【私たちの食器棚事情】第2話:使い勝手もワクワクも大事。ママ一年生の食器棚

編集スタッフ 青木 編集スタッフ 青木

DF2_8920

3日間の連載で、特集『私たちの食器棚事情』 をお届けしています。二日目は、一歳児の母として日々奮闘する、スタッフ齋藤の食器棚事情にせまります。

(※商品ページへのリンクのない器や雑貨はすべてスタッフの私物となり、販売はしておりません。)

 

キッチンとダイニングで、2つの食器棚を使っています。

DF2_8976_1ダイニングの食器棚:栃木県の古道具屋で購入

スタッフ齋藤の自宅では、古道具屋で購入した食器棚と、キッチンにもともとあった作り付けの引き出し収納を使用中でした。

DF2_8915キッチンにある作り付けの食器棚

2種類の棚の使い分け方、食器の配置には、家事効率と食器にトキメク気持ち、どちらも大事に思う気持ちが表れていました。じっくりと見てみましょう。

 

ダイニングには、ワクワク重視の収納を。

DF2_8961_1

ダイニングに置かれた食器棚は、栃木の古道具屋さんで出会ったものだそうです。以前は大学の研究室で使われていたのだとか。

存在感のある大きさですが、抜け感のあるガラス製だからなのか軽やかな印象ですね。

現在の住まいに引っ越してくる前は、下の写真のように全ての食器を収納していたそうです。

saito031以前の収納風景

今はお気に入りのグラスやカップ&ソーサーを並べて使用中でした。

DF2_8967_1(上段)カルティオ/シーブルー/ハイボールカルティオ/シーブルー/タンブラー、グラス:雑貨屋さんで購入(下段)子犬印ティーポット、グラス:雑貨屋さんで購入

DF2_8965_1

 

非日常を味わえる、足つきグラス。

DF2_8947_1

スタッフ齋藤
「キッチンの食器棚に思いがけず収納力があったので、こちらにはグラスのみ置いています。来客時はもちろん、どれも日常使いしていますよ〜。足付きグラスが最近のお気に入りで、ジュースやカフェオレを注いで使っています。」

DF2_8962_1

スタッフ青木
「足付きのグラスを日常使いするのって、なんだか新鮮ですね。アルコール用というか、ちょっぴり特別な夜のイメージがありました」

スタッフ齋藤
「使ってみたら朝食の時間が豊かになったように感じたんです。想像以上の心地よさや非日常感があって。これは発見でした!」

DF2_8973_1

食器棚の上にも、ついつい飾ってしまうという齋藤らしいディスプレイが。

DF2_8978_1ガラスドーム:頂き物、花器:雑貨屋さんで購入、木製マグ

収納とインテリアを兼ねたダイニングの食器棚には、ワクワクする景色がたくさん潜んでいましたね。

さてお次は、グラス以外の食器を収納している、キッチンの食器棚を見てみましょう。

 

キッチンでは、効率重視の収納を。

DF2_8864中央の花模様のお皿:ポーリッシュポタリー(取扱い終了)

腰の高さにある引き出しの片方には大きさが揃った小振りなお皿が。もう片方には蕎麦猪口サイズのボウルが収納されていました。

どちらも特によく使うサイズなので、調理中に振り返れば手の届く場所にあるのだそうです。

DF2_8865

スタッフ齋藤
「小さめのボウルは、ヨーグルト・フルーツ用に使っていました。子供が離乳食を食べるようになった頃からは、すっかり子供用になっています。偶然でしたが、手持ちの食器が離乳食にピッタリなのは助かりました」

引き出しの下段には様々な形の食器を収納中です。

DF2_8901(上段左から)ポーリッシュポタリー、ブラックパラティッシ

同じサイズは重ねて、よく使うお皿は、皿立てに並べてありました。この中から、使うたびにいいなと思う、お気に入りの食器を見せてもらいました。

 

まだ使えない、と思うほどお気に入りの食器たちです。

DF2_8936(中央)パス・ザ・バトン、(右上から時計回りに)スティグリンドベリ/アスター:北欧旅行で購入、マリメッコ、クラスカの木製プレート、小石原ポタリー、グレーの絵皿:イギリスのヴィンテージ

都内の雑貨店で購入したものなど、アートな食器がぐるりと並びます。

中でもイギリス・ヴィンテージのプレートは(画像右下:小石が並んだようなデザイン)割れてしまったら悲しいから時々しか使えないと思う程お気に入りなのだそうです。

DF2_8922グレーのボウル:クラスカ

スタッフ齋藤
「最近購入したお皿でヒットしたのは、オーバルプレート!これに盛りつけるだけで、レストランみたいな気分が味わえるんです」

DF2_8970(上から)ブラックパラティッシ、オーバルプレート:雑貨屋さんで購入、白いプレート:パス・ザ・バトン、カトラリー:SUNAO

 

シンク上の戸棚が「朝食セット」の特等席。

DF2_8851_1

毎朝つかう「朝食セット」はシンク上の戸棚に収納されていました。

キッチンの前に立つだけで、朝ご飯の準備ができる配置です。慌ただしい朝に少しでも余裕が欲しいという試行錯誤のすえ生まれた収納なのですね。

 

カトラリーがあちこちにあるワケ。

DF2_8954_1

齋藤家では、あちこちに置かれたカトラリーが目にとまりました。1つめはダイニングにあった食器棚の引き出しの中。

こちらにはシリーズで揃っているカトラリー、お箸や箸置きを収納中。ちなみにカトラリーは、grafデザインの『SUNAO』シリーズを愛用中です。

DF2_8959_1

キッチンの棚に置かれた食パンケースには、大きさやシリーズがまちまちなカトラリーが、ざっくり収納されていました。この中のものを、主に日常使いしているそう。

DF2_8872

DF2_8875

コンロの横にも。
こちらには調理に使うお箸とティーサイズのスプーンが置かれています。

DF2_8849_2

調味料を入れる際や、一才の息子さんの食事ができた時、ササッと手に取れて便利だった事から、ここに置くようになったのだそうです。

あちこちにカトラリーが置かれていたワケは、家事の導線をつぶさに観察して、あったらいいなと思う所に素直に置いてみた結果の配置だったのですね。

 

効率とワクワクのバランスが心地いい食器棚。

キッチンでは、効率重視の収納・配置を見せてもらいましたが、その中にもやはり、齋藤らしいワクワク要素がありました。

家事しごと中に心をなごませてくれるモチーフが、食器棚上部の壁に飾られていたんです。

こちらの壁は、マグネット加工を施した板を取り付けてDIYしたのだそう。

DF2_8917

そしてもう1箇所、食器棚ヨコのカウンターの棚上を利用して、マグカップを掛けて収納していました。

毎日何度も使うマグカップは、棚から出ているととても便利なことから、この配置にたどり着いたようですが、見た目にも楽しい収納ですね。

DF2_8884

齋藤にとってワクワクする事は、使い勝手と同じくらい大事な事なのかもしれません。

食器棚の使い方は、子供の成長過程でも変わってくるかもしれないので、またいつかお邪魔したいなと思いました。


もくじ

第1話(9月28日)
旅でみつけた食器がずらり。食いしん坊の食器棚。

第2話(9月29日)
使い勝手もワクワクも大事。ママ一年生の食器棚

第3話(9月30日)
食器・本・買い置きの食品まで、あれこれつまった食器棚


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

本日の再入荷
スウェーデンのキッチンラグやムーべのフレームなど北欧アイテムが続々入荷中です。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像