【あの人のバッグ】百貨店スタッフに聞くモノ選び。使いごこちも、ときめきも忘れないバッグの中身

編集スタッフ 藤波

リップに手帳、お財布、ポーチ。名前をみるだけで心おどる、そんなアイテムたちが一堂にあつめられた「バッグの中身」には、そこかしこに 「その人らしさ」 が詰まっているのかもしれません。

特集「あの人のバッグ」は、気になるあの人のバッグやポーチの中身を、あれこれ聞いてみる連載シリーズ。

今回のバッグの持ち主は、都内の百貨店でイベントやプロモーションの企画を担当しているsaekoさんです。

 


−バッグとその中身−

差し色には、鮮やかなオレンジを


左上から時計回りに、

・がま口 / 文庫屋 大関
・ハンドタオル / 西川©️友美 × FUJITAKA TOWEL GINZA
・ヘアブラシ / ACCA KAPPA
・メッシュポーチ / 無印良品
・巾着 / formuniform (フォームユニフォーム)
・財布 / MARNI
・ワイヤレスイヤホン / Bang & Olufsen

saekoさん
「オレンジ色の巾着は、『formuniform』のDrawstring Bag XSです。バッグインバッグとしても、ちょっと出かけるときの手持ちバッグとしても使えるので、常に持ち歩いて大活躍。全く同じ色・形・サイズのものに買い替えて2代目になります。

携帯用のヘアブラシは、歳を重ねていくうちに髪を大切にしたいと思うようになり、静電気の起きない天然素材のものを使い始めました。毛量が多くて広がりやすい髪質なので、特に雨の日や湿気の多い日は必需品になっています」

 

saekoさん
「鮮やかな革のがま口は、『文庫屋 大関』さんの『天溝(てんみぞ)がま口』というシリーズです。柄の種類が豊富なので迷いに迷って、持っているだけで縁起のよさそうな『むかい鶴』にしました。

厚みはほとんどないのですが、名刺とカード類2〜3枚、現金少々、鍵まで入って収納力も抜群。普段は小さなバッグだけで出歩くことが多いので、必要なものがコンパクトに収まるこのがま口はとても重宝しています」

 

saekoさん
「お気に入りのハンドタオルは『FUJITAKA TOWEL GINZA』とアーティスト 西川©️友美さんがコラボしたものです。ガーゼ素材のため薄手で、小さなバッグにも問題なく入ります。

こちらもたくさんデザインがありましたが、裏表どちらもビビッドな配色が好みだった『花とアリ』という柄を選びました

 

用途にあわせて、年中頼れるバッグたち

左から、

・ショッピングバッグ / MARNI
・ショルダーバッグ / MaxMara
・巾着ポシェット / formuniform

saekoさん
「『MARNI』のショッピングバッグは、ビビッドなオレンジと赤のバイカラーになっていて、ファッションのアクセントにもなるので気に入っています。PVC素材なので雨の日にも強く、丈夫で軽いので、パソコンを持ち歩くときはこのバッグを使っています。

『MaxMara』のショルダーバッグは、学生の頃に祖父が海外旅行のお土産に買ってきてくれたもの。手頃なサイズ感が旅行にぴったりなので、一緒にいろんなところを旅しました。

グレーの巾着は『formuniform』のDrawstring Bag with Strap XSで、オレンジ色の巾着の肩紐付きバージョンです。とにかく軽いので、首肩凝りもちの私には有難いです

 


−ポーチの中身−

アイテム7つで、メイク直しまでばっちり


左から、

・アイブロウ / CEZANNE
・コンシーラー / ローラ メルシエ
・コンパクトミラー / CHANEL
・ロールオンアロマ / ila
・保湿バーム / タイムシークレット
・口紅 / Celvoke
・リップクリーム / メンソレータム

saekoさん
「メイクポーチはすぐ汚してしまうので、汚れが目立たず洗ってすぐ乾くナイロンのメッシュケースを使っています。薄いですが、意外にもたくさん入るので便利なんです。

『ローラ メルシエ』のコンシーラーは、これ1本でシミ隠しだけでなくメイク直しにも使えます。おかげでファンデーションを持ち歩かなくなりました。

保湿バームはマスク生活で乾燥が気になり使い始めましたが、色々試した結果、塗った後にサラサラ感がある『タイムシークレット』のものがお気に入りです」

 

お気に入りのアクセサリーは?

上から、

・ネックレス
・リング(イヤーカフ) / Classic Ko
・2連リング

saekoさん
「ネックレスと2連リングは、どちらも母から譲り受けたものです。と言っても、一度借りて、そのままずっと使っているのですが(笑)。クラシカルなデザインですが凝っていて、これからも飽きずに永く使っていけそうです。

『Classic Ko』のアクセサリーは、石川県加賀市にある『漆工芸大下香仙工房』で作られています。蒔絵や螺鈿と聞くと古風なイメージですが、デザインはどこか現代的で、普段のファッションにもしっくり馴染んでくれます。

リングの真ん中、白くギザギザしているところは卵殻でできていて、見るたびに職人さんの細かな仕事に惚れぼれしてしまいます。本当はイヤーカフなのですが、大下さんにリングとして使っても大丈夫と言っていただき、リングとして使っています」

 

どこを見ても色づかいが楽しいお部屋同様に、saekoさんのときめきや「好き」が溢れる、モノ選びの視点が詰まったバッグの中身でした。

次回もどうぞお楽しみに。

 

【写真】saeko 
「あの人のバッグ」
そのほかの記事はこちら

saeko

都内の百貨店でイベントやプロモーションの企画、商品の品揃えを担当。うつわやインテリア雑貨、特に手しごとのアイテムを扱ったイベントを担当することが多い。リノベマンションでのひとり暮らしを発信しているInstagramは@ouccctt_roomから。


感想を送る

本日の編集部recommends!

今年こそシャンプー迷子を卒業
手間をかけずにケアできる1本をスタッフが試しました 【SPONSORED】

気分も食卓も華やぐ、北欧の器
一枚だけでも特別な景色に。新生活に向けて、憧れの器を迎えてみませんか?

新作のファッションアイテムが続々!
これからの季節はもちろん、1年中頼れるブラウスやスカートなど新入荷アイテムが人気です。

【動画】しあわせな朝食ダイアリー
同じ材料で家族の好みに合わせたメニューを(料理家・瀬戸口しおりさん)

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像