【バイヤーのコラム】お悩み相談コーナーで知った、さみしさ脱出法。

商品プランナー 加藤 商品プランナー 加藤

▲私が撮影するのを見守る凛々しい顔のギャッツビー。

先日、我が家で1週間ほど犬を預かりました。夫の実家の子で、名前はギャッツビーです。

少し怖がりな性格なのか、知らない人が苦手。私にも警戒心が強かったのですが、この長期滞在を経て、とても仲良しになりました。

はじめは夫や母が一緒でないと嫌がっていた散歩も、私と出かけられるように。

仕事から帰ったときの盛大なお出迎え、リラックスタイムにゴロンと寄りかかってくるなど、最初とのギャップもあって余計に愛らしく、終始メロメロでした。

▲モフモフが膝の上に・・・!

ギャッツビーが実家に帰ってから、すでに2週間ほど経ちますが、なぜかさみしい気持ちに慣れません。ドアをあけたときに駆け寄ってくる、あの茶色いモフモフが恋しい!

心にぽっかり穴があいたよ〜と夫と大げさにいい合いながら、ギャッツビーロスに浸っています。

*****

話は変わりますが、私は雑誌のお悩み相談コーナーが好きです。美容院でパラ読みする雑誌も、そのコーナーだけは熟読です。

そんななか数年前に読んで記憶に残ったのは、ある女性タレントが回答する連載もの。その回は、失恋した相談者が彼との思い出が辛すぎて、すべてを忘れ去りたいという内容でした。

そんな彼女への回答は
「彼と楽しく過ごした日々があったこと、それ自体は否定しないでくださいね。」
でした。

良い思い出こそ忘れたい、記憶から消し去りたいと思ってしまいますが…

「彼といた過去の自分自身までも、無かったことにしないでください。心あたたまる日があったことを大切にしながら、自分の気持ちをいたわって」といった趣旨。

それを読んだ私は、どこかハッとしたのでした。

▲どこか犬っぽいルンバの動きに心なごませる夜…。

ギャッツビーが帰ってしまい、さみしいなぁと思いを馳せた夜、もや〜んと思い出したのが、このお悩み相談コーナーでした。

さみしさに比例するほど、かえがたい出来事があった。その機会は有難いし、いとおしいこと。

ギャッツビーロスから抜け出すのに、ちょいと時間がかかっているのは、犬との暮らしを心豊かに過ごせたから。

そんなふうに思えたら、ただただ虚しいだけだった気持ちに、ほんのりあたたかい感情も加わるように感じます。

とはいえ、また遊びに来てほしいなーなんて、お気楽なさみしさなのですが(苦笑)それでも私を少し元気にさせてくれた、エピソードでした。


本日の編集部recommends!

日々の料理道具
平日のご飯づくりをラクに。今の自分にあったモノ選びって? [SPONSORED]

本日の再入荷
1年中活躍する±0のサーキュレーターや、サイズ調整自由なレザーベルトなど多数再入荷!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像