【スタッフコラム】劇場には、他で味わえないドキドキがある。

編集スタッフ 長谷川

160519staff_column_1

もう涙がぼろぼろ出てきて止まらなかったんです。若くていきいきとしていた男たちが老いていき、ひとりずつこの世を去っていく姿に、自分の未来まで重なってしまうかのようで、いたくて、つらくて。

東京芸術劇場でハイバイという劇団の公演『おとこたち』を観たのですが、あぁ、申し遅れました、スタッフ長谷川です。趣味のひとつが、観劇です。

昔から好きだったわけではないのですが、ここ一年くらい誘いに乗って足を運ぶうち、すっかり魅了されました。

この前の日曜日には、赤坂RED/THEATERでクロムモリブデン『翼とクチバシもください』を楽しみました。意味がありそうで無い言葉が容赦なく飛んできて、頭がしびれちゃう新鮮な体験でした。

 

幕が開くまでドキドキで、役者さんに惚れぼれで。

160519staff_column_2

映画や動画もよいものですが、演劇だからこそ際立つ魅力がたくさんあるものです。

たとえば、だいたいのテレビドラマでは「ひとつの役柄にひとりの役者」が当てられていますよね。

ある刑事が「レインボーブリッジ封鎖できません!」と叫んだあとに、別の犯人役で再登場するなんてことはない。

でも、演劇はまったく異なる役柄を、同じ役者さんが演じることもあるんです。

少年期と青年期だったり、そもそも別人だったりを演じ分けて、僕らに信じこませてくれる。ぜんぜん違う人にちゃんと見える!

演劇を好きになったきっかけのひとつが、柿喰う客の公演『完熟リチャード三世』でした。出演者は全員女性、しかも複数の役側を担当して、シェイクスピア作品を上演する。

その挑戦的な舞台に触れ、「演劇って、役者って、すごい!」と、しみじみ思ったものです。

 

もうひとつのお楽しみが、個性豊かなフライヤーたち。

160519staff_column_3

観劇に行くと、座席には他の劇団が公演をお知らせするフライヤー(チラシ)が置かれています。

開演までにチェックするのも楽しみで、「これ次に行きたいなぁ」とスケジュール帳を開くこともしばしば。

なにより、ビジュアルやデザインに凝ったものが多くて、ながめるだけでも楽しい!

「予定が合わないけどステキだから持って帰ろう」って思えるものもあります。質の良い紙が使われていたり、カッコいい印刷に出会えたりすると打率も上がる。紙モノ好きの心をくすぐってきます。

160519staff_column_4

この空間で、僕はどこへ連れていかれてしまうのだろう。

座席について、まだ誰もいない舞台を眺めた時、いつも心がわくわくします。役者さんの熱気に触れて、頭も胸もかっかと熱くなったまま、劇場から出てあびる風の気持ちいいこと!

何か新しいドキドキとの出会いを求めていらっしゃるなら、演劇もおすすめですよ。


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像