【北欧さんぽ】ノルウェー1:フィヨルド観光の玄関口。港町のベルゲンへ!

編集スタッフ 二本柳 編集スタッフ 二本柳

hokuohsanpo_20151026_0359文・写真 スタッフ二本柳

本日で8回目となる「北欧さんぽ」は、デンマーク、スウェーデンを経て、今日からノルウェーへ突入です!

わたしが「北欧に行きたい」と決めたとき、すぐに頭に浮かんでいたのが、実はここノルウェーでした。

インテリア雑貨や有名建築にはもちろん興味津々だったけれど、ノルウェーの田舎で育った友人から見せてもらった写真の、あまりの美しさに圧倒されて、いつかこの大自然の中に飛び込んでみたい!と思い続けていたのです。

とはいえノルウェーというとまだ日本では情報が少ない国。ガイドブックも他に比べると少ないと思います(泣)

なので、こちらのコラムがノルウェーに興味のある方にとって少しでも役立つ情報となればうれしいです♪

 

まずはフィヨルド観光の玄関口へ。

hokuohsanpo_20151026_0351

今回の旅のメインは、大自然・フィヨルド

そしてそのフィヨルド観光の玄関口となるのが、オスロにつづく第2の都市・ベルゲンです。

本日は、ノルウェー語で「山の牧場(ベルゲン)」という素敵な意味をもつこの街についてお届けしたいと思います。

 

新鮮な魚介がならぶ「魚市場」。

hokuohsanpo_20151026_0347

hokuohsanpo_20151026_0348

ベルゲンの街はとてもコンパクト。

1日もあれば徒歩でだいたいのスポットをまわることができるほどです。

これまでコペンハーゲン、ストックホルムと大きな都市を観光してきたこともあり、なんとも落ち着く規模感がうれしい…。

そんなベルゲンで、是非おとずれたい場所のひとつが魚市場

1276年のオープン以来700年以上つづいている(!)この市場は、朝から活気に満ちていて、ノルウェーサーモンやタラ、エビ、カニなどが並びます。

hokuohsanpo_20151026_0349

hokuohsanpo_20151026_0350

ずらりと並ぶ市場は食堂を兼ねているところも多く、新鮮な魚介をつかったプレートを食べることができます。

どの市場も家庭的でおいしそうなメニューを用意しているのですが、わたしは魚介たっぷりのパエリヤが注目の的となっていた食堂へ。

hokuohsanpo_20151026_0353

hokuohsanpo_20151026_0354

さすがフレッシュな食材がつかわれてるだけあって、とっても美味しい!

食後に食べたフローズンヨーグルトも口直しに最高でした。

hokuohsanpo_20151026_0361

来るだけで元気をもらえるベルゲンの魚市場、おすすめです。

【information】
Fisketorget(フィスケトルゲ)魚市場
・冬季 10~4月:9:00~17:00(日曜定休)
・夏季 5〜9月:8:00~23:00(無休)

 

カラフルな木造家屋は世界遺産。

hokuohsanpo_20151026_0360

魚市場のすぐ隣に位置するのは、もうひとつの観光スポット。

カラフルな三角屋根の木造家屋がずらりと並ぶ「Bryggen(ブリッゲン)」です。

奥へとつづく路地までもが木で造られているこのエリアは世界遺産にも登録されていて、ベルゲンを代表する景観にもなっています。

もともとは干しダラの倉庫としても使われていた建物ですが、今は地元のアーティストによって手づくりされたアクセサリーやレース、雑貨などが並ぶ工房として使われていたり、カフェやレストランになっています。

hokuohsanpo_IMG_2927

特にシルバーアクセサリーは洗練されたデザインが多く、工房の奥で職人さんが手づくりしている様子を見ることもできました。

 

半日かけて、ぐるりと街を歩きたい。

hokuohsanpo_20151026_0344

冒頭でも書きましたが、ベルゲンはとてもコンパクトな街なので、歩いてまわることができます。

自分の足で気の向くままにてくてくお散歩。街の素顔をのぞいているようで、うれしくなります…♪

ここベルゲンに来たら、ぜひ半日をつかってのんびりと歩いてみてくださいね。

◆ベルゲン駅近くの公園からスタート!

hokuohsanpo_20151026_0340

hokuohsanpo_20151026_0341

ベルゲン駅を降りるとさっそく目の前に広がるのが、湖を囲むうつくしい公園。

犬の散歩をしていたり、寝転んで本を読んでいる人がいたり… まぶしい光に包まれておだやかな時間がながれています。

◆公園を抜けると野外オーケストラに遭遇。

hokuohsanpo_20151026_0346

先ほどの公園をまっすぐ抜けて、そのままショッピングストリートへ向かうと、そこではオーケストラの野外コンサートが催されていました。

「どこにこんなたくさんの人が…?」と驚くほど、広場一面が人に覆われて大盛況。ダイナミックな演奏に心を奪われます。

実はわたし、オーケストラの野外コンサートというものに子どもの頃から憧れがあったのです。開放感ある空間で思い思いに音楽をたのしんでる風景がすてきだな…と思っていて。

思わぬところで夢が叶ってしまいました…(感動!)

◆とびきり美しい夕焼けの海。

hokuohsanpo_20151026_0355

野外コンサートをたのしんだあとは、先ほど紹介した港沿いの魚市場へ向かいます。

試食をしたりお土産を買ったりしながら市場をたのしんでいると、いつの間にかあたりが夕焼けにそまる時刻に。

空気が澄んでいるからでしょうか?こんなクリアな光はこれまで見たことがない!というほどに美しい夕焼けです。

ちょうど夕食時だったので、どこからか陽気な音楽が流れ、いたるところから美味しそうな匂いがただよっていました。

hokuohsanpo_20151026_0357

さて、翌日は早起きをして、さっそくフィヨルドへと向かいます。

ノルウェーではレンタカーを借りて、自分たちで地図を見ながら旅をすることにしました。

来週もどうぞおたのしみに♪

(つづく)

 


もくじ

第1話(9月10日)
北欧を旅しよう!はじまりはコペンハーゲンの朝さんぽから。

第2話(9月15日)
大人もたのしむ遊園地から、自転車だらけの通勤ラッシュ。

第3話(9月24日)
カラフルな童話の世界でランチタイム。

第4話(10月2日)
りんごの木の下で、自家製パンにオーガニック野菜も。

第5話(10月8日)
『魔女の宅急便』でキキが歩いたガムラ・スタン。

第6話(10月15日)
忘れられないシナモンロール。

第7話(10月22日)
自然と建築が融合。うつくしすぎる「森の墓地」

第8話(10月27日)
フィヨルド観光の玄関口。港町のベルゲンへ!

第9話(11月13日)
レンタカーでの車旅がおすすめです!

第10話(11月18日)
フィヨルドで自然を大満喫!



本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

Today’s selection
新しい暮らしにおすすめしたい、心がはずむアイテムを集めました。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

TRIPカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像