【スタッフコラム】社会人11年目。10年間の変化と、これからと。

お客様係 西野 お客様係 西野

nishino_0427_1 ▲電子辞書には思い出のピンバッジが。

早いもので、社会人11年目を迎えました。

先輩の背中を必死で追いかけていた日々がついこの間のことのようで、今では追いかけながらも、追いかけられる立場になったことをひしひしと感じています。

あるときテレビ番組で、20代前半の女性が自分の夢についてアツく語っている番組を観たときのこと。

話す姿勢や表情から、「若いからエネルギーが満ち溢れていてうらやましい…!」なんて、半ばまぶしくて直視できないような、そんな目線で見ている自分に気づきました。

年齢に関係なくエネルギッシュな人はたくさんいること、本当はわかっているんですけどね。

 

nishino_0427_3▲カナダで仕事をしていたとき、どれだけ名札に助けられたか!

ちょうど10年前、そのテレビに出ていた女性と同じ年齢のとき、わたしはカナダにワーキングホリデーに行って、帰国し社会人になった大きな節目の年でした。

長い人生の中のたったの1年、されどわたしにとっては、忘れられない大きな1年。

英語でのやりとりが少しずつスムーズになるのが嬉しくて楽しくて、でも通じない悔しさの方が何倍も多くて、だからこそ誰かに話しかけて1フレーズでも多く覚えたい欲望のかたまりでした。覚えたらボソボソと言っていたものです。

社会人になれば悔し涙を流すこともありながらも、仕事が楽しいと思える瞬間が少しずつ増えていき、失敗したら次こそ!と自分を奮い立たせ、その瞬間をバネに成長していたような気がします。

あのころの目まぐるしく過ごす日々のエネルギーは、テレビに出ていたその女性と重なる部分があったんだと思います。

nishino_0427_2▲満開の桜と同じくらい、新緑もきれいです。

あれから10年、そんなエネルギーは今の自分にあるのかと考えたとき、「うーん」と正直考えてしまいます。

あの頃のように、がむしゃらに毎日を過ごせているのか?セーブすることの方が先立っていないだろうか?

どっちがいいとか悪いとかではないですが、あの頃思い描いていた10年後の自分になれているのか?

自問自答すると、自信持って即答できないところに、少し残念な気持ちにもなるかもしれません。

 

これに気づいたとき、今年は一度10年前に立ち返って、エネルギッシュに過ごすことを密かに決めました。

あのころのバイタリティと、これまでの10年のいろいろな失敗や成功を合わせたら、さらにたくましくなれそうな気がします。

まずは10年前、カナダで同じ時間を共有した友人に久しぶりに連絡してみようかと思います。

「英語なんて忘れちゃったよ」という言い訳を捨てて、辞書を引きながら、イチから再スタートです。


本日の編集部recommends!

シュワっと夏のドリンク
おいしく飲みきれて、デザインもかわいい炭酸水と、自家製シロップレシピ[SPONSORED]

本日の再入荷
人気のサイドテーブルや、収納上手なオリジナルミニ財布など再入荷中!

【最新動画】北欧に暮らすひと
「新品はほとんどない」セカンドハンドで暮らす、北欧インテリア

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像