【愛すべきマンネリ】前編:飽きるほど続けたことが、自分の力になっている。(柳瀬久美子さん)

ライター 長谷川未緒

「マンネリ」という言葉を聞いて、何を思い浮かべますか。マンネリには、なんとなく後ろ向きな、変えなければならないことのような印象が、あるのではないでしょうか。

じつは、わたし・長谷川も、マンネリをネガティブに捉えていました。ですから、なるべく「変わる」ほうを選んできたんです。髪型も服装も仕事も、いつも変化している状態は新鮮ですが、言い方を変えると、不安定で、落ち着かなくもあります。

そこで、マンネリを肯定的に捉えられるようなお話を伺いたく、料理研究家の柳瀬久美子(やなせ くみこ)さんを訪ねました。

 

マンネリは、自分のベースをつくる要素?

柳瀬さんは、書籍や雑誌へのレシピ提案や、ご自宅でお菓子と料理の教室をされています。

10年ほど前、あるイベントで柳瀬さんのイチジクのケーキを食べたとき、「いままで食べたお菓子の中で、いちばん美味しい!」と感激したわたしは、お菓子教室に通うようになりました。

レシピの考案や、海外旅行など、いつも新しいことに取り組まれている柳瀬さん。いっぽうで「もう何十年も使っている」というような道具をお持ちで、伝統的なお菓子や料理も大切にされています。

うきうきとした楽しい雰囲気と、落ち着きを兼ね備えた柳瀬さんなら、「変えたいと思うこともあるけれど、これこそがわたしのベースなんだよね」という「愛すべきマンネリ」がありそうだなと思い、率直にお伺いしてみました。

 

代わり映えしなくても、自分が心地よければいい

柳瀬さん:
「わたしも若いころは、飽きることが怖くて、しょっちゅう部屋の模様替えをしたり、家具やカーテンを買い変えたりしていたんですよ。

でも、いろいろ試して、だんだんと自分の好きなものがわかるようになってきて、使い込んだからこその味わいへのあこがれもあり、いまでは、マンネリを覚悟して、ものを選ぶようになりました」

▲一生ものという、お菓子づくりの道具。「一生もつように、お手入れもするの」と柳瀬さん

柳瀬さん:
「たとえばテーブルも、自分が長く一緒にいたいと思うものを選んだけれど、たまにマンネリだな、と感じることはあります。そういうときは、テーブルクロスや食器で気分を変えてみるんです。

人から見たら、いつもはんこで押したように変わっていなくて、マンネリかもしれないけれど、自分が心地よければいいじゃない、と思うようになりましたね」

 

マンネリするほどのくり返しが、技術を支えてくれる

自分の「好き」にしっかりと向き合い、「間に合わせ」でものを買わずに、吟味して選んだからこその、「愛すべきマンネリ」。

では、もの以外にも、マンネリを感じることは、あるのでしょうか。

柳瀬さん:
「あのね、じつはお菓子づくりもマンネリの連続なの。話題の新しいお菓子も、伝統菓子と材料はたいして変わらなくて、つくり方も、結局は混ぜたり焼いたりしているもの」

柳瀬さん:
「お菓子の本を50冊くらい出させてもらって、全部違うテーマだけれど、つくり方を解説したプロセス写真は、いつも一緒です。バターを白くなるまで混ぜるとか、生地をさっくり合わせるとか。

できあがるお菓子は違っても、つくる時に気をつけなければいけないポイントは、基本的に同じなんですよ。

ですから、いつも同じことをやっているなぁ、おもしろみがないなぁ、と思うこともありますが、じつはマンネリって、気づいたらできるようになっていることや、自分の技術を支えてくれる、すごーく大切なことなのかもしれないな、と思いますね」

 

飽きるほどやったから、からだで覚えられた

高校2年生のときに、お菓子屋さんでアルバイトしたことをきっかけにスタートした、柳瀬さんのお菓子づくり。同じことをくり返す日々に、飽き飽きしたこともあったそう。ですが、飽きるほどやったからこそ、からだで覚えられたし、いまの柳瀬さんを形作っていると言います。

後半ではさらに、自信をもって「好き」と言えるマンネリの味や、マンネリの先に見えてきたものについて、伺います。

(つづく)

【写真】有賀傑


もくじ

柳瀬久美子

高校在学中から洋菓子店でアルバイトをはじめ、そのままお菓子屋さんへ就職。都内洋菓子店、レストランなどで働いたのち、フランスへ渡る。滞在中、リッツ・エスコフィエ、ディプロム取得。フランス人家庭での生活の中、フランス家庭菓子・料理を覚え、帰国後、フードコーディネーターに。現在は、広告や雑誌のレシピ制作・調理のほか、企業のメニュー開発、少人数制のお菓子教室を主宰。旅行と動物と遊ぶことが好き。
http://k-yanase.com

 

ライター 長谷川未緒

東京外国語大学卒。出版社勤務を経て、フリーランスに。おもに、暮らしまわりの雑誌、書籍のほか、児童書の編集・執筆を手がける。リトルプレス[UCAUCA]の編集も。ともに暮らす2匹の猫のおなかに、もふっと顔をうずめるのが好き。


感想を送る

本日の編集部recommends!

【送料無料キャンペーン】大人気のスキンケアアイテム「オイルインミスト」
夏の冷房で乾燥しがちな肌の保湿にも◎お得な2本セットも再入荷しました

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像