【週末は世界旅行!】第1回:手で食べた方がカレーはおいしい?東京の「南インド」で実食しました!

編集スタッフ 奥村 編集スタッフ 奥村

あの国へ行ってみたい、この国も気になる。海外旅行への憧れはあっても、なかなか計画は立てられないのが現実です。

人生であと何度行けるかわからない外国。でもせめて「食文化」だけなら、日本でも楽しめるはず!

この連載では気になるあの国の料理を食べに、週の終わりの金曜日、わたし奥村がスタッフを巻き込んでプチ世界旅行へくり出します♪

 

自分の殻を破るため⁉︎ 「南インド」へ

わたしがずっと憧れていた国、それはインド。

大のカレー好きなのですが、現地ならではの手を使った食べ方「手食(しゅしょく)」だとよりおいしく味わえると聞き、気になっていたのです。

そんなある日、編集スタッフ田中と雑談をしていたら、グッドタイミングの一言が。

スタッフ田中:
「わたし、前からインドに興味があって。行ってみたら何かが変わる気がするんですよね〜」

なんでもある女優さんの南インド旅行記を読み、ひとりインドに立ち向かう、芯の強い女性像に憧れるようになったのだとか。

今年の目標は「自分の殻を破ること」というスタッフ田中。それなら一緒に行きましょう!とさっそく勧誘。そんなわけで今回は、2人で南インドへ旅立ちました!

 

東京の「南インド」に上陸です!

▲左から田中、店主のダスさん、ひとり探検隊ルックのわたし

やってきたのは、東京・中野の「南インドダイニング」。都内でも数少ない、現地ならではの「手食」が体験できるというお店です。

出迎えてくれたのは店主のアマラダスさん(通称・ダスさん)。せっかくなので記念撮影を。ナマステ〜!

さっそく中へお邪魔します。店内は、まるでお祭りのよう!  にぎやかな装飾です。

 

メニューの意味がワカラナイ!

まずはメニューを拝見。カレーとライスがメインかと思いきや、メニューは予想以上にたくさん。「ドーサ」というクレープや、「パラタ」なる薄焼きパン、「イティリ」という蒸しパンなど。見たことのない料理ばかりです!

今回の目的は「手食」だとダスさんに伝えると……

ダスさん:
「それなら『ミールス』がいいね! ベジ?ノンベジ?どっち??」

とっさの質問に面食らうわたしたち。

「ノンベジ」って「NOベジタブル」ということでしょうか。全部肉なの?? とりあえず「どっちもひとつずつ!」と注文してみました。

 

インドの「定食」は、おかずのオンパレード!

▲すっごく大きい!これ、本物なんです!

まずテーブルに敷かれたのは、大きなバナナの葉っぱ!

今回食べる「ミールス」は、カレーとおかず、ごはんやチャパティがついた日本の「定食」のようなもの。現地ではお皿代わりにバナナの葉にのせるのだとか。

次々と盛り付けられるおかずの数々は、インドの家庭料理で「ポリヤル」という炒め物だそう。ナスや大根、じゃがいもなどいろんな野菜が入っています。

先ほど迷った「ベジ」と「ノンベジ」の違いがここで判明。ベジタリアン向けが「ベジ」、お肉も入ったコースが「ノンベジ」だったようです〜。

▲「こんなに食べられない〜〜!!」うれしい悲鳴

それにしてもすごい量! ミールスのおかずは、どれもお母さんが時間をかけて作るから、家族や親戚が揃って食べるちょっぴり特別な料理なのだとか。

 

いざ「手食」。ドキドキしながら……

さて、いよいよ「手食」に挑戦です! 「ごはんにおかずをちょっとずつのせて、色々混ぜながら食べてね」とダスさん。指の使い方を教わりながら、おそるおそるパクり……

おいしい〜!おいしいです! カレーはいつもおいしいですが、なんだかいつも以上においしく感じます。

続いてスタッフ田中もパクリ。

「スパイスの風味が強いのかと思ったけど、辛くなくて食べやすい。野菜のやさしい味がします〜」とこちらも気に入った様子です。

▲田中のおかずも気になるわたし。手だから気軽に(?)つまみ食い

おかずはどれもぽってりとしたつかみ心地だから、手でも食べやすかったです。

 

手とスプーン、どっちがおいしい?

ホントにスプーンを使うと味が変わるのでしょうか? 食べ比べてみました。

「手で食べた方が、なんだか辛さも増した気がする!」とわたし奥村。けれどダスさんからは「辛さは変わらないよ!」とツッコミが(笑)

では実際のところ、味に違いはあるの?と聞くと……

ダスさん:
「手の方がいろんなおかずを少しずつ混ぜて食べられるから、味のバリエーションが楽しめるんだよ!」

ほほ〜、たしかに。自分好みの味にブレンドできるのは、手を使うならではな気がします。

インドの「手食」は、いろんな味をひと口で楽しみたい、食いしん坊な願いを叶えてくれる食べ方なんだ!と納得しました。

▲「わたし、インドに住める気がします♪」と得意げな田中

余談ですが、チラリと隣を見てみると……「田中さん、食べるの上手すぎませんか!?」

ごはんを口に運んでは、手でお皿のおかずをササっと整頓。その食べ方はもはや現地の方のよう。

なんだかすでに自分の殻を破っている、スタッフ田中なのでした♪

 

食後のチャイは、泡を楽しむ?

食後には、「チャイ」(インド式のミルクティー)を入れてくれたダスさん。高々と掲げたポットから注いでくれました。

「おぉ〜〜」と拍手する一同。これ、パフォーマンスではなく現地での淹れ方だそうなんです。

こうやって注ぐことで、チャイの表面に立った泡を飲むと、茶葉の香りがふうわりと広がって楽しめるのだとか。

食後の一杯にちょうどいい、やさしい甘さ。おいしくいただきました。

▲真似をしようとして、チャイを手にかけてしまったわたし。田中は見て見ぬフリ(笑)

 

あこがれの南インド。ごちそうさまでした!

▲食後のデザートにとバナナを1本ずつ手渡され…さすがに満腹で食べきれませんでした!

今回はじめて体験した、憧れの南インド料理。カトラリーを使って背筋を伸ばして食べる食事もいいけれど、「手食」には気取らない魅力がありました。

それは、共に食卓を囲む人との距離を近づけてくれるような、なんだか不思議なチカラで。一緒に旅したスタッフ田中とも、“ 同じ釜の飯を食う ”ならぬ、 つついた(?)ようで、今まで以上に親近感が。

終始フレンドリーに接してくださった、チャーミングな店主・ダスさんのお人柄も、この国の食文化とどこか通じているのかも。お腹だけじゃなく、なんだか心まで満足する旅となりました。

(つづく)

南インドダイニング
住所:東京都中野区新井1-23-23
TEL:03-3388-0373
定休日:第2・第4月曜
営業時間:月〜金 11:30〜15:00/17:30〜23:00、土日祝 11:30〜23:00

【写真】木村文平


もくじ

第1話(4月6日)
手で食べた方がカレーはおいしい?東京の「南インド」で実食しました!

第2話(4月13日)
「唐辛子」を食べると幸せになる?ブータンの辛〜い味を体当たり体験!

第3話(4月20日)
「世界三大料理」のひとつ、トルコ料理ってどんな味?

第4話(4月27日)
「みんなファミリー!」陽気なアフリカの食卓に仲間入り♪


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
変わりばえのない「ふつう」の毎日は、こんなにも愛おしい

最新の再入荷情報!
毎年大人気USVAのリネンブランケットが今年も再入荷しました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像