【ふたりのチームワーク】パン屋「粉花」前編:モヤモヤの先に見つけた、自分の人生を生きるための仕事

ライター 鈴木雅矩

_99A7938

一人と一人が合わさると「ふたり」になります。「ふたり」は一番小さなチームの形です。

私たちは、おそらくひとりでは生きていけません。生きていけたとしてもそれは味気ないものかもしれない。

ときにはぶつかることもあるけれど、「この人が隣にいてくれてよかった」と思うこともたくさんあります。

この連載は様々な「ふたり」にお話を聞き、心地よい暮らしや仕事をつくるためのヒントをお届けします。

今回は、自家製酵母のパン屋「粉花(このはな)」を営むご姉妹、藤岡真由美(ふじおかまゆみ)さんと藤岡恵(ふじおかめぐみ)さんにご登場いただきました。

 

姉妹が地元・浅草で開いた、小さな小さなパン屋さん

_99A8030▲お姉さんの藤岡真由美さん(左)、妹の藤岡恵さん(右)

おふたりが営む「粉花」は、東京・浅草の浅草寺の裏手、住宅街にあります。

毎日観光客で賑わうエリアですが、お店がある観音裏と呼ばれる一角は地元の人が暮らす、とても静かな下町です。真由美さんと恵さんは、姉妹としてここで生まれ育ちました。

お店に入ると小麦と酵母の甘いにおいがふわり。奥にパン工房が見える10坪ほどの小さなお店には、アンティークの棚や机が並んでいました。

現在おふたりはここで、週4日お店を開いています。

_99A7956

棚に並ぶのは、ベーグルやカンパーニュなど、20種類ほどのパン。レーズンと水でつくる自家製酵母を使い、焼き上がった時のふんわり甘い香りが特徴です。

お邪魔したときはオープン直後で、真由美さんはベーグルの仕込みに、恵さんは接客に忙しそうでした。

 

直感的な姉と、冷静な妹。違う性格だから助け合える

_99A8480

お店の役割分担は、お姉さんの真由美さんがパンを焼き、妹の恵さんが接客担当。午後にはカフェスペースを開くこともあり、紅茶やコーヒーを淹れるのも恵さんの担当です。

恵さん:
「パンを焼くのは真由美さんの役割ですが、午前中は私もパンづくりを手伝います。

真由美さんが朝7時くらいからお店に来て仕込みをして、私がお客さんとお話しして。

パン屋って、朝早くから仕込んでお店を開けるので、体力的に大変なところもあります。でも、私たちは自分たちの出来る範囲で、力まずに休みながらやってきたから9年続けられたのかも」

_99A7967▲接客中の恵さん

そう話す恵さんがどのような人かを姉の真由美さんに聞くと、「すごく冷静で、ひとつのことにコツコツ集中して物事を進められる人。文化的で、好きな音楽や本は恵さんに教えてもらうことも多いんです」と紹介してくれました。

_99A7931▲ベーグルの仕込みをする真由美さん

一方の真由美さんは、恵さんいわく「私と違って、直感的で社交的。お休みのときは外に出たり、友達のお店に行くことも多いんです。ふわっとしているように見えて、わりと理詰めで動く、芯がしっかりした人」だと言います。

おふたりとも優しく、人に安心感を与える雰囲気をお持ちですが、その内面は直感的な姉と、冷静な妹。

だからこそ、お互いの足りないところを補い合って、仕事のなかで助け合っていけるのでしょう。

 

長女気質を手放そうと決心した、33歳の転機

_99A7976

おふたりのチームができあがるきっかけをつくったのは、「私、パン屋さんをやる」とご家族の前で話した真由美さんでした。

大きな決断のようにも思えますが、その背景には幼い頃から抱えていたモヤモヤがあったと言います。

真由美さん:
「私は長女気質と言いますか、小さな時から『しっかりしなくちゃ』と周りを気にしながら生きていました。

そのせいか自負心が強くなって、『私はもっとできるはず』と自分を責めることも多かった。

思うようにならない状況から、世の中を斜めに見たり。『一体私は、何を目的に生きているんだろう』と思ったり。

大人になって、結婚して、経済的にも安定していて、周りから見ると幸せな暮らしだったと思います。でも、常にしっくりこないなぁと感じていたんです。

ずっとぬるま湯に浸かっているような状態だったのですが、ある日ふと『もう周りの目を気にするのはやめよう。本気で生きよう』と決めました。それが33歳のときのことです」

真由美さんは、「そこに、大きなきっかけがあったわけではないんです」と言います。

コップに水滴をひと雫ずつ注いでいくと、ある時に溢れ出します。この心境の変化も、ずっと感じてきたモヤモヤが積もり積もって、溢れた結果なのかもしれません。

それから、真由美さんは少しずつ、これまでとは違う暮らし方や働き方を選んでいきます。誰かのためではなく、自分の人生を生きるために。

 

パンづくりは「好き」というより「自然と続けられること」

_99A8049

自分の心に素直になろうと決めた真由美さん。ご主人とは別々の道を歩むことを決めます。

真由美さん:
「自家製酵母のパンづくりを教えてくれたのは恵さんです。パンは結婚していた時から焼きはじめて、当時は時間があったので、ひとり黙々と作り続けてきました。

その当時実をいうと私はパン自体にはあまり興味がなくて、酵母と小麦が合わさって、ふくらんでいく工程を見るのがすごく好きなんですね。

水と粉の配合や、使う素材を変えることで香りや食感が変わるのが、理科の実験のように面白くて。今でもパンが焼けたら、割って匂いを確かめるのが楽しみです。

それが好きで、ずーっと焼いていたら、自分では焼いても食べきれなくて、それで親戚や友人にパンをあげることが多かったんです」

そんなある日、整体院の先生から「パン教室を開かない?」と声がかかりました。

真由美さん:
「最初は、無理無理!と思っていたんです。誰かからパン作りを学んだわけじゃないし、お断りしようと。でも先生に後押しされて教室を開いてみたら、すごく楽しくて。

生地を作ってオーブンに入れて、パンが焼き上がる。まだ湯気が立つそれを見た生徒さんが、目を輝かせて『すご〜い!』と喜んでくれました。

その時に『毎日パンをつくっていたい』と思ったんです」

ひとりで黙々と続けたパンづくりが、誰かに喜んでもらえる。そう気がついた真由美さんは、初めてパン教室を開いたその日の夜に「わたし、パン屋さんをやる!」とご家族に報告していたそうです。

 

「これじゃない」と思い続けた仕事を離れ、真由美さんとつくった粉花

_99A8503

そのときの恵さんの答えは「私も一緒にやる」でした。どのような気持ちで、その言葉を返したのでしょうか?

恵さん:
「私は7年間ドラッグストアで薬剤師を続けていたんですが、ずっと『これじゃない』と思い続けて別の道を模索していたんです。

『これじゃない』と思っていたのは、ドラッグストアで商品を販売することと、自分のイメージする『人々の健康』が結びつかなくなっていたから。

その違和感がずっと自分の中に溜まっていたんだと思います。

だから、真由美さんの話を聞いた時にそれっていいなと思って『私もやりたい』と手を挙げたんです」

その一方で「大学まで出て薬剤師になったのにもったいない」「なかなかなれない職業なのに」と自問自答をしました。

しかし、違和感を抱えたまま働き続けたくないという思いが強かったと、当時の決心を振り返ります。

お客さんと距離が近く、反響がすぐに見られるパン屋という仕事に惹かれたことも、真由美さんと共に粉花を開く理由になりました。

ふたりがお店を始めると決めてから、ことはトントン拍子で進みました。友人の紹介で物件が見つかり、知人の内装業者さんが手伝ってくれることが決まり、粉花ができあがります。

DSCF4526▲開店当初の粉花の店内。この頃はまだ物は少なかったといいます。

粉花はオープンしてから早いもので、もう9年目です。

姉妹ともに長らく「これでいいのかな?」と悩み続けた後に見つけた、人に喜んでもらい、自分も自然に続けていける、パン屋という役割。

おふたりとも、今の仕事ができていることがとても幸せだと言います。

後編では、お店を続けるための秘訣や、おふたりの関係性の変化についてお聞きします。

(つづく)

 

浅草 粉花
住所:台東区浅草3-25-6-1F
電話:03-3874-7302
営業時間:パンの販売は10:30から。売り切れ次第、終了することがあります。
定休日:日・月・火・祝

【写真】鈴木智哉

 

profile_futura_lineblack

16011konohana_profile_2

藤岡真由美、恵

浅草観音裏で小さなパン屋「粉花(このはな)」を営む。姉の真由美さんがパンを焼き、妹の恵さんが接客やコーヒーなどを担当。自家製でレーズンを使って酵母をおこし、北海道産の粉と合わせて焼いたパンは、地元の人をはじめ遠方から足を運ぶ人がいるほど愛される。http://asakusakonohana.com/index.html

 

160405suzuki_profile1

ライター 鈴木雅矩

1986年生まれ。日本大学芸術学部を卒業後、自転車日本一周やユーラシア大陸輪行旅行に出かける。帰国後はライター・編集者として活動中。自転車屋、BBQインストラクターの経歴があり、興味を持ったものには何でも首をつっこむ性分。おいしい料理とビールをこよなく愛す。

 


本日の編集部recommends!

【最新動画】ひとりごとエプロン第7話が公開スタート!
当店オリジナル料理ドラマの最新話は、掃除の合間にパパッとつくるお昼ごはん。

Buyer's selection|秋服が続々入荷中!
リラックス感のある着心地、なのにきちんと感のある当店自慢のトップスやボトムスが揃ってます!

今年も手帳キャンペーン実施中です!
今年のカラーはベージュ!ぜひこの機会にお買い物をお楽しみください♩

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像