【スタッフの愛用品】折りたたみと長傘のいいとこどり。雨の日が待ち遠しくなった、憧れの傘

編集スタッフ 石川

もち歩くものがお気に入りだと、ふとした瞬間にやっぱり心が弾むもの。とはいえ、雨の日はたまにしかやってこないので、雨降りの日にだけ連れ出す傘は、「とりあえず」で深く考えずに購入したものを使い続けてきました。

けれど、これまで使っていた折りたたみ傘は、骨が細く、クロスが薄く、軽いけれど強い雨の日には少し心許ないな……とも感じていて。

そこで迎えてみたのがイギリス憧れのブランドから生まれた「Traditional Weatherwear」の折りたたみ傘です。

 

大きめ、しっかり。程よい重さだからこそ、さしやすいんです

▲右がこれまで使っていた折りたたみ傘

これまでのものに比べると大きなサイズの、この折り畳み傘。でもそれゆえに、使ってみるととても安心感があって。差し心地は折り畳み傘というよりも、もはや長傘のよう、と言ってもいいかもしれません。

まず、芯になっている骨(中棒)が折りたたみとは思えないほどしっかりと太い。だから、さしているとき横からの風が吹いても、煽られてフラフラと傾いてしまうことがなく、安定してさしていられる気がします。

▲中棒が太くて長いので、ちょっとバッグから中身を取り出したいときなど、肩にもかけておけるのも便利でした。

持ち手にもある程度重さがあって、傘部分とのバランスがとりやすくもなっており、長時間持っていられないほどの重さ、という風に感じることはありません。

また、一般的な折り畳み傘は、傘部分が平たく開くものが多いのに対して、これはすっぽりと体を覆う作りになっているんだなと、さしてみると気付かされます。

確かに、決して軽い!とは言えないのですが、むしろこの「しっかり感」や「頑丈さ」のおかげで、雨風から守ってくれているんだなという実感を持てる傘だなと思います。

なにより、ちょっとずっしりとした持ち心地ゆえ、手に取るたびに「大切に使わなくては」という愛着がむくむくと湧いてくるんです。

 

ケースをサブバッグのように、見せて持ってもサマになる

大きさのある折り畳み傘なので、小さめのバッグのときはどうしても外に出して持ち歩く形にはなってしまいます。

ただ、この傘はケースもとても可愛くて。このまま持っていても十分サマになるし、むしろ見せて歩きたいくらい。本体と同じく、かなりしっかりしたクロスで作られているので、手に提げて持ち歩いてもちゃんと頼りになる丈夫さだなと感じます。

手首も通せるので、ちょっと手をあけたいときにもスムーズなのがさりげなく嬉しいなと思いました。

イギリスのブランドらしいタグもポイントで、ついタグのある面を見せて歩きたくなってしまいます。大人なバンブーハンドルがチラッと見えている姿にも、思わずキュンとしてしまうんですよね。

言ってみれば、傘を専用のサブバッグに入れて持ち歩いているという気分で、傘まで含めてコーデの一部として考えても楽しいなと思いました。

コンパクトな折り畳み傘は「もしかしたら降るかもしれない」という日に、そしてこの傘は「今日はこの後きっと降るだろう」とわかっているけれど、朝から長傘を持っていくのはちょっと邪魔だな、という日に連れ出す、といった風に使い分けるのもよさそう。

雨の日の映画館などは、長い傘を持っていくとまわりの邪魔になってしまいそう……と、いつもは少し躊躇ってしまうのですが、そんな場面にもとても重宝しそうです。

 

シックからカジュアルコーデまで、懐の深い「グレンチェック」

▲寄ってみるとしっかりと柄が見えますが、実際にさした状態では、ほとんど無地のように見えます。

私が選んだ柄は、もともと個人的に大好きな「グレンチェック」。静かな品があり、身につけているだけで気分がしゃんと引きしまる。いくつかのチェックを合わせた細やかなデザインも、たまらなく愛おしいんですよね。

それでいて、柄の主張がさりげないから、スカートからパンツまで、比較的どんな服装の日も合わせやすいところも良いんです。

たとえば、こんな風に、違う柄のスカートと合わせても。傘の柄が邪魔をしないだけでなく、重めのコーデも明るいグレーが程よく全体を明るくしてくれました。

クラシカルな柄だからやっぱりカジュアルな服装には合わないのではと、手に取る前は少し不安もあったのですが、こんな風に、普段着ているコーデュロイのざっくりシャツやデニムともなじんでくれました。

離れてみると無地のグレーのようだから、ベーシックなアイテムに合わせやすい、というのも「グレンチェック」の魅力だなと改めて実感。

自分にだけわかる、という柄のさりげない繊細さにもまた、傘をさすたびつい「ムフフ」としてしまうのでした。


▲日傘としても使えるそうなので、これから迎える春〜夏にも活躍の場が増えそうです。

折りたたみとしても、長傘の代わりとしても。どちらのいいところも兼ね備えて、長くたよれる丈夫さもあり、デザインにもときめく「Traditonal Weatherwear」の傘。

手に入れた日から、「早く雨が降らないかな」と、憂鬱だった雨の日がなんだか待ち遠しくなっているこの頃です。


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像