【BRAND NOTE】後編:ヨーグルトで作り置きおかずも?店長佐藤の「作ってみた」レポート

ライター 小野民

mbg0585

ヨーグルトをつかった「簡単レシピ」に、店長佐藤がチャレンジ!

私たちの食卓におなじみのヨーグルトの知られざる魅力について、全2話でお届けしているBRAND NOTE「明治ブルガリアヨーグルト」編。

前編では、担当者の方にブルガリアヨーグルトのこだわりや、本場ブルガリアでの食べ方についてうかがいました。

後編では、担当の方に教わった3つのおすすめレシピに、店長佐藤がチャレンジ。こんなに手軽に?意外なおいしさ!などと、楽しい初体験の様子をレポートします。

(この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです)

 

type_recipe_01

食べ応えはあるのにヘルシー
「ヨーグルトースト」

mbg0932

店長佐藤:
「子供の頃からヨーグルトは好きで、今もよく食べています。おなかにいいから、という理由で夜食に食べることも多いです。でも、料理に使うのは今日が初めて」

おそらく、多くの人がそうであるように、ヨーグルトはそのまま食べるのがスタンダードだったそう。

まずは入門編として、忙しい朝にもぴったりな、卵とハムの乗ったトーストをつくってみました。

ヨーグルトの料理使いのポイントのひとつが、高カロリーな食材の代わりにするというもの。ヘルシーにはなりそうですが、そのお味はいかに?

mbg0871▲卵が流れ出ないように、ヨーグルトの土手をしっかり作るのがポイント

材料

・明治ブルガリアヨーグルト LB81プレーン…大さじ5
・お好みのパン…1枚
・卵…1個
・ハム…1枚
・塩、こしょう…適量
・ブラックペッパー…適量

 

作りかた

[1] パンの周囲に、プレーンヨーグルトを盛り上げるようにのせてふちを作る。

[2] 1のふちの中に卵を割り入れ、適当に切ったハムをのせ、塩・こしょうをふり、トースターで5分ほど焼き、ブラックペッパーをふる。

※トースターで焼くときには途中でアルミホイルを被せると、焦げ付かずに上手に火が通せます。

mbg0993

店長佐藤:
「なるほど〜。ヨーグルトを焼くとほろほろっとして、程よい酸味。ちょっとカッテージチーズみたい。おぉ!ヨーグルトがパンに染みた部分は、フレンチトーストみたいでびっくり。1枚で2度おいしいトーストですね」

大きな口でがぶりと頬張り、満面の笑みの店長。

店長佐藤:
「簡単だし、朝が苦手な私でもお弁当のついでにちゃちゃっと作れそう!」

 

type_recipe_02

寝る前に仕込めば、翌朝がラクに!
「切り干し大根とホタテのサラダ」

mbg0826

次にご紹介するのが、ヨーグルトで乾物を戻し、それをアレンジするレシピ。

乾物は、水で戻すと栄養素が溶け出してしまいますが、ヨーグルトで戻す場合はそのまま料理に使えるので、栄養をまるごと食べられるという利点もあります。

mbg0656

材料

・切り干し大根…30g
・貝割れ菜…少々

<A>
・明治ブルガリアヨーグルト LB81プレーン…150g
・ほたて缶…1/2缶(総容量70gの缶詰)
・マヨネーズ…大さじ1と1/2

 

作りかた

[1] 切り干し大根はAに浸け、冷蔵庫に7~8時間置いてもどす。

[2] 貝割れを食べやすい大きさに切って散らす。

夜、寝る前に仕込んでおけば朝食に、朝食時に仕込んでおけば夜食時に食べられるこのレシピ。本当に戻るの?とちょっと心配になりましたが、時間が経てばしっかりとなじみ、そのままだと気になる乾物の香りもまろやかになっていました。

レシピでは、ほたて1/2缶となっているところを、店長は1缶まるごと投入。うまみもしっかり効いた、和食と洋食の中間のようなサラダができあがりました。

mbg0843

店長佐藤:
「これは……!お箸が止まらないですね。アスパラの肉巻きとかこってり系のおかずに合いそう」

とパクパク。もしかして……とつぶやきながらキッチンから持ってきたのは、黒こしょうとごま油。

店長佐藤:
「これ、絶対合うと思うの」

そう言って、取り分けたお皿の片方にはごま油をたらり。もう片方には、黒こしょうをがりがり。

せっかくなのでスタッフ一同で食べてみると、確かにやみつきの味に。工夫次第で可能性が広がりそうなレシピです。

切り干し大根だけでなく、乾燥豆、煮干し、ドライトマトなど、どんな乾物を戻すのにもヨーグルトは使えます。

より手軽に楽しむなら、ヨーグルトにドライマンゴーなどのドライフルーツを漬けておくのもオススメ。ふっくらと戻ったマンゴーは、まるでフレッシュのような美味しさです。

 

type_recipe_03

子供のおやつや、晩酌のおつまみに
「ヨーグルトボール」

mbg0790▲こちらは、ハム、フライドオニオン、ピスタチオ、ベーコンなどを混ぜ込んだおつまみバージョン

最後は、水切りしたヨーグルトを使ったレシピをご紹介します。

混ぜる具材によって、さまざまなバリエーションが味わえ、家庭の味をつくれるのも魅力。ころんと丸い見た目がかわいく、ヨーグルトを使っているとは一見分からないかも!?

mbg0782

材料(12個分)

・明治ブルガリアヨーグルト LB81プレーン…1パック
・ローストアーモンド…60g

<A>
・ドライマンゴーもしくはパイナップル…45g
・砂糖…小さじ2と1/4

 

作りかた

[1] プレーンヨーグルトの水分を切って、1/3量にする。しっかり水切りするために、ヨーグルトの上に400ml〜500mlの水を入れたボウルを置くなど、重しをして半日ほど冷蔵庫で水切りする。

[2] ドライマンゴーとローストアーモンドは刻む。

[3] 1の水切りヨーグルトにAを混ぜる。

[4] 12等分してそれぞれ丸めて、ローストアーモンドをまぶす。

mby_recipe_honban

水切りして濃縮したヨーグルトの風味と、中に入れたナッツの香ばしさ、ジューシーになったマンゴーの風味が口いっぱいに広がります。

店長佐藤:
「甘みがある方は子供のおやつに良さそうだし、スパイシーなほうは、ワインかビールを合わせて食べたいですね。ジャンクフードを食べたいって気分のときでも、これなら気兼ねなく食べられちゃう」

 

ヨーグルトが毎日の料理の味方になってくれる

mbg0621

ヨーグルト料理初心者だった佐藤が作ってみたのは、数あるヨーグルトレシピの中でも、お手軽なものばかり。

これまではそのまま食べたり、せいぜいジャムを混ぜるだけだったので、料理に?なんて最初こそ身構えましたが、作ってみると慣れ親しんだヨーグルトの風味は、驚くほどしっくりと料理になじむものでした。

「ヨーグルトは、味噌や醤油のようになりたい」は決して、突拍子もない目標ではなかったんだと、料理をしてみて分かりました。

世代を超えて、私たちの生活に欠かせなくなったヨーグルトは、もはや「和食」「洋食」という枠を超えた食卓の相棒になっているのかもしれません。

私たちのおなかを健やかに保ちながら、料理をおいしくしてくれるヨーグルトは、これから「家庭の味」の定番になっていく気がしています。

(おわり)

ブルガリア

【写真】鈴木静華

 

 


第1話(7月10日)
朝食の名脇役「だけ」じゃない? 私たちの知らない、ヨーグルトの魅力

第2話(7月11日)
ヨーグルトで作り置きおかずも?店長佐藤の「作ってみた」レポート

 

brandnote_B_3

brandnote_A_3

 

profile_futura_lineblack

onotami_profile

ライター 小野民(おの たみ)

編集者、ライター。大学卒業後、出版社にて農山村を行脚する営業ののち、編集業務に携わる。2012年よりフリーランスになり、主に離島・地方・食・農業などの分野で、雑誌や書籍の編集・執筆を行う。現在、夫、子、猫3匹と山梨県在住。

 


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
市販のルーは使わない!30分でできる、ル・クルーゼの本格カレー

本日の再入荷>>
旅行にもパーティーにも♪必需品がちょうど良く収まるポーチショルダーが再入荷しました!

お知らせ>>
2017年秋のクラシコム人材採用プロセスが始まります!

公式LINE@はじめました >>
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪

SPONSOREDカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • 食器の画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • インテリア雑貨の画像
  • ファッションの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像