリーヌ・メミ」のリネンに出合い、一目惚れ。

honban_linen__C1A0807

菊川さん:
「リネンの程よい光沢感は、他の素材にはない味でした。

コットンよりも大人っぽいけれど、シルクほどは大袈裟じゃない。“控えめな上質感” といったらいいのかな?そこが素敵で。

でも当時はまだ若く、リネンは私にとって贅沢品でした。だからまずは、パジャマやピロケースなどの小さなところから親しみ始めたんです」

第1話では、そんな菊川さんがリネンに一目惚れし、今も魅了され続ける理由を教えてもらいました。

 

10年たっても素敵なんです。

honban_linen__C1A0742

linen_kikukawa_1
「リネンって本当に丈夫。たとえばこれは10年くらい愛用しているものなんです」

linen_niho_1
「10年!でもなんというか、全然古く見えないです」

honban_linen__C1A0930

linen_kikukawa_1
「そうなんです。全然 “使い古した” という感じにならないのがリネンの良さなんです。洗うごとに色がだんだん明るくなってくるのですが、それがまた風合いになって」

linen_niho_1
「触り心地も柔らかいですね〜」

linen_kikukawa_1
「素材の性質上、ずっと使っていると裂けてくることはありますが、そうでもない限りは永く使い続けることができる。おろしたてのパリッとした状態も良いですが、歳月を経ることで得られるやさしい手触りも愛着がわきますよね」

honban_linen__C1A0846

 

過剰なデザインはいらない!

linen_kikukawa_1
「それからリネンの奥深いところは、生地そのものがデザインになるところなんです。糸の太さや織り方によって表情がまったく違くなるので。

たとえばこれはラフに空気を入れて織っていますよね」

honban_linen__C1A0804

linen_niho_1
「わ〜本当ですね!外の光を通してくれるからリビングの窓にぴったり」

linen_kikukawa_1
「天然素材ならではの糸の太さ違いが、空間に和らぎをあたえてくれるんですよ」

honban_linen__C1A0855

linen_kikukawa_1
「一方、こっちはもっとしっかりと重め。遮光カーテンのようにして、我が家ではベッドルームで愛用しています」

linen_niho_1
「遮光カーテンって必要だけどなかなか家の雰囲気にフィットするものが見つからないんですよね。私もこうすれば良かったんだ」

kari_linendecor__C1A0853右側のカーテンが太番手でしっかり織られたリネン。

linen_niho_1
「こちらのハンカチもまた素敵ですね」

linen_kikukawa_1
「これは縦糸と横糸の色を変えて組み合わせているもので。さりげないけれど、そこがまたオシャレですよね。

こんなふうに糸の組み合せ自体がデザインになっているからこそ、リネンは飽きないんです。次回えらぶ際はこんな部分にも注目してみると面白いかもしれませんよ」

honban_linen__C1A0686-2

「LINEN&DECOR」店主の菊川博子さんに、リネンの魅力を教えていただきました。

永く使うごとに変わっていく質感。
織り方そのものがデザインになる多様性。

そんなリネンを、菊川さんはご自宅のあらゆるところで使っていました。

2話目では、上質で洗練された大人テイストの印象で生かす方法を「インテリア×リネン」をテーマにお聞きしました。

(つづく)


もくじ

第1話(6月27日)
10年後でも素敵。リネンが心地いい季節になりました。

第2話(6月28日)
リビングにもキッチンにも♪リネンを取り入れた暮らしの風景

第3話(6月29日)
日常使いのリネン、毎日のお手入れについて。

profile_futura_lineblack
linendecor_profile_201606

菊川博子

「LINEN&DECOR」代表。暮らしの美しさを作る大人のためのホームリネンの他、ガラス・オブジェ、ラタン・ファニチャー、タッセルなど天然素材ならではのテクスチャーを大切にしたアイテムを幅広く展開する。お店のウェブサイト:http://www.linenanddecor.net/


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

Today’s selection
新しい暮らしにおすすめしたい、心がはずむアイテムを集めました。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像