【インテリア特集】第4話:「衣替え」しながら使う。料理家こてらみやさんの食器棚事情

ライター 嶌陽子

古いうつわも、お直ししながら大切に使う。

料理家、こてらみやさんの自宅にお邪魔しているインテリア特集。

最終回では、こてらさんの、とっておきのうつわを見せていただきます。

料理家という職業柄、たくさんのうつわを持つこてらさん。古いものから陶芸作家のものまで様々ですが、どれもがこてらさんらしい、シンプルで品のよいものばかりです。

さらに、うつわを傷つけないために実践している収納アイデアも見せてもらいました。

※登場するアイテムは、全て私物です。過去に購入したものを紹介しているので、現在手に入らないものもございます。どうぞご理解、ご了承いただけると幸いです。


第4話
「衣替え」しながら
大切に使い続けるうつわ


好きな日本の陶芸作家のものから、国内外のアンティークまで。
数多くあるこてらさんのうつわは、気品がありながらも、普段づかいがしやすそうです。

そんなうつわのコレクションから、いくつかご紹介します。

 

「金継ぎ待ち」もある、骨董品

京都で骨董店を営んでいるご実家から譲り受けた古いお皿の数々。染付や白磁など、伝統的なものが揃っています。

こてらさん:
「実は譲ってもらったのは、一部が欠けてしまったりした、売り物にならないうつわがほとんどなんです(笑)。

だから、自分で金継ぎをして使っています。時間がなかなかつくれないので、“金継ぎ待ち”のうつわが、まだあるんですよ」

 

陶芸家、石川若彦さんのカトラリー入れやカップ

益子で作陶している作家、石川若彦(いしかわわかひこ)さんは、こてらさんの友人でもあります。あたたかみのある乳白色が印象的です。

こてらさん:
「カップは、コーヒーやお茶はもちろん、お酒を飲むのにもちょうどいいですね。

薄手で、貫入にお茶などの色が入るので、使えば使うほど“育つ”というか、味が出てきます」

 

フランス・ムスティエのアンティーク

美しいフォルムと、柔らかな色味が特徴的な、フランスの伝統陶器、ムスティエ焼きのアンティーク。

こてらさん:
「特にお客さまが来た時に重宝しますね。この大きめのサイズが、どんと盛りつけるのに使いやすいんです。

野菜を並べたり、お肉を盛りつけたりと、様々な使い方をしています」

 

かごに入れた、酒器いろいろ

少しずつ集めた酒器は、先ほどの石川若彦さんのものをはじめ、さまざまな陶芸家のもの。

こてらさん:
「我が家では、友達を招いて食事会をすることも度々あります。そんな時にこのかごごと見せて、“どれがいい?”って、お気に入りの酒器を選んでもらうんです」

 

新旧さまざまな小皿

ステンレス食器棚の一角にある、こてらさん自作の引き出しには、小皿やれんげなど、こまごまとしたものが入っていました。

こてらさん:
「骨董から、新しいものまで、色々です。小皿はおつまみを入れたりしょうゆ皿にしたり、色々なシーンで使っています」

仕事柄、うつわはたくさん持っているというこてらさん。収納を工夫したり、季節ごとに使い分けることで、使わずに眠らせているものはあまりないそうです。

こてらさん:
「たとえば、夏はあまり重たすぎる雰囲気のうつわは使わないので、食器棚の奥のほうに移動させて、その代わりガラス製のものを取り出しやすいところに置く。

そうやって、季節に合わせて一部のうつわの「衣替え」をしながら、なるべく色々と使うようにしています。

 

ウレタン+ブックエンドで、うつわを傷つけない収納

最後に、こてらさんが実践している“傷つきやすいうつわの収納法”を見せてもらいました。

ホームセンターなどで売っている分厚めのウレタンフォームを適当なサイズにカットします。仕切りには、余っていたというブックエンドを使用。

そこにうつわを立てて収納しています。ウレタンフォームがクッションとなるうえ、縦置きだと、うつわが取り出しやすそうです。

全4回にわたってお届けした、こてらみやさん夫妻のインテリア。

古いマンションによく似合うアンティーク家具の数々、それらにトーンを合わせてDIYした家具。そして、部屋全体に感じられる植物の息吹。

「一日出かけた後、この家に帰ってきたら、さぞほっとできるんだろうな」と思わせる、穏やかな空間でした。

それは、こてらさん夫妻が日々、家具や道具、うつわを大切に使い続けながら、さらなる心地よさを求めて、少しずつ手を加えていったからなのでしょう。

こてらさん夫妻のベランダに生い茂る植物のように、インテリアも、じっくり“育てる”。その楽しさや喜びを教えられた気がしました。

(おわり)

【写真】キッチン・ミノル

 

もくじ

 

profile_futura_lineblack

こてらみや

料理家。日々の楽しみは自宅のベランダで収穫した果物や野菜でびん詰めを仕込むこととDIY。裁縫も得意でエプロンやトートバックも手作りする。京都の実家が骨董店ということもあって、うつわや家具も古いものが好き。

▽こてらさんの著書はこちら!


感想を送る

本日の編集部recommends!

すこやかなひと
運動が苦手でも、軽やかにつづく。心地よく動ける素肌のようなアイテムに出合って[SPONSORED]

【4/22(月) AM10:00まで】春のトップスタイムセール!
春の羽織としても使えるボレロブラウスや、重ね着を楽しめるニットベストなど、今すぐ使える人気アイテムが対象です!

【4/26(金) AM10:00まで】真っ白なブラウス『hope』ご購入で送料無料キャンペーン!
hope開発秘話をお届けする、インターネットラジオ「チャポンと行こう!」【番外編】も公開中です!

【動画】わたしの朝習慣
台所仕事が目覚まし代わりに。朝のうちに、1日分の食事の下ごしらえを済ませておくこと

INTERIORカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像