【BRAND NOTE】後編:保存版!時短でかんたん「和食の朝ごはん」レシピ

編集スタッフ 塩川 編集スタッフ 塩川

1701_AHP_2_C1A0549

平日の朝は時間との戦い!だから準備が肝心

私たちに身近な台所用品を取り扱う、BRAND NOTE「旭化成ホームプロダクツ」編をお届けしています。

前編では料理家のフルタヨウコさんに、サランラップを使った「食材を美味しく保存する方法」を教わりました。

保存のコツをつかめば「段取り上手に一歩近づきますよ」とフルタさん。

そこで後編は

・サランラップ
・ジップロック
・クックパー フライパン用ホイル

こちらを使い、朝ごはんをもっと手軽にする時短テクを教わります。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

\ ストックを作ろう! /
時短が叶う「和食の朝ごはん」レシピ

1701_AHP_2_C1A0585▲朝ごはんの時短に活躍するアイテムです!

特にバタバタと忙しい朝、手軽だからといってパンで済ましがちですが、ちゃんと「和食の朝ごはんを食べたい」と感じることはありませんか?

一汁三菜までとはいかなくても、お味噌汁におにぎり、主菜のサケとお漬物があれば、日本人でよかった〜と思える充実の朝ごはんの完成です。

朝の時短を叶えるには、段取りが命!夕食の準備と一緒に、下ごしらえを済ませましょう。

どれも簡単で、時間はたったの5分ほど。常備菜として週に1〜2回まとめて準備してしまえば、気持ちも負担もラクになります。

 1701_AHP_icon_2_n00_v2

1701_AHP_icon_2_n01_v2朝はおにぎりがあれば、なんとかなる

1701_AHP_2_C1A0324-2

「朝は片手で食べられるので、おにぎりのほうが食べやすいんです」とフルタさんは話します。

ごはんの美味しさをキープするには、アツアツのうちにサランラップで包み、炊きたての水分や香りを保つことがポイント。粗熱が取れたらジップロックフリーザーバッグにいれて、冷凍保存しましょう。

 フルタさん:
「お茶碗にラップを敷いてから、ご飯をのせるとちょうどいい量に。サランラップは厚みがあるので、アツアツのご飯も握りやすいと感じています。

具は梅干しでも、以前ご紹介した『プロセスチーズとおかかの醤油和え』もおすすめ。食べるときにレンジで温めなおすことでチーズが溶け、より美味しくなりますよ」

 

1701_AHP_icon_2_n02自家製、味噌汁のもと

1701_AHP_2_C1A0436

手軽にお味噌汁を楽しむなら、味噌玉が便利です。1人前ずつ準備しておけば、朝はお椀にのせてお湯を注ぐだけ。

フルタさん:
「サランラップの上にワカメや油揚げなどの具をのせ、味噌大さじ1、顆粒出汁小さじ1/2を包みます。これで1人前が完成。お好みに合わせて、味噌や顆粒出汁の量を調整してください。

いれる具材にもよりますが、冷蔵庫で1週間ほど保存が可能です。さらに日持ちさせるなら、冷凍保存が便利!その場合は自然解凍してから、お湯を注いでくださいね」

 

1701_AHP_icon_2_n03ジップロック®で漬けて、寝かすだけ

1701_AHP_2_1_C1A0414

材料

・白菜、きゅうりなどの野菜 … お好みの量
・塩 … 野菜に対して2%の量
・しょうが … お好みの量

作りかた

[1] 食べやすい大きさに野菜をカットする。しょうがは皮をむき、千切りに。

[2] 野菜としょうがをジップロック スタンディングバッグにいれ、塩を加える。空気をいれたまま、ジッパーを閉めてふり混ぜる。そのあと、しんなりするまでバッグの上から揉む。

[3] 野菜がしんなりしたらジッパーを開け、空気をぬきながら再び閉める。

[4] 冷蔵庫に3時間以上いれて漬ける。1日〜2日目が食べごろ。食べるときは軽く水気をしぼり、器に盛りつける。

1701_AHP_2_C1A0469

さあ!これで下ごしらえはバッチリ。あとは前編で冷凍しておいたサケを、冷蔵庫に移し自然解凍しておきます。

明日の朝ごはんに期待をふくらませながら、ぐっすり眠ることができますね。

 

1701_AHP_icon_2_m00

1701_AHP_2_C1A0490

翌朝、冷凍庫からおにぎりを取り出すフルタさん。ごはんをレンジで温めている間に、サケを焼いていきましょう。

 

1701_AHP_icon_2_m01フライパンで魚を焼くなら、クックパー®が便利

1701_AHP_2_C1A0481

クックパー フライパン用ホイルを、フライパンの大きさに合わせてカット。敷いたら油いらずで、そのまま食材を焼くことができます。

サケは弱めの中火で5分〜8分ほど、ひっくり返しながら焼いていきます。身がくっつかないのでボロボロにならず、肉厚なサケだって、中はふっくら皮までパリッと焼くことができました。

魚から出る油などでフライパンを汚さず、においが移らないので片付けまで楽チンなんです。

1701_AHP_2_C1A0525

サケが焼けたらお皿にのせ、海苔を巻いたおにぎりと、浅漬けを盛ります。

 

1701_AHP_icon_2_m02味噌玉にお湯を注いで完成!

1701_AHP_2_C1A0545

お椀にサランラップをはずした味噌玉をいれ、沸騰したお湯を注ぎ軽く混ぜれば、朝ごはんの準備が整います。

フルタさん:
「お味噌汁は味見をしたときに、味が薄いと感じるときはお醤油を足し、濃い場合はお湯を足せばOKです」

前日に下準備をしたので、約10分ほどで支度ができました!

 

サランラップ®は「美味しい」を支えてくれる名脇役だった!

1701_AHP_2_C1A0594

シンプルで手軽ですが、食欲がグッとそそられる和食の朝ごはん。これなら、いい一日のスタートが切れそうです。

ひと口食べて、私が何より感動したのは、おにぎりの味でした。

サランラップで美味しさを閉じ込めて保存し、温め直したおにぎりは、まるで炊きたてのようにふっくら!

主婦になって5年、今まで何度もご飯を冷凍してきましたが、ご飯の美味しさにこんなにも違いを感じたのは初めてです。

フルタさんから教わったレシピすべてを用意できなくたって、おにぎりさえあれば十分だと思えるくらい、満足度の高いものでした。

1701_AHP_2_C1A0615

どこの家庭にも当たり前にある台所用品に、正直、大きな違いなんて無いと思っていたんです。

けれど改めて性能や使い心地の違いを知り、それは間違いだと気付きました。

高い調理器具を新たに迎えいれなくても、私たちに身近なアイテムを上手に使うだけで「美味しい」と「時短」が叶う。すると、終わりのない家事が少しだけご機嫌に変わります。

サランラップ・ジップロック・クックパーは、私たちの美味しいを支えてくれる、台所の名脇役なのかもしれません。

1701_AHP_2_C1A0565-2

(おわり)

※「サランラップ」「ジップロック」「クックパー」は旭化成ホームプロダクツ(株)の登録商標です。

\ 旭化成ホームプロダクツの保存・レシピ情報 /
旭化成1_0116

【写真】木村文平


 

もくじ

第1話(1月30日)
カレー風味の鶏ハムレシピも!サランラップ®で「美味しく保存」する方法って?

第2話(1月31日)
保存版!時短でかんたん「和食の朝ごはん」レシピ

profile_futura_lineblack

1701_AHP_1_profile_2
フルタヨウコ(料理家)

デザイン関係の企画編集、執筆、写真を手がける一方で、ケータリングを開始。オリジナルジャム制作の他に料理やイベント出店なども行う。現在はKURASHI&Trips JAM LABORATORYでのジャムプロデュースを務める。http://home-home.jp

brandnote_B_3

brandnote_A_3


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

Today’s selection
新しい暮らしにおすすめしたい、心がはずむアイテムを集めました。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像