【ノルウェー日記】33歳、はじめてのひとり旅。旅を終えて思うこと。

ライター 桒原さやか

norwaynikki170106ヘルシンキの中央駅に着いたばかりで、不安な気持ち満載の一枚。

 

海外はじめてのひとり旅。

いつかひとり旅をしてみたいなぁーと思いつつも、一人暮らしをしていた時は友人と旅行にいくことがほとんど。結婚してからは、夫婦で出かけることが当たり前になっていました。

それが先日、ひょんなきっかけでヘルシンキへ取材にいく機会ができ、取材がメインではありますが、突如「ひとり旅」が実現できることになったのです。(ヘルシンキの取材の様子、よかったらコチラからご覧ください)

はじめてのひとり旅。さらに行き先は外国……。

そんなわけで、出発前からかなりソワソワしていまして、ちょっとした冒険に出かけるような気持ちで出発したのでした。

 

こんな時だからこそ起きる、あんなこと。

2norwaynikki170106

ヘルシンキに着く前、オスロ空港で乗り換えをしていたときのこと。ふとスマートフォンの画面を見ると、画面が真っ暗になっているんです。

イヤな予感……。

焦りつつも、再起動してみたり、電源を落としてみたり。いろいろ試してみたものの直らず、なんの前ぶれもなくスマートフォンが壊れてしまったのです。

どうしよう!!

いつでもスマートフォンが使える安心感(困った時はグーグルマップで現在位置を確認できる、わからないことはインターネットですぐに検索できる)は、サササーッと消えていったのでした。

なんでこんな時に壊れるのー!と思ったのですが、よくよく考えてみたら、こんな時だからこそ起きるんですよねぇ。今までの人生を思い返しても、思い当たることがチラホラ。不安な気持ちはありつつも、これも旅の醍醐味だよね……?と、覚悟をきめました。

 

ひとり旅は街がちがって見えてくる?

3norwaynikki170106道を聞いたおねえさんが教えてくれたオススメのカフェ。居心地がよくておいしくて、お気に入りのお店になりました!

頼りにしていたスマートフォンは諦めて、いきたい場所の名前と住所をざっくりとメモ。わからなくなったら、誰かに聞こう!と決めました。

道に迷ったときに、おそるおそる現地の人に話しかけてみると、予想を超えてヘルシンキの人たちは親切!そしてフレンドリー! そのやさしさに何度もウルウル泣きそうになりました。

「その場所ならここから近くだから、いっしょに行こうか?」
「ヘルシンキならここのカフェがオススメだよ〜」
「どこから来たの? 日本は一度は行って見たい国なんだ!」

だんだん道を聞くのが楽しくなってきて、最後はノリノリで話しかけている自分がいました。笑

現地の人とたくさん話すと、街がまた違ったものに見えてくるものですね。ヘルシンキのことを思い出すと、現地で出会った人たちの顔が浮かびます。

 10norwaynikki170106行きたかったサウナまでいっしょに連れて行ってくれたおねえさん。記念にパチリ!

 

一人歩きは目にするものが、ジワジワ体に染み込みます。

8norwaynikki170106しばらく長居した本屋さん。本のデザインが素敵で眺めているだけで楽しいのです。

私が行った時期はクリスマス前だったこともあり、街にキラキラのイルミネーションが灯っていました。

「はぁーー、キレイ」思わずポツリとつぶやきます。

キョロキョロしながら歩いていると、目が合ったおじちゃんがニコっと笑いかけてくれたり。石畳の道に、古い建物がずらりと並ぶ風景に思わず立ちどまったり。

ひとりの旅は、どこかシーンと静かな時間が流れています。

誰かといっしょに「キレイだねぇ」「すごいねー」と、共有するのも楽しいけれど、自分ひとりで見てまわる街の景色は、カラダへの染み込み方がちょっとちがうようです。

6norwaynikki170106フィンランドのデザインミュージアム。背筋をピンと伸ばして、館内を歩きました。

 

今度またひとり旅してみたい?それとも……。

こんなに旅行先でたくさん話したのは、はじめてだったなぁ。感覚がピーンと研ぎ澄まされる感じが、とても気持ちよかった! ひとり旅がこれほど楽しいものだとは、今までは知りませんでした。

とは思いつつも、今度旅行に行くときは、誰かといっしょがいいかも……と思う自分もいるのです。

「車が動かなくなっちゃってさ、あの時はどうしようかと思ったよねぇ?」
「全然言葉が通じなくて、変なところまで行っちゃったよね〜」

こんな風に、旅先での出来事(特にハプニング)を思い出しては、家族や友人と何度も何度も同じ話をするのが、わたしの旅の楽しみでもあるからなんです。

というわけで、わたしの場合、家族や友人といっしょに出かけて、半日くらい「ひとりの時間をつくる」というのがちょうどいい具合なのかもしれませんね。そんな発見がありました。

みなさんは「ひとり旅」は好きですか?

 

profile_futura_lineblack

1606_kuwabara_profile2

ライター 桑原さやか

『北欧、暮らしの道具店』で、お客さま係として6年間働いていた元スタッフ。旅が好きで、冬の旅行で訪れたノルウェーの北極圏にある町、トロムソに一目惚れ。スウェーデン人の夫と共に、2016年6月より移住をはじめている。

norway_blog_1600617new

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像