【疲れた日こそ、食べたい魚】第1話:ごはんおかわり必至の絶品「鮭の味噌ヨーグルト漬け」

編集スタッフ 小林 編集スタッフ 小林

疲れた日はいつも、ああ魚が食べたいなぁ、なんて思います。

できれば簡単で、とびきり旨くて、じんわり染み入る優しい味に泣けてくる一皿を。

そんな平日の心を救ってくれる「お魚レシピ」が知りたくて、この特集では料理家の中山智恵さんのもとへ行きました。

魚の調理に苦手意識があるので、今回は欲張りながらも、「切り身魚」を使って「簡単に調理」でき「保存可能」なレシピはないでしょうかと、中山さんにご相談

そうして教えていただいたのが、手軽な下準備で完成する「おさかな漬け」です。

週末に買った切り身魚を、帰宅後ただ調味料に漬けておくだけで、その週の疲れた夜もさっと一品完成。しかも冷蔵だと3日、冷凍だと3週間ほど保存OK。美味しくて優秀なレシピたちを、本日より全4回にわたってお届けします。

第1話でご紹介するのは、ごはんのおかわり必至の「鮭の味噌ヨーグルト漬け」です。

 


ああ、このままずっと食べ続けていたい
鮭の味噌ヨーグルト漬け


材料(2人分)

・生鮭の切り身(サーモン可)…2切れ(1切れ約100g)
・塩 …少々

漬けダレ
・味噌 …大さじ2と1/2
・無糖ヨーグルト …大さじ3
・砂糖 …大さじ1

◎魚の切り身は解凍して使うと水分が抜けてパサつく・しょっぱくなる等の可能性が。なので冷凍ではなく、ぜひ生のものを。

◎味噌はご家庭にあるものでOK。今回は中甘口を使用していますが、種類によって風味が違うので、ぜひ自分好みを探してみて。

作り方

STEP1. 魚を漬ける

表面の水気を軽く拭き、塩少々を両面にふる。10分ほど置いて、浮いてきた水気を再度拭きとる。

漬けダレの材料を混ぜ、魚を漬けたら完成!

<漬け時間>
おおよそ一晩程度(8時間)〜

<保存期間のおおよその目安>
冷蔵:3日程度

冷凍:3週間程度

保存容器はお好みのもので構いませんが、魚がしっかり漬かるよう、両面を覆うようにタレを塗り広げましょう。冷蔵庫もしくは冷凍庫の、平らなところで漬けておきます。

買い出し直後の新鮮なうちにすれば、魚特有の臭みが出にくく、味わいもグッと深くなりますよ。

 

STEP2. あとは焼くだけ

漬けてあれば、あとは簡単。どんなに疲れた日でも焼くだけ。冷凍の場合は解凍してから、冷蔵の場合は取り出してすぐ使えます。

▽表面の漬けダレをざっと拭う

▽温めた魚焼きグリルに入れ中火で6分ほど焼く

▽グリルが片面焼きの場合は、4分ほど経ったら裏返す

▽皮目がパリッと焼けたら、出来上がり!

魚焼きグリルが無い場合は、フライパンで焼いてもOK。その場合はアルミホイルなどを敷いて焼くと、焦げ付きにくくなりますよ。

今回は春らしく、菜の花の塩茹でを添えてみました。他にもグリルの空いたスペースで一緒に野菜を焼けば、手間をかけずに満足感も◎。お好きなものと一緒に、どうぞ召し上がれ。

中山さん:
「鮭を味噌ベースのタレに漬けて焼き、ご飯のおともにぴったりの味に。ヨーグルトを入れたことでほんのり優しく、後味も軽めに仕上がります。

身もしっとり柔らかく、焼き上がりはジューシー。このタレは脂の多い魚や、風味が強い魚とも相性がよいので、カジキ・さわら・サバなどで試しても美味しいと思います。

本当にシンプルなレシピですが、お砂糖が入っているからコクが増し、冷めてもしっとりのまま。ただ焼くだけでいいので、お弁当のおかずにもぴったり。慣れてきたらぜひ、焼く直前に粉山椒を少しふるなどのアレンジも。一気に大人の味になって、これもまたオススメです」

・・・

個人的な感想ですが、もしこの鮭が入ったおにぎりがあったなら、きっと3つはぺろりと食べれちゃうだろうなと思います。

そのくらい、ごはんって美味しいなぁと感じられる味。「そうそう、私が食べたかったのはこれなのよ〜」と思わずにはいられない、そんな一品でした。

次回はお水と一緒に火にかけるだけで、味しみしみの煮魚に変身する「さわらの中華風漬け」のレシピをご紹介します。ぜひお楽しみに。

 

photo:濱津和貴

第1話(3月5日)
ごはんおかわり必至の絶品「鮭の味噌ヨーグルト漬け」

第2話(3月12日)
食べたくなったらお水と煮るだけ。旨味たっぷり「さわらの中華風漬け」

第3話(3月19日)
野菜と炒めて大皿へ。みんな大好き「カジキのカレー醤油漬け」

第4話(3月25日)
レンジでふわふわ蒸し魚。優しい味わい「鯛の生姜酒漬け」

中山 智恵(なかやま  ちえ)

料理家、フードコーディネーター。基本を踏まえながらも柔軟に日々に寄り添う、繰り返し作りたくなる料理が人気。ライフワークとして10年以上続けているお弁当のファンも多く、この特集で登場した「鮭の味噌ヨーグルト漬け」もお弁当によく登場する一品。料理店で経験を重ね、その後料理番組にフードコーディネーターとして携わり、現在テレビや雑誌、ウェブの料理制作など幅広く活躍中。著書に『定食弁当』(主婦と生活社)、『「下ごしらえ」があればラクおかず』(マイナビ)がある。

instagram:@cie07


本日の編集部recommends!

はじめたこと、続いていること
意気込みはいらない?エッセイスト柳沢小実さんに聞く、自分に合った習慣づくり【SPONSORED】

送料無料キャンペーン4/28(水)18時まで!
当店オリジナルリップカラーをご購入いただくと送料が無料になるキャンペーン中です!

わたしの朝習慣
仕事前のひとり時間を有効活用。気分に合わせて選ぶ「朝ごはんのお供」

ついに決定!映画『青葉家のテーブル』6/18(金)全国劇場公開♩
片桐仁・蛙亭の中野周平など追加キャスト&本編予告動画も発表です!

RECIPEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像