【大人のフラットシューズ】第3話:これでもう幼く見えない!バレエシューズの大人っぽい履き方。

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

DF2_4953070517

おしゃれな靴を履きたい、でも、歩きやすさも気になるところ。そこで取り上げたのが足に負担がかかりにくい「フラットシューズ」です。

今回の特集では、フラットシューズを大人の女性らしく履くコツやコーディネートを、全4話でご紹介しています。

お話をうかがったのは、一般の方向けにスタイリングを提案するパーソナルスタイリストの高橋愛(たかはしあい)さん。

 

大人の女性らしい、バレエシューズの履き方がわからない。

DF1_4345061417

第3話で取り上げる靴は、バレエシューズです。

バレエシューズはかわいらしく、そしてどこかヘルシーな雰囲気もありとてもステキ。でも年齢を重ねるにつれ、今までのコーディネートだと少し甘くなり過ぎているかもと不安がうまれてきたんです。

そこで今回は大人の女性にふさわしい洗練された雰囲気を演出できる、バレエシューズの履き方を教わることに。

ポイントを3つにしぼってお届けします。

 


バレエシューズは
すっきりラインが決め手です!


 

type_01_1612

こう使えば、甘いだけのコーデから卒業!

DF1_4359061417

DF1_4369061417

高橋さん:
「バレエシューズは丸い愛らしいフォルムをしているので、甘めによりすぎると幼く見えてしまうときも。

ふわりとしたかわいいスカートと合わせるのももちろんステキですが、大人の女性らしい品を演出したいなら、すっきりとしたラインの服と合わせるのがおすすめです。

タイトスカートは膝が隠れるものにすれば上品な雰囲気。ふくらはぎの真ん中くらいの丈なら、動きやすさもありますよ」

Coordinate items
トップス:無印良品
ボトム:Liesse
カーディガン:GU
鞄:garota
靴:RODE SKO

 

type_02_1612

トップスはボーダーで、あえてのカジュアル。

DF1_4317061417

高橋さん:
ボーダーを大人っぽく着るコツは、いかにナチュラルさを抑えるか。ナチュラルなものだけでまとめてしまうと、部屋着のような印象になってしまうんです。

今回スカートも靴もきれいめなものにしているので、今度はボーダーでカジュアルダウンしました。ただこの時も、スカートにインすることであくまでラインはすっきりを目指します。

ちなみにボーダーは線の太さで雰囲気が変わるんです。細めはきれいな印象、そして太いほどカジュアルに。どんなテイストにしたいかによって、使い分けてみてくださいね」

 

type_03_1612

素足のとき便利な、フットカバーは?

DF1_4366070717

高橋さん:
「足首や甲の部分を見せることで抜け感を出し、ここでもすっきりさを演出します。

ただ靴を履く時、素足で履いていいものか悩みませんか?そしてフットカバーによっては生地が厚く、履く時困ってしまうものも。

わたしのおすすめはワコールの『サクセスウォーク』。浅く作られているので、靴から生地が見えにくいんです。わたしも愛用しています」

DF1_4337061417

高橋さん:
「ちなみに靴は赤もおすすめ。ボーダーでカジュアルさを出しているので、派手な印象にならず、ちょっとした遊び心を演出できます。

コーディネートがマンネリ気味と感じた時に、おすすめしたいのが赤を足すこと。コーディーネートが垢抜けますよ」

Coordinate items
靴:RODE SKO

 

フラットシューズでも、ヒールの効果が得られる?

DF2_4958070717

バレエシューズを大人っぽく履くコツについてお届けしました。

次回は「ヒール」の代わりになるという靴について。第1話でご紹介したポインテッド(先がとがったカタチのもの)なら、フラットでも「ヒール」のような格好よさが手に入るとのことでした。

次回はこの靴を使ったコーディーネートをご紹介します。

(つづく)

 


 

もくじ

 

第1話(7月21日)
ぺたんこでも大人っぽいは叶う!これさえあればのフラットシューズ3足。

第2話(7月28日)
夏でも使えるコンバースは何色?顔色映える、あか抜けコーデ。

第3話(8月9日)
これでもう幼く見えない!バレエシューズの大人っぽい履き方。

第4話(8月18日)
ハイヒールは苦手。でも大人の女性を演出できる、ポインテッドという選択肢。

profile_futura_lineblack

profile_takahashi_1706

高橋愛

パーソナルスタイリスト。服飾大学でデザイン、縫製を中心にカラーや繊維など多岐に渡りファッションについて学ぶ。その後10年間アパレル業に携わる。結婚、出産を経て、『内面プラス外見を整えて、自分らしく輝いて活動できる女性を増やしたい』との思いでパーソナルスタイリストとして独立。現在は連載コラムなどを執筆し、webでの情報発信を主としている。http://aitakahashi-realclothes.com/

▽高橋さんの書籍はこちらから


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
賃貸のキッチンは、制約だけじゃない。選べる「自由」がありました

最新の再入荷情報
人気のSilkeborgのブランケットが今年も入荷しました♪

手帳プレゼントキャンペーン
今年もはじまりました!お買い物いただいた方全員に、当店オリジナル「クラシ手帳」をプレゼント!

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像