【店長コラム】梅雨シーズンに♪わたしたちが自信をもっておすすめする愛着アイテム4選。

店長 佐藤 店長 佐藤

tsuyu_icatch_150612(文:店長佐藤)

 

梅雨シーズンは、洗濯ものを部屋干しする日が増えたり、朝の出勤時もなに着ていこう・足元はどうしようなんて迷う日が増えますね。

わたしは毎年このシーズン、子どもの保育園への送り迎えがなかなかのチャレンジになります。

レインコートを着込んで必死で自転車をこぐお母さん同士、道ですれ違うことがあると、なんとも心強い気持ちになったり。

そんな鬱々としやすい梅雨シーズンを、すこしでも快適に乗り切るのを助けてくれるアイテムが当店にもありました!

スタッフが長年使っているモノも多く、私たちにとってこれらはまさに「梅雨のおとも」。

 

スタッフ桑原談
「その傘どこの?」という質問が嬉しい

lisbet_kasa_150612_02

デンマークlisbetfriis 傘

デンマーク生まれのこちらの傘。当店でもとても人気で、考えてみればロングセラーアイテムのひとつです。

上の写真はお客さま係でもあるスタッフ桑原が普段つかっている様子を写したものですが、彼女に「リズベットフリースの傘のどこが好き?」と聞いてみました。

こんな回答がかえってきました。

「雨の日にこの傘を広げると、気持ちがルン♪と上向きになります。

このライトブルーのカラーも好きですが、デザインも気に入っています。

月の満ち欠けみたいにみえるのですが、”フラワーパワー”といって、パッとお花が咲いたデザインだそうです。

名前を聞いただけで、元気をもらえそうですよね。

友達から『この傘どこの?』と聞かれることも多い、わたしの自慢の傘です」

 

この傘立てに行きついた「きっかけ」
少しだけお話させてください。

88960831_o3

Bunbuku 当店別注カラーの傘立て

Bunbuku(ぶんぶく)というメーカーを知ったのは、ちょうど一年前くらいのこと。

ひとりで銀座をぶらぶらしていた時に、とあるお店にはいったらこのメーカーのゴミ箱が置かれていたんです。

あまりに自然な佇まいだったので素通りしそうになったんですが、「いや、あのゴミ箱、なんかあるぞ」と思って引き返した自分がいました(笑)

近寄ってみると、いい意味で「ふつう」で「ちょうどいい」。さらに、うれしいmade in JAPAN。

もう絶妙!って、ひとり唸りました。

そんなふうに唸っちゃうくらい、ふつうでちょうどいいモノってなかなか出合えなくなってきた気がする…

翌日、会社に出勤し、すぐにバイヤーに「Bunbukuをうちでも取扱いたいんだけど!」と熱く話したことは言うまでもありません。

そんな道のりから当店に仲間入りしたゴミ箱と傘立て。

特に傘立てって「ちょうどいい」ものを探す経験をされている方も多いのでは?と思います。(わたしもその一人でした)

玄関の景観を保ちつつ、しっかりした収納力があり、水受けトレーが仕込まれているのもうれしい傘立てです。

 

足もとが長靴でもファッションとして
成立するのがうれしい。

day4_watanabe_boots3_r

日本野鳥の会 長靴

雨の日にこの長靴を履いて会社にやってくると、スタッフのかなりの人数がこの長靴を履いて出勤してくるので足元がかぶりまくるという事態がしょっちゅう発生します(笑)

それくらい「一度履くと多くの人が虜になってしまう」野鳥の会の長靴。

虜になってしまうポイントはおそらく

・やわらかいから履き心地がいい
・適度なフィット感
・雨の日ファッションをちゃんと成立させてくれるデザイン

ということなんじゃないかと思います。

やわらかさがあるので、クシュクシュッとさせる履き方でアレンジしているスタッフがいたので、わたしも時おり真似させてもらってます。

11358998_1666258563606011_187802693_n

 

バスタオルハンガーだけれど
部屋干しにもつかえます。

towelhanger_sato_003

tower バスタオルハンガー

こちら声を大にして「とってもいいですよー」と言いたいくらい、わたしも自宅で愛用して良さを実感しているバスタオルハンガーです。

普段は脱衣コーナーでバスタオル掛けとして使っているのですが、デザインがすごくシンプルなうえスリム設計なので、梅雨のジメジメした時季などは上の写真のように『即席部屋干し』として使ったりもしています。

速く乾いてほしい子どもの保育園用のタオルや着替え用のキッズTシャツなどをササッと干せてとても便利。

部屋のなかに洗濯物を干すのはやっぱりストレスフルなことだからこそ、ちょっとでも道具の見た目がいいことで救われてる気がします。

 

「梅雨だからいいこと」って
ないのかしら??

「梅雨はいったいいつ明けるんだー」なんて、どうしても鬱々としてしまう時季だからこそ、 逆説的に「梅雨だからいいこと、楽しめること」ってないのかしら?と3人のスタッフに聞いてみました。

それぞれ同じようなことを考えていたのが面白くて、梅雨には梅雨ならではの意味というか時間の過ごし方があるのかもと思ったりしました。

このコラムの最後に3人からの回答を紹介して、おわりにしたいと思います。

tsuyuotomo_staffphoto

— 編集スタッフ二本柳

雨の日は、なんといっても堂々と家ごもりできるところが嬉しいです。

この “堂々と” というところがポイントでして、私は「休日は外に出なくっちゃ!」「なんとしても充実させねば!」という、もはや強迫観念にも近いものを持っているんです(苦笑)

それが夏ともなれば、晴れの日に家にいるなんて人間失格のような気分になってしまい…

でも、雨が降ってしまったらもう仕方がない!

お気に入りのDVD数本とお菓子をテーブルにセットして、パジャマのままでどっしりと1日を過ごします。

そんなだらしないとも言われそうな休日を、何の言い訳もなく堂々と過ごせるのは、梅雨ならではの密かなお楽しみです。

 

— 編集スタッフ齋藤

雨が降ったりやんだりで、なにかと振り回されることが多い梅雨。

雨の日の休日は、欲張らずに最小限の楽しみを入れています。

小雨程度だったら早めに買い物と本屋のコースへ出て午後ダラダラ過ごせる準備を。

この、“雨を理由にローテンションでハードルも低く”って結構大事かもと。

天気がいいと張り切ってあれもこれも!とやってしまうようなことを最低限におさえる。

その方が雨の日も変わらず元気!な息子との遊びにも、すこーし余裕を持って付き合える気がします。

ハードルが低いもんで、美味しいコーヒーが飲めただけで、アイロンが出来ただけでも万々歳!となります。

あと、最近雨の日の自転車用に柄がかわいいポンチョを買いました。これだけでもずいぶん雨の日の朝の気分が変わるものですね。

11356521_1455935904707258_395185918_n(PAQUETというブランドのものだそうです)

 

— バイヤー松田

外にお出かけも好きだけれど、やっぱり何だかんだでインドア派。

雨の日は「雨なんだから仕方ない!」と、思う存分、気負いせずに家でゆっくり過ごします。

雨模様の窓の外を横目に、少し静かめの音楽をかけて好きな小説を読んだり、映画を観たり。じとじとが続くのはつらいけど、インドア派の自分にとっては、雨は大切な味方。

だからこそ、梅雨とも、いろんな湿気対策をしながら楽しく付き合っていけたらいいなと思います。

 


本日の編集部recommends!

日々の料理道具
平日のご飯づくりをラクに。今の自分にあったモノ選びって? [SPONSORED]

本日の再入荷
1年中活躍する±0のサーキュレーターや、サイズ調整自由なレザーベルトなど多数再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像