【スタッフコラム】わたしの「好き」と、お水の香り。

商品プランナー 斉木

DF2_0073_1

クラシコムに入って4ヶ月ちょっと。一番うれしかったのは、いろんな場面で「斉木さんはどれが好き?」「斉木さんはどう思う?」と聴かれたこと。

それまでずっと裏方に徹していたから、意見を求められるたびに、泣きそうになるくらい感動したのを憶えています。

でも最近、この質問にちょっとだけ苦しくなっている自分に気づいたのです。

わたしの「好き」は、どこに行った?

好きなものがないわけじゃない。こうしたい、と思うことがないわけじゃない。

でもそれを「好き!」と声に出した途端、いろいろな責任や評価が気になりだして、シュルシュルと気もちがしぼんでいってしまう。そして、そんな自分に、誰よりも自分がガッカリしています。

好きなものを声高に宣言するでもなく、見て見ぬふりをするでもなく、からだの真ん中で芯のようにあたためておける “強さ” がほしいーーー。ここ数ヶ月、そんなことを考えていました。

DF2_0022_1

そんなとき、文筆家・長谷部千彩さんの『私が好きなあなたの匂い』の刊行を記念したトークイベントに行きました。本に納められているのは、香水愛好家の長谷部さんが、実在するさまざまな香水から想起した36の物語。

いい日も、悪い日も、香水を相棒にしているという長谷部さんのお話を聞いていたら、なんだか無性に香水を新調したくなっている自分がいました。もし、「これだ!」と思えるものと出逢えたら、いまのモヤモヤした日々から抜け出せるかも、と祈りにも似た気もちを込めて。

もう一度、「好き」を探しに行こう。

イベントの翌日には、しとしと雨の降るなか、何もかもがきらめく百貨店で香水と対峙していました。「どんな香りが好きなんですか?」という質問にうまく答えられず、香りを吹きつけたムエットだけが溜まっていきます。

なかなかピンとくるものに出会えずあきらめかけたころ、『普遍なる水』という意味をもつ、フランスの香水を手渡されました。

ふわっと香りが広がった瞬間、コレだ、と思いました。透明感があって静謐で、香水らしい華やかさには欠けるけれど、空気のようにその場に馴染む。小心者のわたしの傍らに、そっといてくれるような安心感を感じました。

Processed with VSCO with f2 preset

「わたしはこれが好き!」と自信を持っていえるような “自分のなかの芯” は、まだ見つけられていません。毎日気もちはゆらゆら揺れて、責任も評価もなきもののようには扱えない。それでもこの「お水みたいな香り」とともに歩むようになって、そんな自分をすこしだけ肯定できるようになりました。

あの雨の日、無数の香りのなかから、自分のための一本を選び取れた。そんなちいさなちいさな自信が、お守りになっているのかもしれません。

Processed with VSCO with c1 preset

***********

▼コラム内に登場した本は、こちらでご覧いただけます。


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像