【あの人のバッグ】あなたと出会えた嬉しさをかばんに詰め込んで。アパレルデザイナーの日々のアイテム

編集スタッフ 吉野

リップに手帳、お財布、ポーチ。名前をみるだけで心おどる、そんなアイテムたちが一堂にあつめられた「バッグの中身」には、そこかしこに 「その人らしさ」 が詰まっているのかもしれません。

特集「あの人のバッグ」は、気になるあの人のバッグやポーチの中身を、あれこれ聞いてみる連載シリーズ。

今回のバッグの持ち主は、アパレルブランド『sneeuw(スニュウ)』のデザイナー・雪浦 聖子(ゆきうら せいこ)さんです。

 


ーバッグとその中身ー

シースルーバッグのアクセントに。
やわらかで明るい色合いの小物たち


左上から時計回りに

・ポーチ / 川瀬知代 × sneeuw
・サングラス / bedsidedrama
・グラスコード / sneeuw
・ハンカチ / 狩野岳朗 × sneeuw
・カードケース / proef
・キーホルダー / CIBONE
・iPhoneのキーホルダー / 東郷清丸さんのグッズ
・財布 / COMME des GARÇONS
・手帳 / HEMA
・ボールペン / Bic
・ドリンクボトル / Meetscal Store×sneeuw
・サングラスケース / Panama × 大野彩芽

雪浦さん:
「身の回りの雑貨や洋服は、友人や知り合いの作家さんが作ったもので溢れています。

どの作家さんも作品だけではなくて、人柄含めて好きだなあと思う方ばかり。その方と出会えた嬉しさを、形に残して持ち歩いているという感覚があります。

見た目はやわらかで楽しげな色合いを選ぶことが多いですね。シースルーになっているバッグが多いので、中に入っているとポイントになるんです。

ポーチは、画家の川瀬知代さんと『sneeuw』でコラボしたときに作ったもの。川瀬さんの描く絵は色使いがきれいで自由で、 見ているだけでパワーをもらえます」

雪浦さん:
「絵やグラフィックデザインが好きで、画家やデザイナーのハンカチが自然と手元に増えています。

シースルーのバッグの中からチラッと見えるハンカチは、服とのバランスを考えて選ぶことも含めて楽しいアイテム。アイロンをかける作業も好きなんです」

雪浦さん:
「手帳は、オランダ発祥の雑貨屋『HEMA(ヘマ)』のもの。洋服のデザインのアイデアをメモするためにいつも持ち歩いています。

ずっとオランダが好きで、念願かなって5年ほど前に行った際に現地で見つけました。色やサイズ、表紙の丈夫さ、気軽さなど全てがちょうどよくて、それからずっとストックしています。

表紙にはその時々で気に入っているステッカーを。今貼っているのはアーティストのAICONさんのステッカーです」

 

背景も含めてチャーミングなバッグです

左上から時計回りに

・フリルバッグ / BEBEK
・手編みポシェット / CIANSUMI
・網バッグ / 網の店おおやま
・レザーバッグ / ke shi ki

雪浦さん:
「作家・鈴木いづみさんのブランド『BEBEK(ベベキ)』のバッグは、両端のデザインがフリルなのに甘さがなくて、かっこいいところがお気に入り。シルバーのボディにコットンのパッチワークが施されているのもツボです。

上品なクリーム色のポシェットはどんなコーディネートにもフィットして、ちょうど携帯とお財布とハンカチが入る使いやすいサイズなので重宝しています。

白い網のバッグは、持ち手が長く斜めがけにできるので、自転車移動のときも持ちやすく愛用しています。これは友人がデザインを提案し、タイで現地の方に作ってもらい販売しているもの。作られた背景や友人の網への愛も含めてチャーミングなバッグです。

『ke shi ki(ケシキ)』のレザーバッグは、少しフォーマルめなバッグがほしいなと探していて、見つけた瞬間に『自分らしいレザーのバッグはこれだ!』とピンと来て即購入しました」

 


ーポーチの中身ー

カビ柄のミラーを愛用中
UVケアは楽ちんなスプレーで


左上から時計回りに

・ポーチ / 川瀬知代 × sneeuw
・プレストパウダー / NARS
・コーム / PLAZAで購入
・マウスピースケース
・UVスプレー
・歯ブラシ
・ビタミンCタブレット
・カビミラー / はちみせ(83)
・あぶらとり紙と絆創膏
・ハンドクリーム / MARKS & WEB
・リップスティック / Celvoke
・リップクリーム / Vaseline

雪浦さん:
「普段自転車での移動が多く、髪が乱れがちなのでコームを持ち歩いています。

UVスプレーはヘアメイクの方に、塗り直し用のUVケアはスプレーが手軽で良いよ、と教えてもらって今年から愛用中。本当にぐんと塗り直しのハードルが下がって、前よりも小まめに塗り直すようになりました。

あぶらとり紙と絆創膏は『SIRISIRI(シリシリ)』のネックレスが入っていたケースがぴったりなサイズと気づいて。運ぶとへにゃへにゃになりがちだったので重宝しています。

以前からファンのライター・土屋遊さんのお店『はちみせ(83)』のミラーは、なんと「かび」の柄。淡い色と かびという意外な組み合わせが可愛くて、お気に入りです」

 

お気に入りのアクセサリーは?

左上から時計回りに

・バングル / Dulcamara
・籐のバングル / SIRISIRI
・ガラスのピアス / YAGA
・ピアス / NOUE
・イヤカフ / tiinei
・マーブルピアス / lito ao
・陶器のイヤカフ / KODAMA TOKI
・イヤカフ / SO / OBJECTS
・イヤカフ / nooca

雪浦さん:
「大振りなバングルは全身のバランスが取りやすいので、ノースリーブで過ごすことの多い夏場に活躍していました。

特に気に入っているのは『Dulcamara(ドゥルカマラ)』と『SIRISIRI』のもの。どちらもニュートラルな色味で合わせやすく、かつインパクトのあるデザインで、コーディネートの良いアクセントになってくれるんです。

髪が短いのでピアスやイヤカフも日々身につけています。素材の使い方が独特なものに特に惹かれますね。

『nooca(ノーカ)』のイヤカフは、ビニールを蛇腹に折ったものがモチーフ。デザインも作り方もエッジが効いていて気に入っています。ガラスの球の中に色の付いたオイルが入っていて、動くと中の液体が揺れる『YAGA(ヤガ)』のピアスは、大胆なアイデアと繊細さが素敵です」

日々、人との縁を大切に過ごしている雪浦さん。そんな中で出合った物たちを選ぶことで「自分の周りの環境を心地よく、刺激を与えてくれる場所に育てている感覚」なのだそう。

かばんの中身の彩りに、そんな雪浦さんの日々が詰まっているように感じました。

次回はどなたのバッグが登場するのでしょう。お楽しみに。

 

【写真】雪浦 聖子

 

「あの人のバッグ」
そのほかの記事はこちら

 

 

雪浦 聖子

アパレルブランド『sneeuw』デザイナー。’clean&humor’ をコンセプトに、シンプルな中に日々を楽しくしてくれる仕掛けのある洋服や雑貨をデザイン。「誰かの生活がよりその人らしいものになったり、楽しいものになったりしたら」という思いで、デザインやセレクトをしている。2019年には実店舗をオープンし『sneeuw』のものに加え、セレクトしたブランドや作家のものも販売。
Instagram:ブランド sneeuw_jp / 雪浦さん @sneeuw_y


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、花柄スカートなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】うんともすんとも日和
日記を書くことで、驚いて、面白がって、優しくしたい。『5秒日記』でお馴染みのライター・エッセイスト / 古賀及子さん

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像