【スタッフコラム】空っぽを求め湯気の方へ

編集スタッフ 澁谷

私の住んでいるアパートはユニットバスで、浴槽はなかなかにこぢんまりとしています。この家を借りるときにお風呂のことなどは頭の隅の隅の方にあって、面倒なものくらいに思っていました。住み始めてからもお風呂はさっとシャワーで済ませるくらい。

そんな私でもしばらくこの家に暮らしていると、どうしてものびのびくつろげるような湯船が恋しくなる時が。そういうわけで、ある日突然に銭湯への興味が湧いてきました。

猫のいる銭湯、地下に降りて入る銭湯、露天風呂とサウナがある銭湯。これまで気にもかけていなかったのに、調べてみれば近所に3つも銭湯があったのです。

お風呂はちょっと面倒な日常の行為だけれど、銭湯は私にとって冒険にさえ感じる非日常。一気に視界がひらけたような気分。お宝を見つけたような気持ちで、はじめは露天風呂とサウナのある銭湯へ行きました。

世間話に花を咲かせながら髪を洗うおばさま方、器用に本を読みながら半身浴をする若者、「気持ちいいね」と、ぼそっと話しかけてくれたおばあちゃん。

普段なら話すことのないような、さまざまな年代の人が集まっていて聞こえてくるおしゃべりもどこか新鮮。ついつい耳を澄ませてしまいます。

そこへ何度か通ううち、ほかほかの帰り道で気づいたことがありました。

それは、想像以上に湯船に浸かっているときの頭は空っぽになっていて、湯船に浸かることよりもその空っぽが気持ちいいということ。ノートもペンもない、スマホもロッカーの中。銭湯で感じたことは、一生懸命覚えようとしてみてもどんどん薄い記憶になっていきます。

朝起きて「今日見たあの変な夢はなんだったんだろう?」と、夢の断片を探っているときの感覚に似ていて、肝心なところが思い出せなかったり。

夢を見ているときのように、銭湯で過ごしている間は現実のことから少しだけ距離を置いて空っぽになる時間が作れた気がします。

家にいるとつい考え事がはかどったり、時間があるからと手を動かして疲れたり。知らず知らずのうちに何も考えなくてもいい時間を求めていたのかもしれません。

味をしめた私は今週もとっておきの空っぽを求めて、今度は猫のいる銭湯に行ってみようかなと思います。


感想を送る

本日の編集部recommends!

自分にマルをあげるアルバム
スマホに眠る思い出を、気負わず整理。「すきま時間」を味方にして[SPONSORED]

WINTER SALE開催中!
がんばった自分へ。ボディオイルやバスソルトなど、当店いち押しのケアアイテムを集めました。

お買い物でこちらの手帳をプレゼント!
今すぐに使える2024年版のスケジュール帳できました。

【動画】わたしの朝習慣/ morning routine
エスプレッソを淹れて自分の気持ちに向き合う大切な時間

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像