【お知らせ】今夜、新しい書き手を迎えて「メルマガエッセイ」が配信されます!

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

今年の1月より、「明日がちょっといい日になりますように」と手紙をお届けするようにスタートした、メルマガエッセイの配信

週に1回ほどのペースでお届けするこちらのエッセイ。今夜、新しい書き手のかたを迎えての配信がはじまります!

 

手紙を届けるように送るエッセイ「20時の “おつかれさま” 」

 

夜20時。この時間は、夕飯を終えてひと段落しているひと、子どもとのお風呂時間を終えて最後の一踏ん張りのひと、家路を急ぐひと、と様々な時間帯だと思います。

でも、共通しているのは「今日もおつかれさま」な時間帯であるということ。そこで「明日がちょっといい日になりますように」とメッセージを込めて、20時にエッセイをお届けします。

 

今夜から、詩人・文月悠光さんのエッセイがスタート

写真:石垣星児

新しく始まるエッセイをお願いしたのは、詩人・文月悠光(ふづき ゆみ)さん

現在は作詞のほかに詩の朗読、詩作の講座を開くなど広く活動されるなか、わたしが文月さんの文章に触れたのは、1冊のエッセイ集でした。

エッセイ集には、つい「そうそう……!」と頷いてしまうような気持ちのうごきが、丁寧に正直に表現されていて、その細やかさは、読んでいて日常へ新しい気づきをくれるものだったんです。

そこで、今回メルマガエッセイをお願いすることになりました。

文月さんが紡ぐエッセイを、1日を駆け抜けたその夜にそっとお届けするメルマガ「20時のおつかれさま」。メルマガをご登録の上、どうぞ楽しみにお待ちください。

 

※本日17時までにご登録いただくと「今夜より」お届けします。(17時以降のご登録になりますと、エッセイの配信は次回からとなります。ご了承ください)

▼メルマガ登録はこちらから

メルマガエッセイ配信の背景はこちらから

【写真】かくたみほ(2枚目以外)

 

文月悠光

詩人。1991年北海道生まれ。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年の時に発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少で受賞。詩集に『屋根よりも深々と』(思潮社)、『わたしたちの猫』(ナナロク社)。エッセイ集に『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、『臆病な詩人、街へ出る。』(立東舎)がある。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、詩作の講座を開くなど広く活動中。
ウェブサイト:http://fuzukiyumi.com/

 


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
第2話:消臭・抗菌しながら香りも楽しめる! 梅雨の家事に一石二鳥のハーブ活用術

最新の再入荷情報
デンマーク生まれ、誰かに自慢したくなる傘や果物シロップづくりに欠かせない密閉ビンなど♪

好評配信中!
西田尚美さん主演、当店オリジナルの「短編ドラマ」をつくりました。

INFORMATIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像