【スタッフコラム】肌と髪の「健やかな土台」づくり、始めました。

商品プランナー 斉木

“キレイ” のための健やかな土台がほしい。20代の残り年数が少なくなるにつれ、そう思うようになりました。

それはつまり、健康な素肌だったり、つやのある髪だったりします。

 

10代の頃は、土台のことなんて、考えたこともありませんでした。

ゆるくウェーブのかかったくせっ毛がいやでたまらなくて、針金のようなストレートパーマをかけたり、髪を明るくしてみたり。

みんながやっているから、眉毛は細く釣りあがっている方がいいんだろうし、目も大きくてぱっちりしてる方がいいに決まってる。

もともとの自分の顔立ちや髪質なんて無視して、何かを足すことばかり考えていた気がします。

でも、年齢を重ねるうちに、すこしずつその考えに変化が起こってきました。

以前は気になって仕方のなかった「みんながやってるから」の優先順位はグーンと下がり、そのぶん「あんなふうになりたいなあ」と思う年上の方への憧れが、存在感を増すようになったのです。

わたしがすてきだと思う人ってどんなひとだろう。そう考えたときに、見た目や仕草が、ゆるやかにその人自身とつながっていると感じられるひとかもしれないと思いあたりました。

化粧っ気のない小麦肌に、白髪まじりのベリーショート、いつも丸メガネをかけている憧れの人がいます。年齢はたしか、もうすぐ還暦を迎えるくらい。どんなに年齢がバラバラの集まりも、ひとつにまとめるムードメーカー。いつも冗談ばかり言っているのに、ピンチの時は誰よりも頼りになる。そのひとの見た目と性格は、びっくりするほど「しっくり」くるのです。

そういうすてきな先輩にはもうひとつ共通点があって。

それは、もともと自分の持っている肌や髪に、ちゃんと手をかけている感じがすること。

前述の憧れの方は、「私、白髪は放置しているのに、痛むのはいやだから、絵本に出てくる子どもみたいなナイトキャップをして寝てるのよ」といたずらっぽく笑っていらっしゃいました。

その手をかける部分と抜く部分に、その人らしさって表れるよなあと感じたのです。

▲ケア迷子になるたびに開いている草場妙子さんの本と、読むとメイク愛が高まる劇団雌猫さんの本。

と、いうわけで。

わたしらしさなんてまだまだ暗中模索な若輩者ではありますが、まずは「健やかな土台」づくりから始めたいと思うようになったのです。

ただ、もともとが自分の肌や髪の状態に鈍感なたちなので、何が自分に合っているのかすらよくわからない迷子っぷりです。

夜に一杯甘酒を飲んで寝ると、翌朝顔を洗う時ふだんより肌が柔らかいような……いや気のせい……?と鏡を覗き込み。

友人の誕生日にプレゼントしたヘッドマッサージ用のヘアブラシを、自分用にも買ったはいいけれど、前後左右あらゆる方向にワッシャワッシャと梳かすたびに、使い方はこれで合ってるんだろうかとクエスチョンマークが浮かびます。

▲ヘアブラシには、友人のものと私のものそれぞれに刻印を入れてもらいました。

きっと、とんちんかんなことも、たくさんしていることでしょう。

でも、年齢を重ねることの楽しみとちょっとの不安を抱えながら、手探りの状態で試しているあれこれも含めて、何十年後かの自分の肌と髪に、土台として刻まれているといいなあ。いまは、そんなふうに思っています。

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

なりたい髪に
白髪染めのダメージやパサつきがあっても。セレクトショップ店主・大坂さんの、自分に合うシャンプー選び [SPONSORED]

春のファッションアイテム一覧はこちら!
今から春に向けて楽しめる新作アイテムが入荷しはじめました♩

花との暮らし、はじめよう
チューリップやミモザなど、お花が楽しい季節に向けて。当店のフラワーベースを集めました。

【動画】しあわせな朝食ダイアリー
朝ごはんに取り入れて無理なく続ける発酵メニュー(料理家/発酵マイスター・榎本美沙さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像