【大人のメイク】第2話:まずはメイクの下準備。自分に似合うコスメ選びと、スキンケアのポイント

編集スタッフ 塩川

1703_otonanomake_koka0063 1

「大人のメイク」で大切なポイントは3つ

年相応のメイクって何だろう? 苦手ゆえにどこか遠い存在だった、メイクのこと。けれど「わからない」と諦めるのはもうやめたい。

そこで、数々の女優・タレントさんから指名を受ける、ヘア&メイクアップアーティストの岡野瑞恵(おかのたまえ)さんにお話を伺っています。

1話目でご紹介した、岡野さんが考える大人のメイクのポイントは3つ。

・まずは年齢を受け入れる
・微妙な質感の差にこだわる
・TPOに合わせて肌を着替える

本日ご紹介するのは、メイクの下準備についてです。岡野さんから、自分に合った「コスメ選びのポイント」と「スキンケアのコツ」を教わります。

 

失敗したくない!自分に合ったコスメを見つけるには?

1703_otonanomake_koka0341

「肌は人それぞれ。だからこそ試すことが大切です」と岡野さん。

コスメを選ぶときは手の甲で試しがちですが、やはり直接肌につけるのがベストだそう。

岡野さん:
「わたしが化粧品を買いに行くときは、あらかじめ試したいポイントのメイクを薄くし、そこにのせて丸一日過ごしてから、特性を見極めます。

ファンデーションでしたら、肌に合う合わない、カバー力はもちろんのこと『つけ始めはきれいだけど、時間が経つと崩れるな』と感じるものは、長時間の撮影には使いません。

色で悩んでいたり、似合っているか自信がないときは、普段の自分を知っている、友人と一緒に買いに行くと良いですよ。

販売員さんの提案を素直に聞くのも大切ですが、いつもの自分と遠ざかってしまうと、そのメイクは受け入れられないものになりますよね。

友人のアドバイスは意外と客観的で『なるほど!』と感じることが多いんです」

1703_otonanomake_koka0321

自分の「顔」だからと、ファッション以上に固執してしまいがちなコスメ選び。

ここ何年も友人と買い物にいくことはありませんでしたが、岡野さんの言葉を聞き、久しぶりに友人を誘ってメイク売り場に行きたくなりました。

 

素顔を生かすから、メイク直しは最小限でOK!

1703_2_koka0137

岡野さん:
「忙しいときは、メイク直しに時間を取られたくないですよね。

わたしのメイクは崩れにくい工夫や、素顔を生かした自然な仕上げを目指すので、たくさんのアイテムを持ち歩く必要がありません。

『いかにもメイクしたて!』の状態をずっと保つよりも、顔になじんだほうがその人らしさが出ると思うんです。

その日のスケジュールに合わせて選ぶアイテムは使い分けますが、基本的には時間が経つと崩れやすい、ポイントアイテム4つを持ち歩いています。

ミラー付きのアイテムをひとつ入れておくと、鏡を持ち運ぶ必要がなくなって便利ですよ。

メイク直しの道具はGIVENCHY(ジバンシィ)のレザーキーケースに、コンパクトにまとめています」

1703_otonanomake_koka0153▲基本のメイク直しは、リップクリーム(GIORGIO ARMANI)、スティックタイプのコンシーラー(Dior)、チーク&リップ(MiMC)、アイライナー(KATE)の4つ。

 

メイク前のスキンケアは、肌を観察して使い分ける

1703_otonanomake_koka0172

ここからは実践編。まず最初に、メイク前のスキンケアについて伺いました。

岡野さんが仕事用のメイクボックスに常に用意しているのは、資生堂の「dプログラム」シリーズ。

低刺激で肌に負担が少なく、肌が本来持っている力を呼び起こす効果があるので、ほとんどの肌質をカバーしてくれる頼もしい存在です。

はじめて担当する女優さんや肌が弱いかたに向けて、安心材料として常備しているのだとか。

岡野さん:
「メイク前のスキンケアは、つけすぎ注意。肌がしっとり潤う程度で十分です。乾燥するからといって、必要以上につけてしまうとメイクがよれる原因になります。

季節やその日のコンディションによって肌は変化するので、よく観察してください。

化粧水は肌が荒れているようなら手で優しく、体温で浸透させるイメージで。肌がゴワゴワして、老廃物がたまっているような印象があれば、コットンに切り替えましょう

たまにコットンを使うと肌が磨かれて、透明感が生まれますよ。使うときは化粧水をたっぷり含ませて、広い面を拭き取ったあとに、軽く抑えて潤いを閉じこめます」

1703_otonanomake_koka0184▲化粧水はリーズナブルなものでもOK。とにかくたっぷり含ませるのがポイントです。

岡野さん:
「肌の乾燥が気になる人は、化粧水のあとにオイルを含ませると、化粧水が蒸発しにくくなります。

その後の乳液は、手でピタッと密着するようにつけましょう」

経済的で楽ということもあり、わたしはいつも手で化粧水をつけていました。けれどなんかゴワゴワ、水分が浸透していないような印象があったんです。

岡野さんからも「水分が不足して、肌が硬くなってますよ」とアドバイスをいただき、さっそくこの日からスキンケアの方法を見直しました。

その日のコンディションに合わせた「使い分け」が大切なんですね。

3話目ではいよいよ、岡野さん流「大人のメイク」のテクニックをご紹介します。どうぞお楽しみに。

(つづく)

【写真】鈴木静華


もくじ

 

profile_futura_lineblack

1703_otonanomake_profile_2
ヘア&メイクアップアーティスト 岡野瑞恵

1969年生まれ。大手化粧品メーカーでのヘア&メイクを経て、2006年よりフリーとして活動。 確かな理論とトレンド感のあるメイクで、女優、タレントからの指名も多く、雑誌・広告・TVなど、第一線で活躍中。愛猫マッシュのインスタグラム(@mash1126a)も大人気。 http://okanotamae.com

▽岡野さんの書籍はこちらから

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、花柄スカートなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】うんともすんとも日和
日記を書くことで、驚いて、面白がって、優しくしたい。『5秒日記』でお馴染みのライター・エッセイスト / 古賀及子さん

FASHIONカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像