【スタッフコラム】共通の味覚さがし

編集スタッフ 松田

もうすぐ3歳になる娘がいます。

保育園の連絡帳には、毎日のようにおかわりしたと書いてあるのに、ここ最近、私が作る食事はひと口ふた口食べて「ごちそうさま」。口からべーっとわざと出して粗末にしてみたり、用意したごはんは食べずお菓子やジュースばかり要求するので、つい、コラ!と声をあげてしまうことも……

そんな中読んだ、ビューティライターAYANAさんのエッセイ「おふくろの味、ありますか?」という回。ハッとさせられ、するすると肩の力が抜けました。

栄養バランスよく食べて欲しいというのは、私の勝手な願いで、娘からしてみれば、美味しくないものを無理やり食べさせられている感覚だったのかも。娘の味覚に合わないのだから、しょうがない。毎度の食事もあまり気負わず、もしお口に合えばどうぞ、くらいの感覚でもいいのかもしれないなぁと。

思い返せば、わたしが幼少期に好きだった食べもので真っ先に思い浮かぶのは、祖母がオヤツによく出してくれた、冷凍のフライドポテト。まったく、手作りされたものではないのです。

揚げたての、あの波型フライドポテトが入った大きなボウル。そこへ、これでもかというくらい、たっぷりとバターを加え、ボウルをゆする祖母。溶け出したバターが、ポテトたちに満遍なくからまったら、塩を一振り。

バターをからめる、というのは祖母なりに手間をかけてくれた工夫だと思うのですが、これがたまらなく美味しくて、揚げたてを弟と取り合いになりながら夢中で食べたのを思い出します(もうとんでもなくハイカロリー、そのおかげもあってか私は幼少期からずっとぽっちゃりなのでした)。

▲いまでもポテトには目がありません。お品書きにあると、つい注文してしまいます

母や祖母がつくってくれた料理は、もちろん他にもたくさんあったし、覚えているものもいくつかあるけれど、あの頃ダントツで出されて嬉しかったのは冷凍ポテト。田舎の味も好きですが、その素朴な美味しさがわかるようになったのは、つい最近になってからだったではないかと、はたと気づきました。

ポテト好きは、娘にも受け継がれたようで。お店でも家でも、残さずパクパク。思えば共通で美味しく食べれるものがありました。そんな食べものを、今はゆっくり一緒に少しずつ見つけていけたらいいのかなと思います。

さて、週終わりの夜はフライドポテトを揚げて、ジュースとビールで乾杯しようと今からもくろんでいます。バターをからませるのも忘れずに。

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像