にほんのお菓子

2017年10月18日(水)

【にほんのお菓子】第2話:乙女心を呼びおこすパステルカラー。香川生まれの郷土菓子

編集スタッフ 寿山 編集スタッフ 寿山

「いつかまた食べたい」と、思うお菓子はありますか?

わたし寿山は、日本中にもう1度食べたい、いつか食べたいお菓子がありすぎて、国内旅行に出かけるときは必ず何軒かの菓子店をハシゴするのが習慣です。

そんなお菓子好きの私が、忘れられない全国の名菓を不定期でお届けする連載「にほんのお菓子」。

今回ご紹介するのは、香川県の郷土菓子。現地を旅したときのエピソードも併せてお伝えします。

 

ふる里に帰ったような気持ちになる、人情あふれる海の街。

はじめて香川県を訪れたのは、大学生の頃です。瀬戸内海にある直島にできたばかりの美術館や高松市内にも行きたい場所があって。短い滞在期間であっちこっち移動したバタバタの旅でしたが、現地の人と接するなかで、また来たい場所だなあと強く感じました。

それから社会人になって就いた編集の仕事でも訪れる機会があり、おもに高松市内の店舗や漁港、農家さんを取材しました。

行く先々で会う人、会う人、あたたかくて包容力があり、久しぶりの親戚にでも会うような気持ちになったのを覚えています。

▲甘味処で食べた「あん餅雑煮」という郷土料理は、白味噌の汁に甘い餅という組み合わせが印象的でした

なかでも忘れられないのが、とあるギャラリーショップを訪れたときの出来事。

仕事を終えて、買い物がてら店内を見て回っていたら、店主の方が「うん、あなたにはこれがいいわ!」と、香川県に古くから伝わる保多織のベッドシーツをすすめてくれたのです。

自分では選ばなそうな、うすい桃色のシーツを見ながら「私はこの人にこういう印象を持たれてるんだ」と、不思議に思っていると、さらに店主に「これあなたにあげるわ」と言われ、突然のことに「えっ⁉︎もらえません‼︎」と全力で断わりました。

そのままレジで会計を済ませると、手提げ袋には桃色のシーツも入っていて。「ああ、これはもう置いては帰れない」と、お礼を20回くらい言って持ち帰ったのです。

結局そのシーツはわが家の定番品となり、洗い替え用も買い足して毎日愛用しています。私の母も、義理の母も、そして娘も。

 

いくつになっても、パステルカラーに弱いのです

前置きが長くなりましたが、そんな香川県で必ず買って帰るのが郷土菓子「おいり」(税込488円)。

ふだんは白やグレー、ネイビーなど、色味が少ない服装が多いのですが、このパステルカラーのお菓子を見ると、眠りかけた乙女心を呼び起こされてしまいます。

おいりは、古くは女性が嫁入りするときに嫁ぎ先に持っていく手土産のお菓子だったそう。今も結婚披露宴の引き菓子として地元で愛される、めでたいお菓子です。

私がおいりを知ったのは、前の職場に香川県出身の先輩がいて、帰省時にお土産として買ってきてくれことがきっかけ。

その先輩と背中合わせで夜更けまで働きながら、お腹が空いたときに、袋いっぱいのおいりを口いっぱいにほうばる。そんなお行儀の悪い夜の習慣も、いい思い出です。

一瞬で溶けてしまうので、どれだけ食べてもお腹はふくれないのですが、パステルカラーの粒々たちを見ていると、なんだか心が満たされるのでした。

【遊々椿】
香川県観音寺市茂西町2-3-4 営業/9:00~18:00 TEL/0875-25-2731
http://www.youyou-tsubaki.com/

 

香川に行くなら、あれも、これも

和田邦坊がデザインしたパッケージの
ぶどう餅
とカステラ

新聞記者やマンガ家として東京で活躍していた和田邦坊(わだ くにぼう)が、故郷・香川県に戻ってデザインした、おおらかで愛嬌たっぷりのパッケージのお菓子たち(写真右のカステラは税込1200円)。ぶどう餅(税込450円、写真左)は、そのむかし武士の武運と無事を祈るために作られた郷土菓子で、こし餡を薄皮で包み串にさしたもの。もっちりとした食感で、舌の上でほろりと餡が溶ける。

【巴堂】
香川県東かがわ市三本松1152-7 営業/8:30~18:30 TEL/0879-25-3115
http://tomoedo.com/

 

和三盆iroiro

香川県でつくられる最高級の砂糖「三盆糖」から作った干菓子は、口どけなめらかで、独特のうまみは癖になるおいしさ。こちらは洋菓子店の店主が、三盆糖の魅力を多くの人に知ってもらいたいと、どんな世代でも食べやすいよう加賀棒茶や桑茶、コーヒー、フランボワーズなど、さまざまに味をアレンジした詰め合わせ(税込1,566円〜)。

【Rue de la Pomme(リュドラポム)】
香川県高松市屋島西町1138-67 営業/ご来店の際は、必ずお電話でご予約ください。 TEL/087-813-6762
http://r-pomme.com/


もくじ

第1話(10月13日)
あの「白鳥柄の箱」が欲しくて。臨月で訪れた真冬の松本

第2話(10月18日)
乙女心を呼びおこすパステルカラー。香川生まれの郷土菓子

第3話(11月13日)
なんだか他人とは思えない。岐阜県のとある老舗菓子店

第4話(11月27日)
白い姿にひと目ぼれ。あこがれの街、富山の郷土菓子


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
諦めるには早かった?本多さおりさんに聞く「隠れた収納スペース」の活用法

本日の再入荷アイテム
フィンランドからやってきたロヴィのツリーが再入荷しました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


CULTUREカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像