【おしゃれ上手のクローゼット】後編:明日から役立つ!大人の洋服の悩みをスタイリストに聞いてみました。

ライター 嶌陽子

おしゃれの達人に、クローゼットの収納術とコーディネート術を教えていただく今回の企画。スタイリストであり、整理収納アドバイザーでもある大沢早苗(おおさわ さなえ)さんのお宅にお邪魔しています。

前編では、大沢さんが実践しているクローゼットの収納術や、毎日の洋服選びについて伺いました。

続く後編では、日々のコーディネートの悩みを大沢さんにぶつけ、その解決策を教えてもらいましす。

 

「バタバタしている朝ほどコーディネートが決まらず、焦ってしまいます……」

▲ジャケット:シネクァノン、中に着たニット:ZARA、パンツ:RTH、フラットシューズ:GU、バッグ:WASHINGTON

大沢さん:
「迷ったときはこれ!という、自分にとっての『制服コーディネート』を1〜2つ作っておくと便利ですよ。

私自身の “制服” のひとつは、ジャケット+カットソー+カーゴパンツ。

もうひとつは、ロングカーディガン+カットソー+タイトスカートです」

▲ロングカーディガン:エストネーション、スカート:ジル・サンダー、Tシャツ:フォーコーナーズ、サンダル:シガーソン・モリソン

大沢さん:
「パターンさえ作っておけば、慌てなくてすみます。インナーは、気分によって変えてもいいですよね。

着回しがしやすいように、できるだけシンプルなアイテムを組み合わせるのがおすすめです」

 

「Tシャツがいつも同じような格好になってしまいます……」

▲ノースリーブTシャツ:ウィムガゼット

大沢さん:
「シンプルなアイテムは、アクセサリーやストールでずいぶん表情が変わります。たとえば、アクセサリーをつけると女性らしい雰囲気に。

これにデニムやカーゴパンツを合わせると、一気にこなれた印象になります

パールは、単体でつけるとあらたまった感じがしますが、繊細なネックレスと合わせてつけると、程よく力の抜けた雰囲気になるのでおすすめです

Tシャツにパールが似合うというのも大人の女性の特権だと思うんです

▲ストール:GAP。「ストールはさまざまな色が入っていると使いやすい」と大沢さん。

大沢さん:
同じトップスでも、ストールを巻くとカジュアル感が増します。この場合、ボトムスは女性らしいワイドパンツを合わせてもすてきですね」

ストールの巻き方については、大沢さんからアドバイスが。

大沢さん:
ストールは、顔まわりにボリュームを持たせると、顔が小さく見える効果もあるんですよ。立体感を作るように巻くことを意識してみてください

 

大人の女性は、ボトムスに投資するべし。

▲スカート:ジル・サンダー、パンツ:ルールマラン

大沢さん:
「大人の女性が投資すべきアイテムは、ボトムスだと私は思います私自身、下半身のシルエットは年齢を重ねるほど、ごまかしがきかなくなってきたなあと感じていて。

特にオススメなのはテーパードパンツ。美脚効果と着やせ効果があります。

長い丈を詰めて履くと全体のシルエットも変わってしまうので、できるだけたくさん試着して、丈直しをせずに済む丈のものを選ぶのもポイントです」

▲上から時計回りに、サマーニット(ZARA)、ブルゾン(adidas)、トップス(H&M)

大沢さん:
「自分にフィットしたボトムがあれば、トップスはファストファッションでも大丈夫です。

私はその時の旬のアイテムをリーズナブルに購入して、1シーズン着倒すようにしています。次のシーズンは、またその時のトレンドアイテムを足して循環させる。

そうすることで新鮮なコーディネートを楽しめるんです」

 

「いつものスタイル」が、毎日をラクに、楽しくしてくれます

スタイリストとして、日々、たくさんの服を目にしている大沢さんですが、「あれもこれもと頑張り過ぎなくてもいい」と語ります。

大沢さん:
「毎日同じような格好でも、自分に似合っているスタイルなら、それが一番だと思うんです。まわりからも、“あの人のいつものスタイル、素敵だな” と思ってもらえたら嬉しいですよね。

自分の “軸” となるスタイルを持って、それに小物で味つけする方がラクだし、十分気分も上がりますよ」

大沢さん:
「毎日違うコーディネートをして、スタイルA、B、C、D……とたくさんあるよりも、AとA’、 BとB’くらいあれば、それでいいんじゃないかなと思っています。

シンプルな定番アイテムをベースに、自分なりのスパイスを加える。気持ちにしっくりくる、自分らしい装いを楽しんでほしいですね」

 

今日も、“気分が上がる” 服で出かけよう。

スタイリストとして働く大沢さんでも、日々のコーディネートに迷うこともあれば、失敗もあるのだそうです。

大沢さん:
「 “なんでこんな格好で出てきちゃったんだろう。一刻も早く家に帰りたい!” と思う日もあります(笑)。

色々なものを見たり、たくさん着たりして、失敗しながら覚えていくしかないんですよね。

皆さんにも、ぜひ楽しみながら、自分に似合うものを見つけていってほしいです」

“肩の力を抜いて、もっとラクにおしゃれを楽しもう” という大沢さんの言葉を聞くと、気持ちが前向きになってきます。

これから、帽子やサンダルなど、夏ならではのおしゃれが楽しみになる時期。

大沢さんが繰り返し口にしていた、「気分が上がる」ことを大切にしながら、自分のクローゼットを見直してみませんか。

(おわり)

【写真】鈴木静華


もくじ

第1話(5月28日)
おしゃれしたくなる、“気分の上がる”クローゼットとは?

第2話(5月29日)
明日から役立つ!大人の洋服の悩みをスタイリストに聞いてみました。

 

大沢 早苗(おおさわ さなえ)

広告関連のスタイリストに師事。その後、スタイリスト事務所勤務を経て独立。ライフスタイル誌、女性誌をはじめカタログ、書籍を中心に活動。パーソナルカラーアナリスト、整理収納アドバイザー2級取得。ライフスタイルマガジン「4o’s Style」(http://40s-style-magazine.com/)にて、ブログ「やっぱり、おしゃれは楽しい」を連載中。

大沢早苗さんの書籍▽


本日の編集部recommends!

これからの洗剤選び
一番よく着る服が、一番きれいにしたい服。 [SPONSORED]

本日の再入荷
マリメッコのミニトートが再入荷!炊飯用土鍋やすり鉢などキッチンアイテムも入荷中です!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像